音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

ビデオ コミュニケーション ネットワーク呼び出し SIP エンドポイント構成例からの H.323 エンドポイント

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にビデオ コミュニケーション ネットワークを設定する方法を記述されています従って H.323 エンドポイントの E.164 数との Session Initiation Protocol (SIP) エンドポイントからの H.323 エンドポイントを呼出すことができます。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco VC に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

互いに通信ことできる SIP エンドポイントおよび H.323 エンドポイントに関しては 2 つのプロトコル間のコールを相互に作用するコール ルートに Cisco VC がある必要があります。

SIP エンドポイントは定型 資源 識別子(URI)の形で-たとえば、name@domain しか呼び出しを作ることができません。 ドメインを規定 しない場合、SIP エンドポイントはダイヤルする数に自動的に自身のドメインを追加します。 従って SIP エンドポイントからの 123 にダイヤルすれば、検索は 123@domain のために置かれます。 H.323 エンドポイントが 123 としてちょうど登録されている場合、Cisco VC はエイリアス 123@domain を見つけられません。

ソリューションは次のいずれかにあります:

  1. エンドポイントをすべて、H.323 および SIP 両方、形式 name@domain のエイリアスのレジスタ確認して下さい。
  2. nnn@domain の形にあるそれらの URI のためのエイリアスの @domain 部分を除去する Cisco VC の前検索トランスフォームを作成して下さい。 変換を設定する方法についての情報に関しては Cisco オンライン ヘルプのダイヤル プランおよびコール処理 セクションか VC 管理者ガイドを参照して下さい。

確認

現在この設定のために利用可能 な 確認 手順がありません

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118875