音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Bulk Administration Tool

デバイスおよびラインコンフィギュレーション例の VG224 および VG350 同時一括インポート

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は一括インポートにどのように音声ゲートウェイ(VG)のデバイスおよび回線 レベル 設定を両方説明したものです。 VG 224 および VG350 コンフィギュレーションに普通多くのポートがあります。 すべてのポートのためのデバイスおよび回線 レベル 設定の付加は巨大な配備の退屈なプロセスになります。

Cisco Unified Communications Manager バルク 管理 ガイドで文書化されています多重 VGs をインポートする方法の情報のための「プロシージャが BAT を使用して Cisco VG224 ゲートウェイを」追加するのを参照して下さい。 ただし、それはすべてのポートのための回線 レベル 設定をインポートする方法を提供しません。

ガガーリン Sathiyanarayanan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco はバルクアドミニストレーションツールのナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager (CUCM)リリース 10.5.2 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

VG が CUCM に既に追加され、要件がポートのデバイスおよび回線 レベル 設定をアップデートすることなら現在の VG のデバイスおよび回線 レベル ポートのコンフィギュレーションは」セクション「アップデートに行きます。

要件が VG を挿入し、またポートのデバイスおよび回線 レベル 設定をアップデートすることである場合セクション「挿入ゲートウェイから」始めて下さい。

ゲートウェイを挿入して下さい

ゲートウェイを挿入するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. バルク Administration > ゲートウェイ > ゲートウェイ テンプレートを選択して下さい。
  2. [Add New] をクリックします。 Add a New Gateway ウィンドウは表示されます。
  3. ゲートウェイ タイプ ドロップダウン リストから、適切な VG を選択し、『Next』 をクリック して下さい。 次の Add a New Gateway ウィンドウは表示されます。
  4. プロトコル ドロップダウン リストから、または SCCP 『MGCP』 を選択 して下さい。 [Next] をクリックします。 Gateway Configuration ウィンドウは表示する。
  5. すべてのフィールドの値を入力し、『SAVE』 をクリック して下さい。
  6. VG によって適切なスロットおよび補助的なユニット値を選択して下さい。 [Save] をクリックします。
  7. アップデートは完了したことをステータスが示す時、サブユニット ドロップダウン リストの右へのリンクとしてエンドポイントID ディスプレイ。
  8. デバイス プロトコル 情報を設定するためにエンドポイントID を(たとえば、1/0/0)クリックして下さい。 [Save] をクリックします。
  9. バルク Administration > アップロード/ダウンロード ファイルを選択し、bat.xlt ファイルをダウンロードして下さい。
  10. bat.xlt ファイルを開き、編集を有効に し、適切な VG を選択し、VG 詳細を読み込んで下さい。
  11. BAT 形式に『Export』 をクリック し、.csv 形式のファイルを保存して下さい。
  12. 新しいバルク Administration > アップロード/ダウンロード ファイル > Add 選択し、ステップ 11.で作成されるファイルを選択して下さい。
  13. ゲートウェイとしてターゲットおよび挿入ゲートウェイとしてトランザクション タイプを選択して下さい。 [Save] をクリックします。
  14. バルク Administration > ゲートウェイ > 挿入ゲートウェイを選択して下さい。 適切なゲートウェイ タイプを選択して下さい。 [Next] をクリックします。
  15. ステップ 12 でアップロードされる .csv ファイルを選択し、ステップ 2.で作成されるゲートウェイ テンプレートを選択して下さい。
  16. 要件によって実行実行以降 オプションをすぐに選択して下さい。 [Submit] をクリックします。

現在の VG のデバイスおよび回線 レベル ポートのコンフィギュレーションをアップデートして下さい

コンフィギュレーションをアップデートするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. バルク Administration > インポート/エクスポート > エクスポートを選択して下さい。 デバイス データの下で、『Gateway』 を選択 して下さい。 ファイル名を選択し、ジョブを実行して下さい。
  2. バルク Administration > アップロード/ダウンロード ファイルを選択して下さい。 ステップ 1 で作成した選択し、同じをダウンロードして下さい .tar ファイルを。
  3. .tar ファイル(使用 7zip ファイル マネージャ)を抽出し、フォルダにそれを得て下さい。 .csv ファイルを開いて下さい。
  4. ポートおよび theDN コンフィギュレーションはセクション エンティティの下で入るべきです: アナログ。

  5. このセクションでアップデートされるすべてのカラム必要。 ポート番号 カラムを増分し、設定によって他のカラムをアップデートできます。
  6. ディレクトリ番号 1 カラムでは、そのポートのために使用したいと思う DN をタイプして下さい。
  7. コンフィギュレーション変更をこのワークシートで行ったら、同じ名前のおよび .tar ファイルを抽出した同じフォルダの .csv ファイルを保存して下さい。
  8. 7zip ファイル マネージャを使用し、このフォルダの .tar 新しいファイルを作成して下さい。
  9. 新しいバルク Administration > アップロード/ダウンロード ファイル > Add 選択して下さい。 .tar ファイルを選択し、インポート/エクスポートとしてターゲットを選択し、インポート設定としてトランザクション タイプを選択し、『SAVE』 をクリック して下さい。
  10. バルク Administration > インポート/エクスポート > インポートを選択して下さい。 ステップ 9.でアップロードされる .tar ファイルを『Next』 をクリック します選択して下さい。
  11. デバイス データの下で、「上書きする 現在のコンフィギュレーション」を要求に応じて『Gateway』 を選択 し、切り替えて下さい。 ジョブを実行して下さい。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

  1. バルク Administration > ジョブ・スケジューラーを選択して下さい。 適切なジョブ ID を選択し、ジョブ結果ステータスを確認して下さい。
  2. ジョブが失敗した場合、ジョブがなぜ失敗したか原因を特定するためにログファイルをチェックして下さい。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

ヘッダは抜けていることジョブがエラーと失敗した、更新済 .csv ファイルがゲートウェイコンフィギュレーションをエクスポートした同じフォルダで保存されることを確かめて下さい。

ヘッダー ファイルで述べられるファイル名が実際の .csv ファイルのそれと同じであることを確かめて下さい。

セクション「アップデートのステップ 9 ではオプション「ゲートウェイ」をエンドポイント説明そして多分見なければ現在の VG のデバイスおよび回線 レベル ポートのコンフィギュレーションに」、特殊文字があります。 これは Windows が「ANSI」形式の .csv ファイルをデフォルトで保存するという理由によります。 .csv ファイルを保存するとき、このスクリーン ショットに示すようにエンコード ドロップダウン リストから UTF-8 を選択して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118882