音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

リンクおよびパイプが付いている VC 帯域幅制御

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)の帯域幅を制御するためにリンクおよびパイプを使用する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

リンクおよびパイプによって帯域幅を制御して下さい

リンクは VC で 1 subzone および別の subzone またはゾーン間のルーティング接続を作成するために使用されます。 リンクの各終わりはノードとして知られています。 パイプはリンクに 2 つのノード間で利用可能である帯域幅を制限するために加えられます。

すべてのリンクおよびパイプは双方向 トラフィックを可能にします。 たとえば、HQ Subzone で最初のノードおよびブランチ Subzone で第 2 ノードで設定されるリンクがあれば、トラフィックは HQ Subzone からブランチ Subzone に、またブランチ Subzone から HQ Subzone にフローできます。 このリンク影響に両方向の帯域幅加えられるパイプ。

VC 設定 > 帯域幅 > リンクに VC で設定されるすべてのリンクのリストを各リンクに加えられるかもしれないパイプを含むために表示するために、ナビゲート して下さい。 新しいリンクを作成し、このページからの現在のリンクを同様に編集できます。

VC 設定 > 帯域幅 > パイプに VC で設定されるすべてのパイプのリストを表示するためにナビゲート して下さい。 新しいパイプを作成し、このページからの電流パイプを同様に編集できます。

ヒント: subzones を、ゾーンは使用し設定する、方法についてのその他の情報に関してはリンクおよびパイプ、Cisco 適切な VC 管理者ガイド帯域幅制御 セクションを示します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118870