会議 : Cisco TelePresence ISDN GW MSE 8321

どのように IP から ISDN に呼び出しをおよび ISDN に IP 送信する Codian いくつかの簡単な ISDN GW ルールを設定しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ISDN GW 3241 および Cisco TelePresence ISDN GW MSE 8321 製品に関連しています。

Q. IP から ISDN に呼び出しをおよび ISDN に IP 送信する Codian いくつかの簡単な ISDN GW ルールを設定する方法

A. ダイヤル プランは「最初一致のルーティングで動作します。 これはそれを意味します、なぜならある特定のコールの方向(IP->ISDN か ISDN->IP) ISDN ゲートウェイがダイヤル プランの上で開始するおよび 1 つまでのルールのリストの下の方法を機能することは一致します: それからそれはそのルールで規定 された操作を行います。 抗力によってルールの順序を(ISDN ゲートウェイが実行しているビルドによって)変えることができ、を使用してルールは各ルール、または両方の右へ名前を、「の上の」廃棄する「」リンクし。 ダイヤル プランに関する詳細については、オンライン ヘルプを参照して下さい。

いくつかの基本的な例はここにあります:

ISDN ルールへの IP

例 1

ゲートキーパーを使用して、99 に Codian ISDN ゲートウェイ ダイヤル プラン プレフィクスを設定 しました(たとえば)。 個人に PSTN 数に単独でダイヤルするために 99 にダイヤル + Codian ISDN ゲートウェイのための PSTN 数、できてほしく。

このような ISDN ダイヤル プラン ルールに IP を作成します:

  • 呼出 し 番号一致: 99 (D+)

  • この数を呼出して下さい: $1

説明: $1 は数対応フィールドの最初にかっこに入れられたグループを示します。 これはあらゆるディジットの何れか一つ以上を意味する D+ です。 99 第 1 を置くことによって D+ グループから有効な PSTN 数をダイヤルするために残されることを意味するそれを除きます。 従ってユーザは電話からの 990149454339 をダイヤルする可能性があり、ISDN ゲートウェイは 99 を除去し、PSTN に 0149454339 にダイヤルします。

例 2

ゲートキーパーを使用していません。 H.323 他のゲートウェイ(例えば Codian MCU か Cisco CUCM)は Codian ISDN ゲートウェイに E.164 4桁数をルーティングしています。 ディジットのある特定のグループとこれらの前に付ければダイヤル ISDN ゲートウェイができる有効な PSTN 数にそれらを回すことを確認できます。

このような ISDN ダイヤル プラン ルールに IP を作成します:

  • 呼出 し 番号一致: 受信したすべてのディジットを使用しようと思っていると同時に DDDD (ことに注目して下さい角カッコは必要とされません)

  • この数を呼出して下さい: 01 49 45 $A ($A は受信したすべてのディジットを意味します)

説明: DDDD は何れかの 4 ディジットのグループです。 $A は ISDN ゲートウェイがコールをからそれに送信する H.323 デバイス受信したすべてのディジットです。 従って Codian MCU がディジット 4339 の ISDN ゲートウェイに H.323 ゲートウェイ コールを送信したら、ISDN ゲートウェイは PSTN に 01 49 45 43 39 にダイヤルします。

IP ルールへの ISDN

例 3

ゲートキーパーを使用しています。 Telco は範囲の 20 の直接ダイヤル(DDI)数のブロック最終的な 6 ディジットが PRI によって示される 01 49 45 43 30 から 01 49 45 43 49 割り当てました。 20 の H.323 エンドポイントおよびあなたに E.164 第 1030 に 1049 を持つゲートキーパーによってそれらを登録してもらいます。 PSTN の ISDN エンドポイントに DDI 数を使用して H.323 エンドポイントに直接ダイヤルできてほしいです。

このような IP ダイヤル プラン ルールに ISDN を作成します:

  • 呼出 し 番号一致: telco から 6 ディジットを得ようとしていることを確認する場合 4543 (DD) (それ重要ではありません(D+)の代りに(DD ここでは使用する)可能性があります)

  • この数を呼出して下さい: 10 $1 (最初にかっこに入れられたグループと 10 に、DDI 数のすなわち最後の 2 ディジット ダイヤルして下さい)

説明: ISDN エンドポイントは 01 49 45 43 39 を呼出し、コールはディジットに 45 43 39 を示す PRI に到着します。 IP コールをゲートキーパーで送信するために、H.323 エンドポイントの E.164 数と一致する 45 43 を除去し、10 と前に付けられる残りの 2 ディジットと呼出す必要があります。

例 4

ゲートキーパーを使用していません。 同じ DDI 配置次例 3 がありますが、今回、数字 ID 4330 に 4349 の MCU の 20 の会議があります。 PSTN の ISDN エンドポイントに番号が付いています DDI を使用してこれらの会議にダイヤル直接、でほしいです(01 49 45 43 30 にダイヤルするときそう会議に 4330)指示します接続されます。

このような IP ダイヤル プラン ルールに ISDN を作成します:

  • 呼出 し 番号一致: 45 (D+)

  • この数を呼出して下さい: 194.178.0.5: $1 (194.178.0.5 は MCU の IP アドレス、この構文その IP アドレスで拡張 $1 に H.323 ゲートウェイ コールを送信するために引き起こします ISDN ゲートウェイをです)

説明: ISDN エンドポイントが 01 49 45 43 30 に(たとえば)ダイヤルする時、ディジットは PRI に 45 43 30 着きます。 ISDN ギガワットは 45 を除去し、ゲートウェイを 194.178.0.5 に、会議 4330 にコールを指示する接続する E.164 拡張 4330 呼出させます。


関連情報


Document ID: 112274