会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TMS のシステムは H.323 エイリアスを呼出す選択を与えられません。 これは、なぜですか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence 管理スイートに関連しています。

Q. TMS のシステムは H.323 エイリアスを呼出す選択を与えられません。 これは、なぜですか。

A. 作ることはエイリアス(E.164 数、URI または H.323 ID)に H.323 呼び出しを、TMS システムに(エンドポイントや MCU) IP 帯域幅があり、H.323 ゲートキーパーに登録されていることを確認する必要がありますスケジュールしました。 これを確認するため:

  1. IP 帯域幅をチェックして下さい:

    1. システム > ナビゲーターに行って下さい

    2. システムを選択して下さい。

    3. [Setting] をクリックします。

    4. コール設定ペインでは、最大 IP 帯域幅が大きいよりこと 0 を確認して下さい。(そうでなかったら、必要なアクセス許可があり、『Edit Settings』 をクリック し、帯域幅を入力し、『SAVE』 をクリック し。)

  2. ゲートキーパー ステータスをチェックして下さい:

    ゲートキーパー の 登録ステータスが登録されているようにまだ設定で、ネットワーク設定 ペインで、して下さい。 (そうでなかったら、登録して下さいそのシステムを与えられる手順に従がってゲートキーパーにシステムを。)

ルーティングではスケジュールされた呼び出しは、TMS 呼出される数が既知管理されたシステムに解決することができるようにするためにゲートキーパー近隣チェックを行います。 TMS は TMS データベースのリモート システムのゲートキーパーを調べ、要求システムのゲートキーパー アドレスに対してそれをチェックします:

  • それらが同じである場合、システムは互換機とみなされ、エイリアス ダイヤルは許可されます。

  • それらが同じでなければが、ゲートキーパーが TMS によって管理されれば、TMS は各ゲートキーパーがあるように定義される相手を確認し、2 人のゲートキーパーが互いの相手としてリストされていれば、エイリアス ダイヤルは許可されます。 (この近隣ゲートキーパー チェックをディセーブルにするため、管理ツール > 設定 > 会議設定に行けば高度会議オプション セクションで使用平らな E164 ダイヤリングプランのために時ルーティングコール 『Yes』 を選択 して下さい)。

  • ゲートキーパーが直接相手ではないが、要求システムの IP ゾーンおよび宛先 システムが両方定義される URI ダイヤル ドメインを備えている場合 TMS は形式 alias@URIdomain を使用して呼出すことを割り当てます。

  • ゲートキーパーが異なり、それからない相手である場合、デフォルトで、TMS はエイリアスに直接ダイヤルでき、エイリアスによってダイヤルすることを割り当てないと仮定できません。

コールをスケジューリングを使用して試みるとき、両方のシステムの TMS スケジューリング設定は(また設定で)また考慮に入れられます。 (各コール プロトコルのために 2 つの「割り当て権限があります: 「割り当て権限」が各システムの適切なコールの方向/プロトコル 組み合せのために与えられない場合送信コール。) TMS の着信コールのための 1 つおよび他はコール ルートを提供しません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112419