音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

VC 走査および非走査コール ライセンス 使用方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は走査および Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ(VC)の非走査コールおよびコール ライセンスの使用の違いを記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア。

VC 走査コール ライセンス 使用方法

コールがなされ、VC はメディア、またシグナリングを奪取 するとき、走査コールで、その VC の走査コール ライセンスを使用します。 VC がメディアを奪取 するように要求する走査呼び出しのいくつかの例はここにあります:

  • VC コントロールに関しては、走査サーバに/からの呼び出し(ファイアウォール走査として呼出します知られている)。

  • VC 高速道路に関しては、走査クライアント(ファイアウォール走査呼び出し)に/からの呼び出し。 走査クライアントは他の VCS、ゲートキーパー、ボーダー コントローラ、または走査有効に された エンドポイントが含まれています。

  • ローカル VC の H.323 と Session Initiation Protocol (SIP)の間で(相互に作用する) gatewayed 呼び出し。

  • IPv4 と IPv6 の間で(相互に作用する) gatewayed 呼び出しはローカル VC で当たります。

  • 有効に なる二重ネットワーク インターフェイスとの VCS に関しては別のものの 1 つの LAN ポートおよび発信から受信である呼び出し。

  • 両エンドポイントが NAT 走査のために対話型 接続 確立(ICE)を使用しなければ、参加要素の 1 つがネットワーク アドレス変換(NAT)の後ろにある場合の一口に SIP コール。

  • メディア暗号化ポリシーがある呼び出しは適用しました。

  • OCS/Lync 続けてユーザ エージェント(B2BUA)が使用されないところ、Microsoft Microsoft Office Communications Server (OCS)バージョン 2007 または Lync サーババージョン 2010 に出入する暗号化されたコール。 B2BUA が使用される場合、B2BUA アプリケーションはメディアを常に奪取 しますが、VC が呼出し シグナリングを奪取 する場合)コールは VC 走査コールとして分類されないし、走査コール ライセンス(まだライセンスを非走査消費するかもしれません消費しません。

: Option 鍵 拡張 な OCS コラボレーションが OCS または Lync サーバへの暗号化されたコールに必要となります。

他の呼び出しはすべて非走査(ローカル)呼び出しです。

: コールはルートの各 VC がメディアを奪取 するために必要となるかどうか依存 1 VC の走査コール コール ルートの別の VC のローカル(非走査)コールであるかもしれませんが。

走査呼び出しは非走査呼び出しよりより多くのリソースを使用し、コールの各型の数は別々に認可されます。 VC に受け取ることができると、同時非走査の最大数のための別のものは呼出します同時走査呼び出しの最大数のための 1 ライセンスがあり。 VC である各タイプのコールの番号を高めるために(または VC クラスタ)で利用可能、適切なオプション キーを購入し、インストールできます。 各配備がガイドラインとして異なっている、Cisco 間、システムに同時 コール ライセンスへの登録の 10:1 比率があることを推奨します。

VC 高速道路非走査コール ライセンス 使用方法

通常、VC 高速道路は走査コール ライセンスがそれに直接登録されているデバイス間の呼び出しのための呼び出しを、ルーティングするように要求します。 これはファイアウォールの後ろにあるメディアはコールのエンドポイント間でルーティング可能であることを保証するためにエンドポイントは VC 高速道路がメディアを受け取り、転送することを必要とするという理由によります。

コールが分類される VC 高速道路を通る唯一の状況のこれらのシナリオ一致する時ローカル(非走査)コールがあると同時に:

  • 必要な一口に H.323 インターワーキングがありません。

  • 必要な IPv4-to-IPv6 アドレス インターワーキングがありません。

  • コールは VC 高速道路から走査ゾーンを通してルーティングされません。

  • エンドポイントのどちらも走査有効に なりません(エンドポイントのどちらも同意か H.460.18/19 と登録しないし、どちらも同意または H.460.18/19 のための要求のコールを作りませんでした)。

  • コールはから受信され、に発信されます:

    • エンドポイントか WAN に直接接続される隣接ゾーン。

    • ビデオ呼び出しをサポートする H.323 Application-Level Gateway (ALG)か SIP があるファイアウォールの後ろのエンドポイントか隣接ゾーン、エンドポイントが WAN に直接接続されるようにシグナリングを現われさせる。

    • (VC バージョン X5 またはそれ以降が使用されれば)ローカルで登録された、氷有効に された エンドポイント。

: ファイアウォール走査を援助するために、すべての Cisco TelePresence エンドポイントは走査有効に なります、従ってコールに関連するエンドポイントの少なくとも 1 つが TelePresence エンドポイントのとき走査ライセンスが常に必要となります。

: VC 高速道路の非走査コールは(VC バージョン X5 またはそれ以降が使用されれば)利用可能 な非走査コール ライセンスがない場合走査ライセンスを消費します。 このシナリオでは、コールは非走査コールに残り、VC 高速道路は走査ライセンスを使用するのに、メディアを奪取 しません。



Document ID: 118872