音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony

CUCM で統合のための CUSM を設定して下さい

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Communications Manager (CUCM)で統合のための Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony (SRST)マネージャ(CUSM)を設定する方法を記述されています。

Kaustubh Inamdar および Mudit Mathur によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Call Manager Express (CME)

  • CUCM

  • CUSM

  • SRST

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 開いた仮想化 アプリケーション(OVUM)テンプレートからインストールされる CUSM

  • CUCM バージョン 8.6 または それ 以降

  • CME バージョン 8.6 または それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

CUSM は Cisco によって高められる Survivable Remote Site Telephony (E-SRST)ソリューションの一部として動作します。

SRST および E-SRST ソリューションはセントラルサイトと分岐サイト間の通信を防ぐ一時 WAN 停止の間にリモートブランチ サイトの電話機能性を提供します。

設定

このセクションは CUCM で統合のための CUSM および関連付けられているコンポーネントを設定する方法を記述します。

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

CUCM を設定して下さい

CUSM で統合のための CUCM を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CUCM にログイン して下さい。

  2. アプリケーションのユーザーを作成し、標準 AXL API アクセス ロールを割り当てて下さい:



  3. CUCM が完全修飾ドメイン名 (FQDN)によって定義されるかどうか確かめるために提示ネットワーク eth0 コマンドを入力して下さい(CCMpub.cisco.com のような)。 CUCM サーバは FQDN によって定義する必要があります。

  4. ように CUCM ポイントが CUCM ホスト名のために設定される逆ルックアップか IP アドレス順方向に持っている両方 Domain Name System (DNS) サーバすれば。 そうでなかったら、CUSM の統合は失敗します。

  5. CUSM がデバイス プールに取得し関連付けられる、サイトをできる SRST 参照を適切に提供ように CUCM のデバイス プールを設定して下さい。

CUSM を設定して下さい

CUSM を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CUSM セットアップ ウィザードにナビゲート し、グローバル な SRST マネージャ設定を定義して下さい:

    1. 音声メール パイロット設定プリファレンスを定義し、次に『Next』 をクリック して下さい。

    2. Transport Layer Security (TLS)によって SRST マネージャおよび分岐サイト ルータを統合たいと思う選択し次に『Finish』 をクリック して下さいかどうか。

  2. システム > ドメイン ネーム システム設定へのナビゲート。

  3. DNSサーバを追加して下さい。

    : DNSサーバが CUCM ホスト名または IP アドレスのための逆エントリ順方向に持っていることを確認すれば。

  4. SRST マネージャのホスト名およびドメインを追加して下さい。

  5. [Apply] をクリックします。



  6. Network Time Protocol (NTP)設定を設定して下さい。

    : このステップはそれが変更された後統合である場合もあるので、この時点でオプションです。

  7. 信頼された TLS (Transport Layer Security)認証をクリックして下さい

  8. 正常に管理上の XML 層(AXL)によって 2 を統合ために CUCM から CUSM に tomcat.pem か tomcat.dercertificate をコピーして下さい。 TLS 認証は CUCM から直接コピー アンド ペーストすることができますまたは CUCM からファイルをダウンロードし、CUSM に手動でそれをアップロードできます。

    : 認証コピーしたり/貼り付け、tomcat.pem 認証を使用して下さい。 手動で 認証をアップロードすることを選択する場合 tomcat.dercertificate を使用して下さい。

  9. 認証に正しい Common Name (CN)があることを確認して下さい; それはホスト名およびドメイン名を含む必要があります:



    CN がホスト名およびドメイン名を反映しない場合、多分このエラーに出会います:

CUSM と CUCM を統合

CUSM と CUCM を統合ためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CUSM から、中央コール エージェントを『Configure』 をクリック し、選択して下さい。

  2. CUCM サーバのホスト名/IP アドレスを入力して下さい。

  3. CUCM で作成したアプリケーションのユーザーのユーザ名 および パスワードを入力して下さい。

  4. CUCM クラスタ情報を入力して下さい。

    パブリッシャ および サブスクライバ サーバをこの時点で追加するオプションが同様にあります。

  5. コンフィギュレーション変更または更新のための AXL によって CUCM をポーリングする CUSM に従ってスケジュールを設定して下さい。

  6. CUCM を有効に して下さい。

: パブリッシャ および サブスクライバ サーバを追加できるけれども CUSM は 2 つのサーバによってキープ アライブを交換しません。 それは力強く SRST 参照を取得することを試みるか、だけまたは CUSM で設定される時間表はそれが CUCM に接触するように要求するときサーバを接続するように試みます。

SRST Gateways/CME を設定して下さい

CUSM にサイトをとして提供する機能があります:

  • E-SRST

  • SRST だけ(call-manager-fallback)

  • 設定するカスタマイズされたテンプレート

SRST gateways/CME を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サーバ(Ip http server)として機能することを HTTP のためのゲートウェイが可能にして下さい。

  2. Telnet かセキュア シェル(SSH)を設定して下さい。

: ゲートウェイと CUSM 間の TLS を使用する場合 SSH を設定して下さい。

CUSM はサイトのためのプロビジョニングする選択にあなたのための設定の他を基づいていました完了します(、またはカスタマイズされたテンプレートに基づいて SRST だけ、E-SRST)。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 119026