会議 : Cisco TelePresence Video Communication Server Expressway

ダイヤル プランはマスター/ディレクトリゲートキーパーとしてネットワーク内の呼び出しをルーティングするのに VC を使用します。 どのようなコールをこの VC は必要とします認可しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ高速道路に関連しています。

Q. ダイヤル プランはマスター/ディレクトリゲートキーパーとしてネットワーク内の呼び出しをルーティングするのに VC を使用します。 どのようなコールをこの VC は必要とします認可しますか。

A. 推奨される配備はファイアウォールの中に常駐する VC コントロールであるディレクトリ VC のためファイアウォールの外部の走査サーバに接続されてです。 この設定では、ディレクトリ VC にそれに登録されていたエンドポイントがないしネットワーク内の他のシステムはすべてゾーンによってそれに接続されます。

異なるゾーンに常駐する内部ネットワークのエンドポイント間のどの呼び出しでもパススルー ディレクトリ VC コントロール。 そのような呼び出しはコールの性質によって非走査(ローカル)コール ライセンスか走査コール ライセンスを、使用するかもしれません。

ローカルネットワークと外部間のどの呼び出しでもファイアウォール パススルー ディレクトリ VC コントロールとこれら使用を走査コール ライセンス常に。

VC コントロールは 100 つの走査呼び出しおよび 10 の市内電話が付いています、従ってネットワークの呼び出しの音量によってそれ以上のライセンスを購入する必要がある場合もあります。 TANDBERG 担当者に詳細については連絡して下さい。

詳細については走査および非走査呼び出しを構成するものがに関する、VC 管理者ガイドの走査 Subzone セクションを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 112409