ワイヤレス : Cisco ASR 5000 シリーズ

SCTP 低速の ASR 5000 シリーズ影響は M3UA リンクのウィンドウ サイズをアドバタイズしました

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は主要なネットワーク 停止の後で MTP (メッセージ 転送部)レベルに GPRS (General Packet Radio Service)サービス ノード(SGSN)を動作する Cisco 集約 サービス ルータ(ASR)の混雑した状態進むか、または状態フラップしなさい 3 つのユーザ アダプテーション層(M3UA)リンク関する問題およびソリューションをまたはソフトウェアアップグレードに記述したものです。 これは ASR 5000 ノードがホーム ロケーション レジスタ(HLR)または Radio Access Network (RNC)のようなサード パーティ ノードに接続されるインターオペラビリティ シナリオで普通起こります。

Solomon Ayyankulankara Kunjan およびジョー Opio によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

根本的な問題は ASR 5000 SGSN が下位をアドバタイズするリモートピア ノード、シグナリング 転送点(STP)ノード、HLR、または RNC からの Stream Control Transmission Protocol (SCTP) 層のウィンドウ サイズを受け取ることです。 低いウィンドウ サイズは SGSN のパケットキャプチャ トレース、SCTP 表示コマンド、またはモニタ プロトコル トレースで見られる場合があります。 パケットキャプチャでゼロのまたはゼロの近くの値の SCTP SACK メッセージのアドバタイズされたウィンドウ サイズを表示できます。 これが起こるとき SGSN によってはそのピア エンドポイントからのパケットを送信 しないためにピア ノードを知らせるために M3UA アラームが発します。 これにより SCTP リンクは混雑した状態にフラップするか、または入ります。 SGSN は正常なウィンドウ サイズを送信 するので、ピア ノードから M3UA データを受け取り続けますピア ノードが決して輻輳から出ない場合それらのパケットは待っているキューでドロップされるかもしれません。

出来事の順序 SGSN の M3UA アラームに導く

  1. SCTP は M3UA にフロー制御 開始する示す値を送ります。
  2. SCTP は M3UA にフロー制御を停止します示す値を送信 します。
  3. M3UA はアソシエーションのための輻輳アクティブなフラグを設定 し、フロー制御ステータスについての SCTP を定期的にポーリングし始めます。
  4. アソシエーションがフロー制御にある間、M3UA は QUEUE_SIZE が達するまでそのアソシエーションのための未来のデータ要求を並べます。 その時、アソシエーションのための未来のメッセージは廃棄されます。 M3UA はアソシエーションの一部である個々のリモートピアにアソシエーション 輻輳情報を伝搬します。
  5. M3UA はアソシエーションのための輻輳 フラグをクリアし、SCTP をポーリングすることを止めます。
  6. M3UA は SCTP にそのアソシエーションのための輻輳 キューで何でも送信します。

SGSN トラップ

Tue Feb 11 07:03:12 2014 Internal trap notification 1074
(M3UAPSPCongested) ss7-routing-domain-1 peer-server-1
peer-server-process-1 (point-code-13959424) congested

Tue Feb 11 07:03:12 2014 Internal trap notification 1056
(SS7PCCongested) ss7-routing-domain-1 point-code-13959424 congested

Tue Feb 11 07:03:13 2014 Internal trap notification 1075
(M3UAPSPCongestionCleared) ss7-routing-domain-1 peer-server-1
peer-server-process-1 (point-code-13959424) congestion cleared

Tue Feb 11 07:03:13 2014 Internal trap notification 1057
(SS7PCCongestionCleared) ss7-routing-domain-1 point-code-13959424 congestion cleared

トレース ログ

Peer Server Id :        2   Peer Server Process Id:        1
Association State : ESTABLISHED
Flow Control Flag : TRUE
Peer INIT Tag : 17282
SGSN INIT Tag : 3011555404
Next TSN to Assign to
Outgoing Data Chunk : 324019883
Lowest cumulative TSN acknowledged : 324019882
Cumulative Peer TSN arrived from peer : 2204328608
Last Peer TSN sent in the SACK : 2204328607
Self RWND : 1048576 <- SGSN sends
this window size
Advertised RWND in received SACK : 32 <- peer sends
this window size
Peer RWND(estimated) : 32 <- Estimated window
also goes down which cause SGSN not able to send packets on wire
Retransmission counter : 0
Zero Window Probing Flag : FALSE
Last Tsn received during ZWnd Probing : 0
Bytes outstanding on all
addresses of this association : 0
Congestion Queue Length : 0
Ordered TSN assignment Waiting QLen : 7690
Unordered TSN assignment Waiting QLen : 0
Total number of GAP ACKs Transmitted : 2
Total number of GAP ACKs Received : 2037

解決策

フラップか輻輳がリンクに絶えず発生する時はいつでも、これはどちらかピア ノードが SGSN から来る、または SGSN はネットワーク輻輳かネットワーク上の問題によるネットワークから膨大な数の要求を受け取るかもしれません圧倒的な要求が理由で時間の要求を処理しないというしるしです。

この条件から出る回避策はこの輻輳かフラッピングと関連付けられるリンクをブロックし、非ブロック化することです。 もう一つの方法はこの輻輳かフラッピングと関連付けられるピア シグナリングプロセス(PSP)例を取除き、次に再追加することです。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118921