会議 : Cisco TelePresence MCU 4203

エンドポイントはなぜ Codian MCU に接続されたとき送信するのための H.264 およびレシーブのための H.263 を示しますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence MCU 4203、Cisco TelePresence MCU MSE 8420、Cisco TelePresence MCU 4505 および Cisco TelePresence MCU MSE 8510 製品に関連しています。

Q. Codian MCU に接続されたときエンドポイントが送信するのための H.264 およびレシーブのための H.263 を示す理由

A. Codian MCU は使用されるエンドポイントの機能に基づいて最もよいイメージを生成 することを試みるようにエンドポイントに送信 される解決およびコーデックを変更します。 特に CIF 解決で H.264 をサポートできる 4CIF で 15 の fps で頻繁にだけしか H.263 を-サポート、複数のエンドポイントがあります。

エンドポイントが見ているビデオ品質を最適化するある特定のビューに関しては、MCU は動的に解決およびコーデックを変更します。 たとえば、連続表示 レイアウトからのフル スクリーン音声起動型レイアウトへの切り替えにより多くの場合 MCU は CIF で 4CIF で H.264 の送信へ H.263 を送信 することの間で切り替えます。

詳細については MCU がエンドポイントに送信 する 利用可能 な解決の間でどのようにに関する選択するか下記の関連技術情報を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112308