会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TMS のシステムは H.323 ゲートウェイを呼出す選択を与えられません。 これは、なぜですか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence 管理スイートに関連しています。

Q. TMS のシステムは H.323 ゲートウェイを呼出す選択を与えられません。 これは、なぜですか。

A. H.323 を作るために H.323 ゲートウェイを、TMS システムに H.323 ゲートキーパーに IP 帯域幅が、登録されているある、こと割り当てIP ゾーンに定義されるゲートウェイ プレフィックスがあることを確認しなければなりません呼出し。

  1. IP 帯域幅をチェックして下さい:

    1. システム > ナビゲーターに行って下さい。

    2. システムを選択して下さい。

    3. Settings タブをクリックして下さい。

    4. コール設定ペインの最大 IP 帯域幅が大きいよりこと 0 を確認して下さい。(そうでなかったら、必要なアクセス許可があり、『Edit Settings』 をクリック し、帯域幅を入力し、『SAVE』 をクリック し。)

  2. ゲートキーパー ステータスをチェックして下さい:

    1. 要求システムに関しては、システム > ナビゲーターに行って下さい

    2. システムを選択して下さい。

    3. Settings タブをクリックし、ネットワーク設定 ペインにスクロールして下さい。

    4. H323 コールセットアップ モードがゲートキーパーであること、そしてゲートキーパー の 登録ステータスが登録されているようにして下さい。

  3. IP ゾーン 設定をチェックして下さい:

    1. まだ Settings タブで、汎用ペインの下で、IP ゾーンがシステムに関連付けられる注記。

    2. 管理ツール > 場所 > IP ゾーンに行って下さい。

    3. システムに関連付けられる選択し、ドロップダウン メニューを使用し、『View』 を選択 して下さい IP ゾーンを。

ゲートウェイ オート プレフィクスは H.323 ビデオ呼び出しのために使用されます。

ゲートウェイ電話プレフィクスは電話のために使用されます。

プレフィクスが定義されない場合、TMS はこの IP ゾーンと関連付けられたシステムのための H.323 ISDNコールを提供しません。

コールをスケジューリングを使用して試みるとき、各システムの TMS スケジューリング設定はまた考慮に入れられます。 各システムに各コール プロトコルの着信コールおよび送信コールのための割り当て権限があります。 TMS は割り当て権限がコールの各エンドポイントによって要求されるコールの方向のために与えられない場合コール ルートを提供しません。


関連情報


Document ID: 112420