音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

VC はエラーコード 483 解決のための値増加を最大値転送します

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に調節する方法を最大値転送します Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)の値(ホップ カウント) Prevent エラー コード 483 発生を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

問題

ヘッダ(ホップ カウント)をですパケットと移動し、1 つによるデクリメントがネットワーク要素を通していつもパケット渡すパラメータ最大値転送します(ゲートウェイかプロキシ)。 パケットがゾーンによって、2 つの値の下部の(転送されるときオリジナル ホップ カウントかそのゾーンのために設定されるホップ カウントは)使用されます。 これはパケットが通るすべてのゾーンと発生します。

例: a のパケットは Microsoft Lync 環境から 57 という値を入ります最大値転送します。 それは 70 のホップ カウントがある Cisco Unified Communications Manager ゾーンに続く前に 15 に設定 される ホップ カウントがある隣接ゾーンを入力します(15)への値変更を最大値転送します(値を減ります 14)に 1 つ最大値転送します。

最大値が宛先に到達する前にソースで設定 される、および最大値が値ヒット 0 を転送する値を転送するより大きければソースの場所からの宛先へのホップ カウントが、パケットは促進するために移動しません。 これはエラーコード 483 を生成できます: 余りにも多くのホップ

H.323 に関しては、ホップ カウントは検索要求にだけ適用します。 Session Initiation Protocol (SIP)に関しては、ホップ カウントは最大値転送する要求のフィールドを影響を与える、ゾーンに送信 される 要求すべてに適用します。

ホップ カウントは毎ゾーン基礎で設定されます。 ゾーンには 2 つの主なタイプがあります: 自動的に生成されるそれら、Cisco Unified Communications Manager ノードか Microsoft Lync バックツーバック ユーザ エージェント(B2BUA)のような、または手動で作成されたゾーン。

  • 自動的に生成されたゾーンは CLIインターフェイスによって編集します必要となります。

  • 手動で構成済みのゾーンは Webインターフェイスとか CLI によって編集することができます。

手動で生成されたゾーンは 15 にデフォルトで設定 される ホップ カウントで設定されます、トポロジーが知られているオン前提ネットワークのために十分である。 (パケットが曇るために基づいてまたはインターネットサービス外へ移動するかところに)ビジネス ツー ビジネス通信が必要となる時およびネットワーク 構造は不明です、ホップ カウント値が 70 に増加することを Cisco は推奨します。

: ホップ カウント値が設定 された高くより必要である場合、ネットワークのループを入力するかもしれませんことリスクがあります。 この場合、検索要求はネットワークのまわりでホップ カウントがリソースを不必要に消費する 0 に達するまで送信 されます。 これを防ぐために、にコール ループ 検出モードを設定 して下さい。

解決策

このセクションは自動的にのためにホップ カウント値をおよび手動で調節する方法を生成されたゾーン記述します。

ヒント: 構成済みのゾーン CLI かのためのホップ カウントを手動で設定するために Webインターフェイスを使用できます。

Webインターフェイスを使用して下さい

Webインターフェイスによってホップ カウント値を編集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 管理者アカウントを使用し、設定 > ゾーン > ゾーンにナビゲート して下さい。

  2. 設定したいと思う、編集ゾーン ページは提示されますゾーンの名前をクリックすれば。

  3. コンフィギュレーションセクションのホップ カウント フィールドにこのゾーンのために使用したいと思うホップ カウント値を入力して下さい。 手動で設定されたゾーンのデフォルト値は 15 ですが、トラフィックがクラウドまたはインターネットサービスのような未知のネットワークを渡る移動の、とき 70 は推奨されます。

Microsoft Lync B2BUA コンフィギュレーションのための Webインターフェイス内のホップ カウント値を編集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. アプリケーション > B2BUA > Microsoft Lync > 設定へのナビゲート。

  2. イネーブルになったに設定を設定 して下さい。

  3. 示します詳細設定をクリックして下さい。

  4. ホップ カウントを要求に応じて変更して下さい(デフォルトは 70)あります。

CLI を使用して下さい

自動的に生成された、ライン側の隣接ゾーンはまた調整を必要とするかもしれません。 これらは CLI によって完了します編集します。

CLI によってホップ カウント値を編集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. システムにより生成されるゾーンのための ID を得るために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

    xconfig zones zone // systemGenerated
  2. YES の値がある各 ID に関しては、現在設定されたホップ カウント値を表示するために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

    xconfig zones zone HopCount
  3. ホップ値が DEFAULT 値(15)に設定 される場合、70 に値を増加するために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

    xconfig zones zone HopCount: "70"


Document ID: 118878