会議 : Cisco TelePresence MCU 4203

なぜ TANDBERG Codian MCU および Polycom TANDBERG またはエンドポイントによってコンテンツをその間共有できませんか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この技術情報は Cisco TelePresence MCU 4203、Cisco TelePresence MCU MSE 8420、Cisco TelePresence MCU 4505 および Cisco TelePresence MCU MSE 8510 製品に関連しています。

Q. TANDBERG Codian MCU および Polycom TANDBERG またはエンドポイントによってコンテンツをその間共有できない理由

A. TANDBERG Codian MCU シリーズサポート H.239 コンテンツ共有。 TANDBERG 標準的なエンドポイントは H.239 を前日付けにする DuoVideo と呼ばれる独自のコンテンツ共有システムを使用します。 同様に、Polycom に People+Content と呼ばれる独自のコンテンツ共有システムがあります。

TANDBERG MXP エンドポイントは DuoVideo および H.239 を両方コンテンツ共有サポートします: TANDBERG MXP エンドポイントからの H.239 コンテンツを送信 するために Option 鍵自然な提出者はインストールする必要があります; No 鍵 H.239 コンテンツを受け取るために必要とされます。 それが使用することができる前に Polycom VSX およびより新しいエンドポイント サポート H.239 しかし場合によっては H.239 を有効に することは必要です。

: H.239 オプションは Webインターフェイスに Option 鍵提出者がインストールされていなくても、現われます; 従って、このオプションの存在はキーを有効に してもらうことを意味しません。

H.239 は TANDBERG Codian MCU でおよびまた特定の会議のためにグローバルに 有効に なる必要があります。 オンライン ヘルプを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112314