会議 : Cisco TelePresence MCU 4203

どのように Codian MCU/IP VCR からゲートキーパーとの 100 つ以上の登録を作るのにサービス プレフィクスを使用しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence MCU 4203、Cisco TelePresence MCU MSE 8420、Cisco TelePresence IP VCR 2210、Cisco TelePresence VCR MSE 8220、Cisco TelePresence MCU 4505 および Cisco TelePresence MCU MSE 8510 製品に関連しています。

Q. Codian MCU/IP VCR からゲートキーパーとの 100 つ以上の登録を作るのにサービス プレフィクスを使用する方法

A. ゲートキーパーが登録のその数をサポートできれば MCU および IP VCR はゲートキーパーとの 100 つまでの ID やプレフィックスを登録できます。 これより多くを必要とする場合、サービス プレフィクスを使用して下さい。 各デバイスを、ゲートキーパーによって会議かそれぞれ記録は登録するかわりに、MCU または IP VCR のためのサービス プレフィクスだけ登録します。 それから MCU か IP VCR およびユニットにサービス プレフィクスからルーティングされる開始する呼び出しは関連する ID のダイヤル番号および行為を調べることを。

IP VCR を使用する一例として..... IP は VCR 200 が内部 ハードディスクで保存することができる 1000 まで記録物がある場合があります。 各記録ゲートキーパーによって数字 ID および登録を割り当てられる場合、IP VCR は必須 H.323 ID 1000 までの数字 IDS Plus を登録する必要があります。 なお、IP VCR は 50 冊までのフォルダがあり、各フォルダは記録 ID 5 数字 ID ポイント ツー ポイント コール 着信 プレフィクスが、ポイント ツー ポイント コール 発信 プレフィクスある、場合がありま、コンソール ID、および自動転送 ID を記録します)。 従って、理論で IP VCR が十分にロードされれば、そして 1000 の + 1 の + 250 の = 1251 ID を登録する必要があります。

明らかにこれは実用的でし、消費します帯域幅をあります。 簡単および効率的にさせるために、Codian IP VCR はソリューションを提供します: 1 サービス プレフィクスの登録。 この場合、IP VCR はゲートキーパーにだけ 2 つのエントリを登録します: サービス プレフィクスおよび H.323 ID。 サービス プレフィクスはルーティングされるが IP VCR にもしゲートキーパーをことこのプレフィクスから開始するあらゆる呼出 し 番号告げます; ゲートキーパーは IP VCR がそれを解読するので呼出 し 番号の残りの部分を理解する必要はありません。

シナリオ例

IP VCR に VCR31 の H.323 ID があると仮定して下さい。 それにまた数字 ID 9000101 およびそれらにそれぞれ割り当てられる 9000102 の demo1 および demo2 と指名される 2 記録物があります。

ユーザをエンドポイントから呼出し、記録物を視聴することを許可するためにゲートキーパーとのこれらの数字 ID を登録する必要があります。 これをするため、下記いくつかの方法があります。

IP VCR に多くの記録物がある場合ケース 5 は最も効率的です: IP VCR のより多くの記録物は、より多くの帯域幅は保存されます。 ケース 5 を用いることによって IP はシングル サービス プレフィクスによって VCR 何百もの記録物を処理できます。

ケース 1: プレフィクスの型を使用しません(すなわち設定 > ゲートキーパーで IP VCR 登録のためのプレフィクスは空であり、登録のためにプレフィクスとして使用しないためにサービス プレフィクスとして登録しないために選択されます)。 ただし、各記録ファイルのためのゲートキーパー の 登録は有効に なります(すなわち Recordingswe で次々と各記録をクリックし、数字 ID 登録に H.323 ゲートキーパー チェックボックスを選択しました)。

この場合、IP VCR はゲートキーパーに次の 3 エントリを登録します: H.323 ID として 1 つおよび記録物のための 2:

VCR31

9000101

9000102

ユーザは 9000101 か記録物を視聴するために 9000102 をダイヤルできます。

ケース 2: 登録のためのプレフィクスが選択されると同時に) IP VCR でプレフィクス 18 を提供します(すなわち設定 > ゲートキーパー 18 はで IP VCR 登録および使用のプレフィクスのために入ります。 各記録ファイルのためのゲートキーパー の 登録はように 1.有効に なります。 それから IP VCR は次の 3 エントリを登録します(各の前の追加されたプレフィクス 18 と数字 ID):

VCR31

189000101

189000102

この場合 189000101 か望ましい記録を視聴するために 189000102 をダイヤルすることをユーザーのニーズ。

ケース 3: プレフィクス 18 を使用し、登録のためのプレフィクスとして使用を選択解除するただサービス プレフィクスとして『register』 を選択 します。 各記録ファイルのためのゲートキーパー の 登録はように 1.有効に なります。 IP VCR の設定によってこのようにそれは次の 4 エントリを登録します:

VCR31

ゲートキーパー****へのゲートウェイ プレフィクスとして 18 ***

9000101

9000102

記録この場合ユーザはプレイバックに数字 ID か「プレフィクスの使用で + 数字 ID」呼出しを行うことができます。 たとえばプレイバック demo1 に彼は 9000101 か 189000101 にダイヤルできます。

同時に記録物が数字 ID と割り当てられるが、ゲートキーパーに登録されていなければ、それらは同様に呼出すことができます。 たとえば、数字 ID 9000201 と割り当てられるが、ゲートキーパーに登録するために選択されない第 3 記録 demo3 は 189000201 のダイヤルによって呼出すことができます。

ケース 4: サービス プレフィクスとして両方のオプション レジスタを選択し、プレフィクスとして登録のために使用します。 各記録ファイルのためのゲートキーパー の 登録はように 1.有効に なります。 それから IP VCR は次の 4 エントリを登録します:

VCR31

ゲートキーパーへのゲートウェイ プレフィクスとして 18 *** - 3 ****ように

189000101

189000102

ユーザ ダイヤル「プレフィクス + プレイバック 記録物への数字 ID」。 たとえば demo1 を記録するプレイバックにユーザ ダイヤル 189000101。

数字 ID を割り当ててもらう限りように 3 つが「プレフィクスの追加によって、ユーザ + 数字 ID」未登録記録にダイヤルできれば-。

ケース 5: サービス プレフィクスだけとして『register』 を選択 します(すなわち。 登録のためのプレフィクスが記録物のそれぞれのゲートキーパーへ選択解除された) butuntick 登録であるので使用して下さい(すなわち Recordingswe で次々と各記録をクリックし、数字 ID 登録の H.323 ゲートキーパー チェックボックスを選択解除しました)。

この場合 IP VCR はゲートキーパーにだけ次の 2 エントリを登録します:

VCR31

18 ***はゲートキーパー***へこれですゲートウェイ プレフィクス

ユーザが demo1 を視聴したい場合彼はその記録のための数字 ID を知る必要があります(9000101) IP VCR はプレフィクス(18)従って彼と 189000101 にダイヤルできます。 要求がゲートキーパーによって受け取られるときダイヤルされた数字のプレフィクス 18 を見るので IP VCR にコールをルーティングします。 ゲートキーパーは 9000101 がどこにありが、IP VCR にそれを渡し、IP VCR が被呼加入者を見つけるようにするか知りません。

ケース 6: 個々の記録物のためにサービス プレフィクスの組み合わせおよび登録を使用します: サービス プレフィクスの使用によって記録物をグループ化しますが、同時に、個々の記録物がゲートキーパーに登録するようにします。 これははたらく非常に適用範囲が広い方法です。

たとえばそれらをそれぞれ登録することは必要ではないので、同じプレフィクスと呼出された 100 記録物を持つためにこれらの記録物のそれぞれのための数字 ID 登録の H.323 ゲートキーパー チェックボックスを選択解除しました。 有効に なる他の記録物許可登録に関しては。 グループ化された記録物は「プレフィクスと + 数字 ID」呼出され、これらの記録物のために、ルーティングされるがにもしゲートキーパーがどこでコール知らないのでだけ「数 ID」との呼び出しは失敗します。 ただし、それぞれ登録されていた記録物は「プレフィクスによってゲートキーパーはそれらの記録物のプレフィクスおよび登録済みの数字 ID 両方のナレッジがあるので + 数字 ID」か「数字 ID」直接呼出すことができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112260