ワイヤレス : Cisco SGSN(Serving GPRS Support Node)

ASR 5x00 シリーズ SGSN 認証および PTMSI 再配分最良 の 方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料は認証 の 手順 周波数 設定、パケット一時モバイル サブスクライバ識別(PTMSI)、および PTMSI シグニチャ再配分の利点の基本的な説明を提供したものです。 具体的には、この資料は 2G のオプションの第三世代パートナーシップ プロジェクト モビリティ 管理手順およびその GPRS サポート ノード(SGSN)に役立つことの 3G のため Aggregated サービス ルータ(ASR) 5000 シリーズで動作しますです。

この資料はこれらの最良 の 方法を説明したものです:

  • 認証 周波数設定
  • PTMSI 再配分
  • PTMSI シグニチャ再配分
  • 認証 周波数設定および PTMSI 再配分およびシグニチャ再配分を設定しない場合影響(顧客 の 例からのエクスペリエンスに基づいて)
  • 外部インターフェイスの設定のガイドラインおよび影響
  • 問題を解決するオプション

Krishna Kishore DV、Sujin Anagani、および Parthasarathy M によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

概要

認証は、コール制御 プロファイルの下の PTMSI および PTMSI シグニチャは再配分フレームワーク 2G および 3G SGSN およびモービル管理エンティティ(MME)のサブスクライバ 1人あたりの PTMSI および PTMSI シグニチャの認証かアロケーションを設定することをオペレータが可能にします。 SGSN では、認証はこれらの手順のために-付加、サービス リクエスト、ルーティング エリア アップデート(RAU)、短いメッセージング サービス現在設定することができ、取り外します。

MME はまたサービス要求およびトラッキング エリア更新(TAUs)のための認証を設定するために同じフレームワークを利用します。 PTMSI 再配分は付加、サービス リクエストおよび RAUs のために設定可能です。 PTMSI シグニチャ再配分は付加、PTMSI 再配分コマンドおよび RAUs のために設定可能です。 認証および再配分はこれらの手順の各例または選択的な認証/再配分と呼ばれるプロシージャの各 n番目例のために有効に することができます。 ある特定の手順はまた認証の enablement をサポートしますまたは時間に(周期性か間隔)経過しました基づく再配分はそれぞれ最後の認証か再配分以来。

なお、これらはユニバーサル モービル通信システム(UMTS) (3G)のためにまたは General Packet Radio Service (GPRS) (2G)または両方だけ明確に設定することができます。 この設定はサブスクライバの PTMSI/PTMSI シグニチャを認証するか、または再割当てするために SGSN のためにオプションのときだけチェックされます。 これらの手順をすることは必須であるシナリオではこの設定はチェックされません。

各手順の周波数 設定のための CLI には 3 つの型が- SET CLI、CLI および取除 CLI ありません。 SET CLI を呼び出すとき、オペレータは特定のプロシージャのための認証か再配分を有効に したいと思います。 CLI は明示的に プロシージャのための認証か PTMSI 再配分をディセーブルにすることではないし取除 CLI は CLI が(SET かいいえ)まったく設定されない状態へ設定を復元するです。 すべてのコンフィギュレーションはツリーが cc プロファイル アロケーションで初期化されるとき取除かれるために想定されます。 それ故に、REMOVE デフォルト 設定です。

SET CLI はツリーの 1 仕様プロシージャだけ間、CLI 影響を与えないし、CLI を影響を与え、現在のプロシージャにまた削除しますより低いノードを取除きます。 また、CLI はアクセス仕様ツリーの対応した ノードでまたは CLI を影響を与えますよくあるツリーに、効果また伝搬します取除きません。

各手順の周期性設定のための CLI には 2 つの型が- SET CLI および取除 CLI あります。 周期性に対して完了した SET および REMOVE 周期性設定だけ影響を与え、周波数 設定を触れられていない去ります。 周波数のために実行された CLI はまた(精密であるため、CLI は保存している間周波数または周期性引数を奪取 しないが、周波数 設定と内部で識別されますことよくありませんでしたり)周期性設定を取除きません。

認証が無条件で完了するある特定のシナリオは次の通りです:

  • IMSI (IMSI)付加-すべての IMSI 大使館員は認証されます
  • サブスクライバがおよび前に認証されなかったらベクトルがありません
  • PTMSI シグニチャ ミスマッチがある時
  • 暗号化キーシーケンス順序番号(CKSN)ミスマッチがある時

現在、認証はコール制御の下でこれらのために-プロファイル 有効に することができます:

  • 付加は、サービス リクエスト、RAU、短いメッセージング サービス、全イベントおよび TAU 取り外します
  • TAU は MME によって使用中です
  • 付加およびサービス リクエストは SGSN および MME によって両方使用されます
  • 他は SGSN によって特に使用されます

SGSN 認証および PTMSI シグニチャ プロシージャ ブロック

このツリーストラクチャは SGSN が周波数設定のために考慮するプロシージャ ブロックを説明します。


図 1: プロシージャ ブロック SGSN は周波数設定のために考慮します

PTMSI 再配分プロシージャのためのツリーはここに示されています。


図 2: 認証 の 設定ツリー


図 3: PTMSI 再配分設定ツリー

認証がおよび PTMSI シグニチャが再配分なぜ必要となるか

3GPP 技術仕様ごとに(TS) 23.060 は、セクション 6.5.2、句「セキュリティ機能」でステップ(4)、認証 機能定義されます。 ネットワークでどこでも存在 する モバイル ステーション(MS)のためのモビリティ 管理(MM)コンテキストがそれから認証必須ではない場合。 暗号化手順は句「セキュリティ機能」に説明があります。 PTMSI アロケーションが完了し、ネットワークが暗号化をサポートすれば、ネットワークは暗号化モードを設定 します。

述べられるように、SGSN は PTMSI シグニチャまたは CKSN の検証が保存されたものと組合わせを誤まられるいくつかのコールフローで IMSI 大使館員および相互SGSN RAUs のような新登録 要求のためのだけ認証を行います。 たとえば既に登録済みの SGSN の既存のデータベースがあっているので、定期的な RAU のような手順がおよび内部RAUs は認証されるために必要となりません。 認証はここにオプションです。 認証を完了しないことは一緒によくとどまる場合があるユーザ設備(UE)は新しい登録要求のパフォーマンスなしに何日もネットワークに常に。 SGSN と UE 間のセキュリティ コンテキスト セットアップが妥協されて得るかもしれません従って定期的に 周波数に基づいて SGSN で登録されていたサブスクライバの有効性を認証し、チェックすることはよいです常にという可能性があります。 これは 3GPP 23.060 で、セクション 6.8 詳しく説明されます。

セキュリティ機能および関連参照は 33.102 に、セクション 6.8 あります。 たとえば、オプション の 認証が 33.102 のセクション 6.8 の図 18 および 19 に基づいて有効に なれば、そして SGSN が不正確なセキュリティ コンテキスト パラメータの UE を認証することを試みれば UE は決して送信応答(SRES)またはネットワークに reattachment という結果に終る SGSN の予想される 応答(XRES)を一致する。 これは長い時間の偽データベースとのネットワークにとどまる UE を防ぎます。

隠れる識別を提供するために SGSN は PTMSI と呼ばれる IMSI のための一時識別を生成します。 MS が接続すれば、SGSN 問題 MS への新しい PTMSI MS はそしてこの PTMSI を保存し、開始するあらゆる新しい未来の接続の SGSN にそれ自身を識別するために使用します。 PTMSI が暗号化された接続の MS に常に与えられるので、時々行く IMSI のプレーンテキスト メッセージを見るかもしれませんが誰も PTMSI に IMSI を外部でマッピング できません。 IMSI がおよび IMSI の識別応答接続する時最初に)、(たとえば。

PTMSI 再配分はスタンドアロン プロシージャとして 3GPP 23.060 で、セクション 6.8 説明されます。 同じはあらゆるアップリンク プロシージャの一部として UE 識別を保護するために PTMSI および PTMSI シグニチャを再割当てするために完了することができます。 これはあらゆるインターフェイスのネットワーク シグナリングを高めません。 PTMSI および PTMSI シグニチャ再配分は SGSN が最初の登録ステップの UE に割り当てるキー識別よいこれらは常に。 周波数に基づいてこれらの再配分はちょうど 1 つの PTMSI 値の使用の代りに延長された時間の異なる値を用いる UE の識別を隠すために SGSN を助けます。 MS from/to メッセージがプレーンテキストでそれでも送信 されるとき、そして暗号化がまだ開始しなかったら、識別隠れて MS の IMSI および IMEI のような情報の隠れることを参照します。

問題

いくつかのカスタマーネットワークでは、一部が異なるサブスクライバの間で MSIDN/PTMSI のような識別を混合され、Gnインターフェイスの GTPC シグナリングメッセージとコールデータ レコード(CDR)で送信 されるキー入力することが観察されました。

Cisco バグ ID CSCut62632 および CSCuu67401 は別のものの 1 人のサブスクライバのアイデンティティをマッピング する セッション リカバリのいくつかの稀な場合を取扱います。 3 つのケースは下記にリストされています。 これらのケースすべては検討される、分析され、再生される品質保証チーム コードです。

シナリオ #1 (サブスクライバ識別の損失という結果に終る sessmgr の二重エラー)

UE1 - 付加- IMSI1 -モバイル ステーション海外契約者ディレクトリ番号(MSISDN) 1 - PTMSI1 - Smgr#1

sessmgr 例の二重キルは、SGSN UE1 詳細を失いました。

UE2 - 付加- IMSI2 - MSISDN 2 - PTMSI1 - Smgr#1 

PTMSI1 は UE2 のために再使用されます。

UE1 - 内部 RAU - PTMSI1- SGSN は内部RAU のための認証が必須ではないので、このアップリンクを処理します。

これは 2 セッションのレコードの混合という結果に終ります。

サブスクライバ識別の混合という結果に終るシナリオ #2 (1 セッションの Transaction Capabilities Application Part (TCAP)打ち切る)

UE1 - 付加- IMSI1 -設定 される UGL (TCAP - sessmgr クラッシュが内部で打ち切られた原因で)

UE2 - 付加- IMSI2 -同じ TCAP と送信 される UGL - OTID

HLR は以前の要求から続く TCAP - UE1 MSISDN 送信 します

SGSN は UE2 の UE1 の不正確な MSISDN をこの場合アップデートします。 これは 2 セッションのレコードの混合という結果に終ります。

サブスクライバ識別の混合という結果に終るシナリオ #3 (1 セッションの TCAP 打ち切る)

UE1 - 付加- IMSI1 -送信 される SAI (TCAP - sessmgr クラッシュが内部で打ち切られた原因で)

UE2 - 付加- IMSI2 -同じ TCAP と送信 される SAI - OTID

HLR は以前の要求から続く TCAP - UE1 認証ベクター送信 します(3ビット バイトか quintuplets)

SGSN は UE2 の UE1 の不正確な認証ベクターをアップデートします

これは UE2 の認証のための UE1 ベクターを使用して SGSN という結果に終ります。

安定アプローチ

内部RAU のための認証が有効に なるかまたは PTMSI が再配分有効に なれば、SGSN は設定 される保存されたベクトルのクライアントを認証します。 保存された何のために UE が異なっていればと、UE/SGSN はネットワークで更に続行するために認証段階を渡しません。 これによって、不正確なデータベースによってネットワークにとどまる UE の可能性は来ます。 これらはコードのいくつかの既知エリアです。 ビジネスユニットはこの問題をよりよく理解するためにより多くのケースを分析し続けます。

修正計画

Cisco バグ ID からの修正は最もよい努力アプローチです。 高密度ノードにそれを奪取 する前にコードのより多くのエリアを分析し、モニタリングのためのより少なく密なノードでこれを展開して下さい。

設定のガイドライン

認証の enablement は SGSN がホーム ロケーション レジスタ(HLR)から設定 される 認証 ベクトルを取出し、アクセスの方の追加認証 の 手順を行う必要があると同時に Gr および Iu インターフェイス シグナリング高めます。 オペレータはネットワークにより少なく影響を与える周波数の値を選択するように気を付ける必要があります。

各プロシージャの周波数の値を得る前に GPRS モビリティ 管理(GMM) /Mobile アプリケ− ションプロトコル(MAP)主要業績評価指標(KPIs)は分析してが重要です。 最高を実行する KPIs に基づいて、プロシージャをチェックして下さい。 このプロシージャに関しては、周波数の高い 値を設定 して下さい。 (これはネットワーク呼び出しモデルに基づいて各パラメータを最適化する方法です)。 

これらのパラメータを設定する理想的な方法はリーフに、しかしないツリーのルートに設定値にあります。 たとえば、図 2 認証 の 設定ツリーを説明します。 オペレータは、「認証付加」の設定の代りに直接ここに示されているようにより低いレベルに値を、設定 することを選択するかもしれません。

authenticate attach attach-type gprs-only frequency 10
authenticate attach attach-type combined frequency 10

高周波値(10s としてユニット)を設定 することはよく常に、次に Gr/Iu インターフェイス シグナリングしきい値を監察します。 信号を送ることが制限で十分できる範囲にある場合、オペレータはネットワークのために設定 することを望むこと信号を送ることがしきい値の近くで安全な場所に達するまで値を定義して下さい。

20/30 のさまざまな手順の周波数を設定 し、外部インターフェイス トラフィックの密接なモニタリングとの 5-10 にそれらをダウンさせて下さい。 この過剰ロードと linkmgr および sessmgr メモリ CPU の影響をチェックすることを必要とします。

PTMSI および PTMSI シグニチャ再配分により直接信号を送ることでスパイクを引き起こしませんが、(まれに起こらないかどれが) PTMSIs がと利用できる sessmgr 例ように高周波値を設定 することは重要常にです。 これが最良 の 方法ではないように UE から各アップリンク プロシージャのための PTMSI を変更することを推奨しません。 10 という値は適当であるかもしれません。 結局これらの変更システムの標準健康診断を監視し、行うことは重要です。

たとえば、次のようになります。

Authentication:

authenticate attach ( we can still fine tune this based on KPIs of
Inter RAT attach & attach type).

authenticate rau update-type periodic frequency 10

authenticate rau update-type ra-update frequency 5




PTMSI & PTMSI signature allocation:

ptmsi-reallocate attach

ptmsi-reallocate routing-area-update update-type ra-update

ptmsi-signature-reallocate attach frequency 10

ptmsi-signature-reallocate routing-area-update frequency 20

ptmsi-reallocate routing-area-update update-type periodic frequency 10

トラブルシューティング

認証が実行されたか、または PTMSI または PTMSI がシグニチャ割り当てられるべきであるときプロシージャがなぜ完了したかキャプチャ するためにデバッグ ログは印刷されます。 これ不一致の場合のトラブルシューティングの支援。 これらのログはさまざまな設定およびカウンターで cc プロファイルからの設定および DECISION ロジックのすべてのカウンターおよび移動の現在 の 値が含まれています。 また、サブスクライバ 1人あたりの現在のカウンタ値は sgsn だけ提示サブスクライバと表示されるか、またはサブスクライバに gprs だけコマンドを示すことができます。

これの出力例は提供されます。 電流カウンターおよび最も遅く認証されたタイムスタンプは提示サブスクライバにコマンド フル出力追加されます。

[local]# show subscribers sgsn-only full all
.
.
.
DRX Parameter:
Split PG Cycle Code: 7
SPLIT on CCCH: Not supported by MS
Non-DRX timer: max. 8 sec non-DRX mode after Transfer state
CN Specific DRX cycle length coefficient: Not specified by MS
Authentication Counters
Last authenticated timestamp : 1306427164
Auth all-events UMTS : 0 Auth all-events GPRS : 0
Auth attach common UMTS : 0 Auth attach common GPRS : 0
Auth attach gprs-only UMTS : 0 Auth attach gprs-only GPRS : 0
Auth attach combined UMTS : 0 Auth attach combined GPRS : 0
Auth attach irat UMTS : 0 Auth attach irat GPRS : 0
Auth attach irat-gprs-only UMTS : 0 Auth attach irat-gprs-only GPRS : 0
Auth attach irat-combined UMTS : 0 Auth attach irat-combined GPRS : 0
Auth UMTS : 0 Auth GPRS : 0
Auth serv-req : 0 Auth serv-req data : 0
Auth serv-req signaling : 0 Auth serv-req page-rsp : 0
Auth rau UMTS : 0 Auth rau GPRS : 0
Auth rau periodic UMTS : 0 Auth rau periodic GPRS : 0
Auth rau ra-upd UMTS : 0 Auth rau ra-upd GPRS : 0
Auth rau ra-upd lcl-ptmsi UMTS : 0 Auth rau ra-upd lcl-ptmsi GPRS : 0
Auth rau ra-upd irat-lcl-ptmsi UMTS : 0 Auth rau ra-upd irat-lcl-ptmsi GPRS : 0
Auth rau comb UMTS : 0 Auth rau comb GPRS : 0
Auth rau comb lcl-ptmsi UMTS : 0 Auth rau comb lcl-ptmsi GPRS : 0
Auth rau comb irat-lcl-ptmsi UMTS : 0 Auth rau comb irat-lcl-ptmsi GPRS : 0
Auth rau imsi-comb UMTS : 0 Auth rau imsi-comb GPRS : 0
Auth rau imsi-comb lcl-ptmsi UMTS : 0 Auth rau imsi-comb lcl-ptmsi GPRS : 0
Auth rau imsi-comb irat-lcl-ptmsi UMTS: 0 Auth rau imsi-comb irat-lcl-ptmsi GPRS: 0
Auth sms UMTS : 0 Auth sms GPRS : 0
Auth sms mo-sms UMTS : 0 Auth sms mo-sms GPRS : 0
Auth sms mt-sms UMTS : 0 Auth sms mt-sms UMTS : 0
PTMSI Realloc Counters
Last allocated timestamp : 1306427165
PTMSI Realloc Freq UMTS : 0 PTMSI Realloc Freq GPRS : 0
PTMSI Realloc Attach UMTS : 0 PTMSI Realloc Attach GPRS : 0
PTMSI Realloc Serv-Req : 0 PTMSI Realloc Serv-Req Data : 0
PTMSI Realloc Serv-Req Signaling : 0 PTMSI Realloc Serv-Req Page-rsp : 0
PTMSI Realloc Rau UMTS : 0 PTMSI Realloc Rau GPRS : 0
PTMSI Realloc Rau Periodic UMTS : 0 PTMSI Realloc Rau Periodic GPRS : 0
PTMSI Realloc Rau Ra-Upd UMTS : 0 PTMSI Realloc Rau Ra-Upd GPRS : 0
PTMSI Realloc Rau Comb-Upd UMTS : 0 PTMSI Realloc Rau Comb-Upd GPRS : 0
PTMSI Realloc Rau Imsi-Comb-Upd UMTS : 0 PTMSI Realloc Rau Imsi-Comb-Upd GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Counters
Last allocated timestamp : 0
PTMSI Sig Realloc Freq UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Freq GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Attach UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Attach GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Ptmsi-rel-cmd UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Ptmsi-rel-cmd GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Rau UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Rau GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Rau Periodic UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Rau Periodic GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Rau Ra-Upd UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Rau Ra-Upd GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Rau Comb-Upd UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Rau Comb-Upd GPRS : 0
PTMSI Sig Realloc Rau Imsi-Comb UMTS : 0 PTMSI Sig Realloc Rau Imsi-Comb GPRS : 0
CAE Server Address:
Subscription Data:
.
.

問題がネットワークで見られる場合、ビジネスユニットのための情報を問題を更に分析するのに使用するように収集するためにこれらのコマンドを入力して下さい:

show subscribers gprs-only full msisdn <msisdn>
show subscribers gprs-only full imsi <imsi>
show subscribers sgsn-only msisdn <msisdn>
show subscribers sgsn-only msisdn <imsi>
show subscribers gprs-debug-info callid <callid> (get o/p for both callid)
show subscribers debug-info callid <callid> (get o/p for both callid)
task core facility sessmgr instance < >
task core facility imsimgr instance < >
Mon sub using MSISDN or pcap traces
SSD during issue.
Syslogs during the issue.

リスク

Gr/Iu の方の高められたシグナリングはわずかな内部プロセス(linkmgr) CPU 影響と余りに頻繁に認証する場合インターフェイスします。

コマンドの構文

すべてのコマンドは設定/コール制御にあります-モードをプロファイルすればオペレータ特権は適用します。 cc プロファイルの下のコマンドのスナップショットは次の通りです:

Authentication
1. Attach
authenticate attach {inter-rat} {attach-type [gprs-only | combined ]}
{frequency <1..16>} {access-type [umts | gprs]}
no authenticate attach {inter-rat} {attach-type [gprs-only | combined ]}
{access-type [umts | gprs]}
remove authenticate attach {inter-rat} {attach-type [gprs-only | combined ]}
{access-type [umts | gprs]}

2. Service-request
authenticate service-request {service-type [data | signaling | page-response]}
{frequency <1..16> | periodicity <1..10800>}
no authenticate service-request {service-type [data | signaling | page-response]}
remove authenticate service-request {service-type [data | signaling | page-response]}
{periodicity}
3. Rau
authenticate rau {update-type periodic} {frequency <1..16> | periodicity <1..10800>}
{access-type [umts | gprs]}
authenticate rau {update-type [ra-update | combined-update | imsi-combined-update]}
{with [local-ptmsi | inter-rat-local-ptmsi]} {frequency <1..16> |
periodicity <1..10800>}
{access-type [umts| gprs]}
authenticate rau {update-type [ra-update | combined-update | imsi-combined-update]}
{with foreign-ptmsi} {access-type [umts| gprs]}
no authenticate rau {update-type periodic} {access-type [umts | gprs]}
no authenticate rau {update-type [ra-update | combined-update | imsi-combined-update]}
{with [local-ptmsi | inter-rat-local-ptmsi | foreign-ptmsi]}
{access-type [umts| gprs]}
remove authenticate rau {update-type periodic} {periodicity}
{access-type [umts | gprs]}
remove authenticate rau {update-type [ra-update | combined-update |
imsi-combined-update]}
{with [local-ptmsi | inter-rat-local-ptmsi]} { periodicity} {access-type [umts| gprs]}
remove authenticate rau {update-type [ra-update | combined-update |
imsi-combined-update]}
{with foreign-ptmsi} {access-type [umts| gprs]}
4. Sms
authenticate sms {sms-type [mo-sms | mt-sms]} {frequency <1..16>}
{access-type [umts | gprs]}
no authenticate sms {sms-type [mo-sms | mt-sms]} {access-type [umts | gprs]}
remove authenticate sms {sms-type [mo-sms | mt-sms]} {access-type [umts | gprs]}
5. Detach
authenticate detach {access-type [umts | gprs]}
no authenticate detach {access-type [umts | gprs]}
remove authenticate detach {access-type [umts | gprs]}
6. All-events
authenticate all-events {frequency <1..16>} {access-type [umts | gprs]}
no authenticate all-events {access-type [umts | gprs]}
remove authenticate all-events {access-type [umts | gprs]}

PTMSI Reallocation
1. Attach
ptmsi-reallocate attach {frequency <1..50>} {access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-reallocate attach {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-reallocate attach {access-type [umts | gprs]}
2. Service-request
ptmsi-reallocate service-request {service-type [data | signaling | page-response]}
{frequency <1..50>} no ptmsi-reallocate service-request
{service-type [data | signaling | page-response]}
remove ptmsi-reallocate service-request {service-type [data | signaling |
page-response]}
3. Routing-area-update
ptmsi-reallocate routing-area-update {update-type [periodic | ra-update |
combined-update | imsi-combined-update]} {frequency <1..50>}
{access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-reallocate routing-area-update {update-type [periodic | ra-update |
combined-update | imsi-combined-update]} {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-reallocate routing-area-update {update-type [periodic | ra-update |
combined-update | imsi-combined-update]} {access-type [umts | gprs]}
4. Interval/frequency
ptmsi-reallocate [interval <60..1440> | frequency <1..50>] {access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-reallocate [interval | frequency] {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-reallocate [interval | frequency] {access-type [umts | gprs]}

PTMSI-Signature Reallocation

1. Attach
ptmsi-signature-reallocate attach {frequency <1..50>} {access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-signature-reallocate attach {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-signature-reallocate attach {access-type [umts | gprs]}
2. PTMSI Reallocation command
ptmsi-signature-reallocate ptmsi-reallocation-command {frequency <1..50>}
{access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-signature-reallocate ptmsi-reallocation-command {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-signature-reallocate ptmsi-reallocation-command
{access-type [umts | gprs]}
3. Routing-area-update
ptmsi-signature-reallocate routing-area-update {update-type [periodic | ra-update |
combined-update | imsi-combined-update]} {frequency <1..50>}
{access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-signature-reallocate routing-area-update {update-type [periodic | ra-update |
combined-update | imsi-combined-update]} {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-signature-reallocate routing-area-update {update-type [periodic |
ra-update | combined-update | imsi-combined-update]} {access-type [umts | gprs]}
4. Interval/frequency
ptmsi-signature-reallocate [interval <60..1440> | frequency <1..50>]
{access-type [umts | gprs]}
no ptmsi-signature-reallocate [interval | frequency] {access-type [umts | gprs]}
remove ptmsi-signature-reallocate [interval | frequency] {access-type [umts | gprs]}


Document ID: 119148