クラウドおよびシステム管理 : CiscoWorks Health and Utilization Monitor

Cisco プライム記号 LMS の CiscoWorks Health and Utilization Monitor 問題を解決して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料は CiscoWorks Health and Utilization Monitor (ハム雑音)データベースの問題を解決するために利用できる系統的なアプローチを記述したものです。

Afroj Ahmad によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CiscoWorks LAN Management Solution (LMS)の基本的な知識
  • Windows および Linux オペレーティング システムの基本的な知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CiscoWorks LAN Management Solution 4.2
  • CiscoWorks Health and Utilization Monitor

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

アベイラビリティおよび稼働率への CPU、メモリ、インターフェイス/ポートおよびリンクのようなネットワーク要素を監察し、史的記事を提供する CiscoWorks ハム雑音は MIB ポーリング アプリケーションに基づく簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)です。

CiscoWorks ハム雑音は組織にを与えます:

  • 容易なポーリング セットアップを有効に する システム定義 MIB テンプレートのためのサポート
  • カスタム MIB テンプレートを作成するユーザ向けの機能
  • 毎日、週間、月例の、および年次基礎の史的記事
  • デバイス ダッシュボード、カスタム レポートおよびトップN/下部のN レポートのような広範囲の報告
  • しきい値違反イベント 通知、レポートおよびイベント ハンドラ サポート
  • LMS 門脈ビューを含む使いやすい GUI

CiscoWorks ハム雑音はエンドユーザにを与えます:

  • キャパシティ計画
  • ネットワークパフォーマンス問題を解決するクリア方法
  • 隔離するべき機能/相互的関係ネットワーク上の問題

: 断絶ハードウェアリソースごとの MIB のサポートされた数のためのハードウェア設定ベースの MIBオブジェクト ポーリング サポートを参照して下さい。

問題

これらはユーザがハム雑音データベースと直面する問題です:

  • ハム雑音データベースのサイズは余りに大きいです。
  • サーバを減速するハム雑音データベースは多量のメモリを使用します。
  • ハム雑音ポーラおよびレポートは正しくはたらきません。

解決策

この資料にリストされている問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ハム雑音のアクティブなポーラの数を確認して下さい。 これをするために、この情報の dbreader にログイン して下さい:
    • http://servername: 1741/dbreader/dbreader.html または https:// クエリ: 443/dbreader/dbreader.html
    • ユーザー ID: DBA
    • データベース名: upm
    • Password: ユーザが定義する(デフォルトでパスワードは c2ky2k です)

    パスワードを覚えない場合、これらのコマンドをリセットして下さい:

    Windows では:

    NMSROOT/CSCOpx/bin/dbpasswd.pl  all

    Linux/Solaris では:

    /opt/CSCOpx/bin/dbpasswd.pl  all
  2. pollerwise によって管理される MIBオブジェクトを得るためにこのクエリを実行して下さい:
    "select count (*), PollerName from Poller_Details_Table a,Poller_Definition_Table 
    b where a.PollerId = b.PollerId and b.Poller_State NOT IN (1) Group by b.PollerName;"
  3. アクティブなポーラのための総 MIBオブジェクト数を得るためにこのクエリを実行して下さい:
    "select count (*) from Poller_Details_Table a,Poller_Definition_Table b where a.PollerId =
    b.PollerId and b.Poller_State NOT IN (1);"
  4. サーバ 仕様によってサポートされる MIBオブジェクトの数を超過する場合 MIBオブジェクト ポーラをより効率的に管理するためにこのステップを完了して下さい。 このステップは全体のインターフェイスの選択の代りにデバイスをポーリングするために重要で、重要なインターフェイスをだけ選択することを可能にします。

    LMS では、選定されたデータ ソースおよびテンプレート ウィンドウから、ユーザ選択によってポーリングを >> 選択します Devicesオプション・ボタンをポーリングしたいと思う例をクリックして下さい。

    ポーラを作成する方法に関する詳細についてはポーラを作成することを参照して下さい。

  5. ハム雑音データベース サイズを管理するためにハム雑音ジョブおよびポーラのデータ パージをスケジュールして下さい。
    1. 管理ウィンドウから、ネットワーク > パージ設定 > パフォーマンスデータ パージ設定を選択して下さい。 パージをスケジュールし、パージ ポリシー設定を行い、パフォーマンスデータを削除するために『Apply』 をクリック して下さい。

    2. 定期的にもはや必要としないジョブ データを削除するためにハム雑音を設定して下さい。 管理ウィンドウから、ネットワーク > パージ設定 > パフォーマンス ジョブ パージ設定を選択して下さい。 パフォーマンス ジョブ パージ設定ウィンドウが開くとき、ジョブ パージをスケジュールし、パージ ポリシーを設定 し、『Apply』 をクリック して下さい。 パフォーマンス ジョブ パージ Settings ウィンドウから、これらのハム雑音ジョブのためにジョブ パージをスケジュールできます:
      • 速いレポート ジョブ-幾日の指定 番号より古いすべての速いレポート ジョブを削除して下さい。
      • カスタム レポート ジョブ-幾日の指定 番号より古いすべてのカスタム レポート ジョブを削除して下さい。
      • しきい値レポート ジョブ-幾日の指定 番号より古いすべてのしきい値レポート ジョブを削除して下さい。
      • ポーラ レポート ジョブ-幾日の指定 番号より古いすべてのポーラ レポート ジョブを削除して下さい。
      • 失敗トラッカー ジョブ-幾日の指定 番号より古いすべての失敗トラッカー ジョブを削除して下さい。

データベースを再初期化して下さい

時々データベース ファイル自体は破損するようになります。 ファイル システムがディスクスペースを使い果たす場合またはサーバ クラッシュの後でのような複数の異なる原因で起こる場合があります。 これのための現象の間、最も明らかな現象は pdshow が「として報告するデータベースを」開始されなくてことです。 詳細については、Cisco の LMS データベース トラブルシューティング技術情報がコミュニティをサポートするのを参照して下さい。

データベースが膨大になるとき、最もよいソリューションはこのプロシージャが詳述するのでハム雑音データベースを再初期化することです:

警告: データベースの再初期化設定はそのデータベースと関連付けられるすべてのデータを破棄します。 従って、それはデータベース 汚染に出会う場合データを復元することができるように CiscoWorks 規則的な LMS データ バックアップを行うこと強く推奨されています。

  1. デーモン 管理 プログラムを停止して下さい。 Windows で、net stop crmdmgtd コマンドを入力して下さい。 Linux/Solaris では、/etc/init.d/dmgtd 停止コマンドを入力して下さい。
  2. Windows で、NMSROOT \ビン\ perl.exe NMSROOT \ビン\ dbRestoreOrig.pl dsn=upm dmprefix=UPM スクリプトを入力して下さい。 Linux/Solaris では、/opt/CSCOpx/bin/dbRestoreOrig.pl dsn=upm dmprefix=UPM スクリプトを入力して下さい。
  3. デーモン 管理 プログラムを開始して下さい。 Windows で、net start crmdmgtd コマンドを入力して下さい。 Linux/Solaris では、/etc/init.d/dmgtd start コマンドを入力して下さい。

関連情報



Document ID: 118975