会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

エイリアスはなぜ TMS の H.323 エイリアスの代りに IP アドレスとして出て来ますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence 管理スイートに関連しています。

Q. エイリアスが H.323 エイリアスの代りに IP アドレスとして TMS の出て来る理由

A. TMS はコールがそれを確認できないはたらくルーティングすることを示しません。

システムが H.323 ゲートキーパーに登録されていることを TMS が示すことを確認して下さい。

  1. システム > ナビゲーターに行って下さい。

  2. 要求システムを選択して下さい。

  3. Settings タブをクリックし、ネットワーク設定にペインをスクロールして下さい。

  4. H323 コールセットアップ モードがゲートキーパーであり、ゲートキーパー の 登録がステータス登録されていることを確認して下さい。

スケジューリングのためのルーティングコールでは、TMS は呼出される数が既知管理されたシステムに解決することができる場合追加ゲートキーパー近隣チェックを行います。 TMS は TMS データベースからのリモート システムのゲートキーパーを調べ、要求システムのゲートキーパー アドレスに対してそれをチェックします。

  • 同じである場合、互換機とみなされ、エイリアス ダイヤルは許可されます。

  • ゲートキーパーが異なっている場合、デフォルトで TMS はエイリアスに直接ダイヤルし、エイリアスによってダイヤルするない割り当てをできることを仮定できません。 TMS は IP アドレスだけを表示する。

  • ゲートキーパーが TMS によって管理される場合、TMS はゲートキーパーで定義された相手をチェックし、ゲートキーパーが相手として互いにリストされていれば、エイリアス ダイヤルは許可されます。

近隣ゲートキーパーをディセーブルにしたいと思う場合チェックして下さい:

  1. 管理ツール > 設定 > 会議設定> 進めました会議オプションを行って下さい。

  2. はいに使用平らな E164 ダイヤリングプランを時ルーティングコール 設定 して下さい。

  3. [Save] をクリックします。


関連情報


Document ID: 112421