ルータ : Cisco 3900 シリーズ サービス統合型ルータ

ISR、ASR および Catalystネットワーク デバイスの導入診断シグニチャ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 6 月 5 日) | フィードバック

概要

この資料に自動的に診断 データを収集するために Cisco 統合サービス ルータ(ISR)で問題を、Cisco 集約 サービス ルータ(ASRs)、および Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチおよび 7600 シリーズ ルータ解決するために必要となる診断シグニチャ(DS)を展開する方法を記述されています。

Chidambaram Arunachalam によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料の全体にわたって使用する show コマンドは Cisco IOS ® バージョン 15.4(2)T3 を実行する Cisco ISR 3945 シリーズ ルータからキャプチャ されました。

DS サポートはこの表 およびそれ以降 バージョンにリストされている Cisco IOSバージョンで利用できます:

プラットフォーム[Software Version]
 ISR 1900、2900、3900 シリーズ ルータIOS 15.4(2)T
 ISR 4300、4400 シリーズ ルータIOS 15.4(3)S、IOS XE 3.13
 ASR 1000 シリーズ ルータ  IOS 15.5(2)S、IOS XE 3.15
 7600 シリーズ ルータ  IOS 15.3(3)S
Catalyst 6500 シリーズ スイッチ IOS 15.1(2)SY3 

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

DS は奪取 された remediate の問題トリガー イベントおよび操作についての情報が含まれているか、または解決する XML ファイルです。 それらは Cisco Technical Assistance Center (TAC)によって作成され、スマートな Call Home によって展開することができますまたは手動で デバイスにファイルをロードできます。

この資料では PVDM-3 DSP クラッシュのトラブルシューティング データを収集するために、DS は使用されます。 DS はこれらの操作を行います:

  1. ルータをデジタル信号プロセッサ(DSP)クラッシュダンプを生成するために設定します。

  2. 検出 DSP はファイル < ファイル名 > syslog メッセージに全部書く DSP ダンプするによってクラッシュします。

  3. 関連した show コマンドを集めます。

  4. attach@cisco.com に電子メールで収集したデータを送ります。

インストールの時に、電子メール サブジェクトで使用されるべきケース番号作成されるべき DSP クラッシュダンプファイルおよび DSP クラッシュ発生の知らせられるべき eメールアドレスの最大数を入力するためにプロンプト表示されます。

導入

このセクションは DS を展開する方法を記述します。

設定

: DS は Cisco IOS のコールホーム 機能のある一部です。

DS を展開するために完了する必要がある第一歩はコールホーム 機能を設定することです。 コールホーム 機能が有効に なれば、DS サポートは CiscoTAC-1 プロファイルの使用のために自動的に有効に なり、デフォルトで設定されます。

Cisco IOS のスマートな Call Home のための設定例はここにあります:

service call-home
call-home
contact-email-addr router@cisco.com
mail-server 192.0.2.33 priority 1
http-proxy "192.0.2.60" port 3128
no syslog-throttling profile "CiscoTAC-1"
active destination transport-method http
no destination transport-method email
Router#show call-home diagnostic-signature 
Current diagnostic-signature settings:
Diagnostic-signature: enabled
Profile: CiscoTAC-1 (status: ACTIVE)
Environment variable:
Not yet set up

Downloaded DSes:
Last Update
DS ID DS Name Revision Status (GMT+00:00)
-------- --------- -------- ---------- ------------

Router#

ダウンロード

DS を展開するためにちょうど完了すること第2ステップは手動で DS XML ファイルをロードできますシグニチャ ID が付いているスマートな Call Home によって DS、またはあなたをダウンロードすることです。

DS ID のスマートな Call Home によって DS をダウンロードするためにこの情報を使用して下さい:

call-home diagnostic-signature download 10492

手動で デバイスに DS ファイルをロードするのにこの情報を使用して下さい:

Router#copy ftp://192.0.2.10/DS_10492.xml flash:
Destination filename [DS_10492.xml]?
Accessing ftp://192.0.2.10/DS_10492.xml...!
[OK - 3804/4096 bytes]

3804 bytes copied in 0.476 secs (7992 bytes/sec)

Router#
Router#call-home diagnostic-signature load flash:DS_10492.xml
Load file flash:DS_10492.xml success
Router#

DS ファイル内の個々のブロックのハイレベルビューはここにあります:

Router#show call-home diagnostic-signature 10492
ID              : 10492
Name            : DS_PVDM3_DSP_Crash_Event_1

Functionality:
This DS configures DSP crash dump generation, identifies crash event and
collects show commands required to troubleshoot and identify root cause.

This DS will have no impact on the performance of the router.

Prompts:
    Variable: ds_number_of_files               Prompt: Number of crashdump files
to be stored in the flash    (1-5)
        Type: integer    Range: 1..5                                            
    Variable: ds_case_number                   Prompt: Enter TAC Case Number
     (Case number to which diagnostics data need to be uploaded)
        Type: regexp    Pattern: 6[0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9][0-9]       
    Variable: ds_user_email                    Prompt: Enter Notification Email-Address
     (Email address to which problem occurrence needs to be notified)
        Type: regexp    Pattern: [a-zA-Z0-9._%+-]+@[a-zA-Z0-9.-]+\.[a-zA-Z]+     

Prerequisite:
    Type            : CMD
    Element List    :
        CMD : config t
        CMD : voice dsp crash-dump destination flash:dsp_crashdump
        CMD : voice dsp crash-dump file-limit $ds_number_of_files

Event:
    Action Tag      : a1
    Event Tag       : e1
    Type            : syslog
    Syslog Pattern  : .*writing out DSP dump to file ([^[:space:]]+).*

Includes action steps that may impact device state: No
Action:
    Action Tag      : a1
    Type            : EMAILTO
    Email To        : attach@cisco.com,$ds_user_email
    Subject         : DSP Crashdump
    Attach SR       : $ds_case_number
    Element List    :
        DATA&colon; show version
        DATA&colon; show voice dsp group all
        DATA&colon; show call active voice brief
        DATA&colon; show call active video brief
        DATA&colon; show call active fax brief
        DATA&colon; show sccp connection
        DATA&colon; show dspfarm all
        DATA&colon; dir $ds_dsp_crashdump_file
        DATA&colon; show run

Postrequisite:
    Type            : CMD
    Element List    :
        CMD : config t
        CMD : no voice dsp crash-dump destination flash:dsp_crashdump
        CMD : no voice dsp crash-dump file-limit $ds_number_of_files
        CMD : end

Router#

Install

: ダウンロードの後に保留中のステータスにあるシグニチャにだけこのステップが必要となります。

DS を設定した、ダウンロードした後、それからそれをインストールして下さい:

Router#show call-home diagnostic-signature 
Current diagnostic-signature settings:
 Diagnostic-signature: enabled
 Profile: CiscoTAC-1 (status: ACTIVE)
 Environment variable:
           Not yet set up

Downloaded DSes:
                                                             Last Update
DS ID    DS Name                         Revision Status     (GMT-04:00)
-------- ------------------------------- -------- ---------- -------------------
10492    DS_PVDM3_DSP_Crash_Event_1      1.0      pending    2015-06-04 20:01:24

Router#

インストールプロセスの間に、プロンプト セクションで定義される質問とプロンプト表示されます:

Router#call-home diagnostic-signature install 10492
Number of crashdump files to be stored in the flash (1-5) 5
Enter TAC Case Number (Case number to which diagnostics data need to be uploaded)
600000001
Enter Notification Email-Address (Email address to which problem occurrence needs
to be notified) attach@cisco.com
All prompt variables are configured successfully.

Router#

Router#show call-home diagnostic-signature
Current diagnostic-signature settings:
 Diagnostic-signature: enabled
 Profile: CiscoTAC-1 (status: ACTIVE)
 Environment variable:
           Not yet set up

Downloaded DSes:
                                                             Last Update
DS ID    DS Name                         Revision Status     (GMT-04:00)
-------- ------------------------------- -------- ---------- -------------------
10492    DS_PVDM3_DSP_Crash_Event_1      1.0      registered 2015-06-04 20:01:24

Router#

DS が登録されていれば、前提条件のセクションで規定 される操作は実行されます。 この例では、DSP クラッシュダンプ 生成と関連しているコマンドは設定されます:

Router#show run | section voice dsp
voice dsp crash-dump file-limit 3
voice dsp crash-dump destination flash:dsp_crashdump
Router#

確認

このセクションは DS がインストールされている記述し、正しく動作しますことを確認する方法を。

トリガー イベント

Cisco は DS が正しくはたらくようにするために問題トリガーを模倣することを推奨します。 たとえば、ここに示されているようにテスト音声 ドライバ コマンドによって DSP クラッシュを、模倣できます:

Router#test voice driver
Enter Voice NM slot number : 0

C29xx/C39xx Debugging Section;

1 - FPGA Registers Read/Write
2 - 5510 DSP test
3 - DSPRM test
5 - IOCTRL TDM Registers Read/Write
6 - IOCTRL HDLC Registers Read/Write
7 - IOCTRL TDM Memory Read/Write
8 - get conn store address
9 - TDM PLL Read/Wrire
10 - SP2600 DSP test
11 - Quit

Select option : 10

SP2600 DSP Testing Section:

1 - Display Device Information
2 - Reset 1 DSP
3 - Reset All DSPs
4 - Download DSP Firmware
5 - JTAG Read DSP Memory
6 - JTAG Write DSP Memory
7 - Keepalive Enable/Disable
8 - Display DSP Keepalive Status
9 - Simulate DSP Crash
10 - ACK Testing
11 - Set Mbrd_dsp_debug Value
12 - PLD watch dog timers Enable/Disable
13 - Send Status_Request DSP Message
14 - Display Host and DSP MAC Address
15 - Display PLD and BOOTLOADER Version
16 - GigE enable/disable port
17 - Reset TDM port
18 - Show ports receiving oversubscription tone
19 - Display firmware build string
20 - Simulate All ARM Crash
21 - Simulate All ARM Crash after All DSS Crash
22 - Read PVDM PLD register
23 - Write PVDM PLD register
24 - Import DSP command file
25 - Switch DSP application between HR image and Streamware
26 - Show video capabilities of a DSP
27 - QUIT

Select option : 9
(1=DSP, 2=ARM) :1
Enter DSP id : 1
Enter Mode:
Mode 1: Simulates Assert Condition
Mode 2: Simulates Endless loop
Mode 3: Stop High Level Responses to Commands

Enter Mode: 1

SP2600 DSP Testing Section:

1 - Display Device Information
2 - Reset 1 DSP
3 - Reset All DSPs
4 - Download DSP Firmware
5 - JTAG Read DSP Memory
6 - JTAG Write DSP Memory
7 - Keepalive Enable/Disable
8 - Display DSP Keepalive Status
9 - Simulate DSP Crash
10 - ACK Testing
11 - Set Mbrd_dsp_debug Value
12 - PLD watch dog timers Enable/Disable
13 - Send Status_Request DSP Message
14 - Display Host and DSP MAC Address
15 - Display PLD and BOOTLOADER Version
16 - GigE enable/disable port
17 - Reset TDM port
18 - Show ports receiving oversubscription tone
19 - Display firmware build string
20 - Simulate All ARM Crash
21 - Simulate All ARM Crash after All DSS Crash
22 - Read PVDM PLD register
23 - Write PVDM PLD register
24 - Import DSP command file
25 - Switch DSP application between HR image and Streamware
26 - Show video capabilities of a DSP
27 - QUIT

Select option : 27

C29xx/C39xx Debugging Section;

1 - FPGA Registers Read/Write
2 - 5510 DSP test
3 - DSPRM test
5 - IOCTRL TDM Registers Read/Write
6 - IOCTRL HDLC Registers Read/Write
7 - IOCTRL TDM Memory Read/Write
8 - get conn store address
9 - TDM PLL Read/Wrire
10 - SP2600 DSP test
11 - Quit

Select option : 11
Router#

show log コマンドからの出力はここにあります:

032517: Jun  5 00:02:46.300: writing out DSP dump to file
flash:dsp_crashdump-1433462566-1

032517: Jun  5 00:02:46.300: writing out DSP dump to file
flash:dsp_crashdump-1433462566-1, sequence
032517: Jun  5 00:02:46.300: writing out DSP dump to file
flash:dsp_crashdump-1433462566-1, timestamp
032532: Jun  5 00:02:46.344: DS-ACT-TRACE: call_home_ds_regexp_paren_str_get[2571],
run regular expression once with pattern .*writing out DSP dump to file
([^[:space:]]+).*
032534: Jun  5 00:02:46.344: DS-ACT-TRACE: : writing out DSP dump to file flash:
dsp_crashdump-1433462566-1

032551: Jun  5 00:02:46.348: CALL-HOME-TRACE: Event 41 description <032517:
Jun 5 00:02:46.300: writing out DSP dump to file flash:dsp_crashdump-1433462566-1>

問題イベント トリガーが DS によって検出するかどうか確かめるために提示コール ホーム診断シグニチャ statistics コマンドを入力して下さい:

Router#show call-home diagnostic-signature statistics 
                                           Triggered/     Average Run  Max Run
DS ID     DS Name                          Max/Deinstall  Time(sec)    Time(sec)
--------  -------------------------------  -------------  -----------  ---------
10492     DS_PVDM3_DSP_Crash_Event_1       0/0/N          0.000        0.000    

3900-12#
3900-12#
3900-12#
3900-12#show call-home diagnostic-signature statistics
                                           Triggered/     Average Run  Max Run
DS ID     DS Name                          Max/Deinstall  Time(sec)    Time(sec)
--------  -------------------------------  -------------  -----------  ---------
10492     DS_PVDM3_DSP_Crash_Event_1       1/0/N          15.152       15.152   

Router#

処理を検証して下さい

DS 配備を確認するために完了する必要がある最後の段階はこれらのような操作が正しく実行されたかどうか検証することです:

  • コマンドの実行

  • スクリプト実行

  • 電子メールで収集したデータ データ伝送か収集したデータのスマートな Call Home

この例では、電子メールは DSP 関連の show コマンドの出力との attach@cisco.com に送信 されます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119139