音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

VC 帯域幅 エラーメッセージ トラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にエンドポイントでまたは Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)検索履歴に現われる帯域幅計算エラーメッセージのためにまたはルートを一時的に解決しない方法を使用不可能な 480 記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

帯域幅に関する問題を解決して下さい

VC 検索履歴にまたは利用可能 な 十分な帯域幅がコールをルーティングするためにないことをコールを開始する、通常示しますエンドポイントでこれらのエラーメッセージが現れることができ。 コールのエンドポイントのうちのどれかが VC に登録されているか、またはコールが VC を通れば、メッセージがシステムか抜けたリンクで適用される帯域幅制限が原因に現れるかもしれません。

Cisco VC に登録されているコールのエンドポイントの何れかの問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ステータス > デバイスによる登録へのナビゲート > またはステータス > エイリアスによる登録 > エンドポイントが登録されている subzone を判別するため。

  2. Details ページ 登録に達するためにエンドポイント登録をクリックして下さい。 subzone の名前は Node フィールドに現われます。

  3. その subzone に適用される帯域幅制限をチェックして下さい:

    • エンドポイントがデフォルト subzone に登録されている場合、VC 設定 > ローカルゾーン > デフォルト Subzone にナビゲート して下さい。

    • エンドポイントが他のどの subzone に登録されている場合、VC 設定 > ローカルゾーン > Subzones にナビゲート して下さい。

コールが通るあらゆる VC の問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい、エンドポイントが登録されている VC が含まれている:

  1. VC 設定 > 帯域幅 > リンクにナビゲート し、リンクが(の間にコールがルーティングされるできるコールに関連する)ゾーンと subzones あることを確認して下さい。 手動で 必然な連結を追加するか、またはデフォルト リンクを復元する必要があるかもしれません。 このプロセスを完了するために、CLI に xcommand DefaultLinksAdd コマンドを入力して下さい。

  2. リンクがある場合、編集リンク ページに達するために各リンク名をクリックして下さい。 Status セクションでは、リンクで進行中の呼び出しの現在数をチェックして下さい。 これらの呼び出しは利用可能 な 帯域幅すべてを消費するかもしれません。

  3. コールを送信する十分 な 帯域幅があることを確認するためにリンクに加えられるあらゆるパイプの帯域幅制限をチェックして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118871