コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

CAD Java セキュリティ警告を解決して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Contact Center Express (UCCX) Cisco Agent Desktop (CAD) エージェント電子メールの、また Cisco Agent Desktop ブラウザ 版(CAD-BE)の Java セキュリティ警告を解決する方法を記述されています。

ライアン LaFountain によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

UCCX CAD エージェント電子メールおよび CAD-BE は Java (および Javaアプレット)に機能するために頼ります。

UCCX CAD エージェント電子メールおよび CAD-BE バージョンのいくつかサポートされる Javaのバージョンの Java セキュリティ ルールおよびアーキテクチャの変更はユーザーが認識可能なセキュリティ警告を発声するか、または機能を不適当にまたは全く機能させません。

問題

ブラウザのエージェント電子メールか CAD-BE を実行するとき、これに類似したのようである新しいセキュリティ警告を受け取ります:

 

詳細…リンクをクリックするとき、このメッセージが現れます:

ブロック オプションを選択する場合、アプリケーションは(またはアプリケーションの完全な失敗は発生します)きちんと動作しないし、全体のブラウザは使用できなくなるかもしれません。 ブロックしないおよび選択してもオプションはまだ、Java オペレーションを制限しないし、動作時問題を引き起こすかもしれません。

条件

無署名のコードとして最新の Java リリース使用例 JavaScript にアプレット通信。 これにより CAD はブロックを選択するか、またはオプションを非ブロック化するために必要となるセキュリティ警告を作成する混合署名された/無署名の Javaアプレットがあります。 これは JavaScript にアプレット通信がある署名された Javaアプレットに影響を与えます。

これらの Java リリースに前述変更があります:

  • Java リリース 1.7.0、更新 21 およびそれ以降
  • Java リリース 1.6.0、更新 45 およびそれ以降

: CAD はエージェント電子メール、Cisco Supervisor Desktop (CSD)および CAD-BE のために Javaランタイム環境 (JRE)を使用します。

解決策

このセクションは前のセクションに説明がある問題のための可能性のある回避策を記述します。

セキュリティ警告

このセクションは各 UCCX バージョンのためのセキュリティ ポップアップ警告を解決する方法を記述します。

バージョン 9.0(2)SU1 以前の UCCX バージョン

バージョン 9.0(2)SU1 バージョン 1.6.0 までのサポート Java バージョンだけ以前の UCCX バージョン、アップデート 31、そう現在影響を受けた Java バージョン 使用をサポートされていない Javaのバージョン実行するインストール。

回避策この問題、マシンからの Java を完全にアンインストールできます。 CAD、CSD、または CAD-BE にログイン する場合、正しい Javaのバージョンはそれからインストールされます。 サポートされた Java バージョンがインストールされていた後、セキュリティ ポップアップ警告は現われるべきではありません。

: マシンが最新の Java バージョンに直接(Java なしでアンインストールして下さい)アップデートされれば、ポップアップ問題はまだ発生しエージェント電子メールは意図されているように機能しないかもしれません。

UCCX バージョン 9.0(2)SU1

UCCX バージョン 9.0(2)SU1 は Java バージョン 1.6.0 をサポートし、45 をアップデートし、Cisco バグ ID CSCug80029 のための修正が含まれています。

セキュリティ ポップアップ警告は PC が Java バージョン 1.6.0 を、アップデート 45 実行し、エージェントが電子メール普通機能すれば現われる必要がありません。

UCCX バージョン 10.0(1)

UCCX バージョン 10.0(1)は Java バージョン 1.7.0 を、アップデート 45 サポートします。 最近、Java バージョン 1.7.0 は、アップデート 51 リリースされました。 その当時、Oracle はアップデート 45 を不確かように分類されて残した 51 をアップデートするためにセキュリティ ベースラインを増加しました。 動作すればエージェント電子メールにログイン すると UCCX バージョン 10.0(1)および Java バージョン 1.7.0 は、アップデート 45、セキュリティ ポップアップ警告現われます。

エージェント電子メールがきちんとはたらくようにメッセージを受け取るたびに回避策この問題、ブラウザ内のメディアにセキュリティ スライダを下げて下さい、ブロックしませんクリックします。 また Java バージョン 1.7.0 にアップデートしますこの問題を解決するために 51 をアップグレードできます。 アップデート 51 に含まれている、Oracle バグID JDK-8027405 に説明がある修正は、この問題の未来の発生を防ぐ必要があります。

ヒント: その他の情報に関しては Cisco バグ ID CSCum69044 を参照して下さい。

エージェント電子メール ロギング

Java バージョン 1.7.0 の後で、アップデート 45 は UCCX バージョン 10.0 のための CAD に統合されていました、Cisco バグ ID CSCum00334 に説明があった問題見つけられました Oracle からの JRE の変更が原因で。 これはエージェント電子メール クライアント側のロギング(EEMUi*.log)がデフォルトでディセーブルにされる問題を作成しました。

問題の概略はここにあります:

  • リリース 7u21 では、JRE はセキュリティ ポップアップ警告の発生を防ぐために信頼ライブラリ明らかなアトリビュートの使用が要求しました。 内部 CAD 開発は正常に問題を軽減するためにこのアトリビュートを利用しました。

  • リリース 7u45 では、発信者正当コードベース明らかなアトリビュートの JRE また必要とされた使用新しいセキュリティ ポップアップ警告の発生を防ぐため。

  • Oracle JDK バグは JRE リリース 7u45 が信頼ライブラリおよび発信者正当コードベースが明らかな属性共存しないようにしない問題を記述します。 それらが場合、後のアトリビュートは無視されます。

  • Oracle 回避策は両方のセキュリティ ポップアップ警告の発生を防ぐ必要がある発信者正当コードベース明らかなアトリビュートだけ利用することでした。 ただし、この回避策が設定されているとき、最初のセキュリティ ポップアップ警告は EemUi のためにロギング サブシステムを初期化するために必要となる .jar マニフェスト ファイルにアクセスするように試みるとき引き起こされます。

ヒントJava プラットフォーム グループを、この問題のより多くの詳細な説明のための製品管理ブログ参照して下さい。

Oracle はそれを解決するために計画のバグID JDK-8026347 のこの問題をトラッキングしました。

: この不具合はバグID JDK-8026228 のための重複です; ただし、この不具合は公に適切な登録なしで視認できません。

バグID JDK-8026228 は固定のとき、CAD が(このセキュリティ ポップアップ警告が JRE バージョン 7u21 のための信頼ライブラリ明らかなアトリビュートの付加と正常に軽減されたので)ロギング サブシステムが使用されるとき最初のセキュリティ ポップアップ警告を防ぐ必要がある信頼ライブラリおよび発信者正当コードベース明らかな属性を両方同時に利用するようにする必要があります。

ヒント: UCCX バージョン 10.0 が CAD エージェント電子メールと使用され、クライアント側がデバッグ必要となったら、Cisco バグ ID CSCum00334 を参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118922