会議 : Cisco TelePresence MCU 4203

どのように Codian MCU/IP VCR のビデオ ファイアウォールを設定しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence MCU 4203、Cisco TelePresence MCU MSE 8420、Cisco TelePresence IP VCR 2210、Cisco TelePresence VCR MSE 8220、Cisco TelePresence MCU 4505 および Cisco TelePresence MCU MSE 8510 製品に関連しています。

Q. Codian MCU/IP VCR のビデオ ファイアウォールを設定する方法

A. ビデオ ファイアウォールの正しい設定はネットワークの他のレイアウトによって非常に決まりますが、ここに基本的な説明です。

デフォルトでポート B は TelePresence 製品でディセーブルにされます。 ビデオ ファイアウォール特性のアクティベーションはポート B が有効に なるようにします。 ビデオ ファイアウォール配備では、ポートの 1 つはローカルネットワークに接続されます(ポート B が DHCP を使用できないので一般的に ポート A)および他はインターネットに(一般的に ポート B)接続されます。 これは MCU が内部および外部ネットワークからの参加要素のミックスとの会議をホストするようにします。 これは MCU が決して 2 つのポート間のパケットをルーティングしないのでネットワーク セキュリティを、メディア パケット危殆化しません。

: 特別なポートをオープンにする必要はないビデオ ファイアウォールを渡ってはたらく H.239 を得るため: H.239 論理チャネルのためのポートはそれらと規則的なビデオおよび音声 チャネルのための同じ範囲から選択されます。

ビデオ ファイアウォールの設定

ステップ1: ビデオ ファイアウォール特性をアクティブにして下さい

このステップは既にアクティブになった機能が付いているユニットを購入した場合必要ではないです。

  1. 再販売業者からのビデオ ファイアウォール アクティベーション キーを購入して下さい。

  2. ユニットの Webインターフェイスへのログインは設定 > アップグレードに行き。

  3. 機能 マネジメントセクションでは、アクティベーションコードを入力し、機能を『Update』 をクリック して下さい。

ステップ 2: ポート B を設定して下さい

このステップはインターネットに接続するべきローカルネットワークおよびポート B に接続するのにポート A を使用すると推定します; それは典型的なコンフィギュレーションです。 ただし、インターネットにポート A およびローカルネットワークにポート B を接続できます(ポート B)の IP アドレスを得るのに DHCP を使用できないことに注意するため。

このステップのオプションに関する詳細については、オンライン ヘルプ トピックがネットワーク設定を行うことを見て下さい。

  1. ユニットの Webインターフェイスでは、ネットワーク > ポート B に行き、ポート B.を有効に して下さい。

  2. 任意でポートのホスト名を入力して下さい。 これはユニットにアクセスすること外部ユーザ向けにもっと簡単にすることができます。 (ことに注目して下さいまた DNSサーバまたはインターネットサービスプロバイダーが付いている chosenname を登録しなければなりません)。

  3. IP 設定を手動で設定して下さい:

    1. パブリックIPアドレスおよびサブネット マスクを、インターネットサービスプロバイダーによって入力して下さい。

    2. デフォルト ゲートウェイを、インターネットサービスプロバイダーによって入力して下さい。

    3. DNS 詳細を要求に応じて入力して下さい。

    4. IPコンフィギュレーションを『Update』 をクリック して下さい。

ステップ 3: IP ルーティングを設定して下さい

このステップのオプションに関する詳細については、オンライン ヘルプ トピックが IP ルーティング設定を行うことを見て下さい。

  1. ユニットの Webインターフェイスでは、ネットワーク > ルーティングに行って下さい。

  2. DNS プリファレンスにポートを選択して下さい。 通常これはポート B.になります。

  3. デフォルト ゲートウェイ(一般的に ローカル トラフィック)に行かないトラフィックに関しては、スタティック・ルートを作成して下さい:

    1. IP アドレスを入力し、ルートのアドレス範囲のための長さを覆って下さい。

    2. ルートが適用するポートを選択して下さい(これは通常ポート A、set port B デフォルト ゲートウェイの)およびそれ以降です。

    3. IP ルートを『Add』 をクリック して下さい。

    4. 前の手順を要求に応じて繰り返して下さい。

  4. ユニットのためのデフォルト ゲートウェイはどのポートであるか選択して下さい。 通常これはポート B.です。

MCU サービスが(例えば Webインターフェイスは、着信 H.323、等呼出します)ネットワーク > Services ページを使用してどのポートで利用できるまた定義できます。


関連情報


Document ID: 112278