LAN スイッチング : スパニング ツリー プロトコル

FabricPath ドメインに接続されるスパニングツリー スイッチ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はそれらが FabricPath (FP)ドメインに接続されるとき Spanning Tree Protocol (STP) スイッチの動作を記述したものです。 FP のために処理します各々の STP 接続されたドメインの STP ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)をエッジポートのこれらの接続をサポートするために切り替えます。

リチャード ミハエルおよび Rahul Savarapu Parameswaran によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は STP および FP のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ
  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

FP 動作を用いる STP

適切な FP 動作に関しては STP が使用されるとき、FP スイッチすべては STP ドメインのルートとして機能する単一 の スイッチとして接続デバイスによって見る必要があります。 発生するこれのためにそれらは各 STP ドメインの中のよくあるブリッジID を(c84c.75fa.6000 + STP ドメイン番号)共有する必要があります。

ヒント: ドメイン番号はスパニングツリードメイン[ID]コマンドで変更することができます。

STP ドメインのルートになるように FP スイッチが STP ドメインのルートとして機能することを保証するために、FP スイッチの優先順位を設定 して下さい。 これを完了するために、この CLI コマンドを入力して下さい:

switch(config)# spanning-tree vlan x priority 0

: 接続された STP スイッチに高く設定 される FP スイッチより STP 優先順位があることを確認して下さい。

スイッチ リロードの FP スパニング ルートガード

FP スイッチが STP ドメインのルートであることを確認するために、組み込みルートガードはすべてのコンテンツ エッジ(CE)ポートで有効に なります。 (FP の中でアクティブである前にエッジ スイッチはリロードされる時)、エッジポートの従来の STP デバイスとして動作します。 それは前のセクションに記述されているように自身のシステムメッセージ通報認証コード(MAC)および設定された STP 優先順位のブリッジID を、ないよくある FP ブリッジID、送信 します。

これはリロードの過程においてそれが FP のアクティブな内部になる前に(ローカルシステム MAC がよくある FP ブリッジID より下部のであるかもしれませんと同時に)それを、エッジ スイッチ 優先度の高いBPDU を送信し始めるかもしれません意味します。 これは残るアクティブなエッジ スイッチが理由で行われる FP ネットワークに接続された STP スイッチの切断の原因となる場合があります。 CESポートは接続された STP スイッチから優先度の高いBPDU を(同じ優先順位が FP スイッチすべてで設定されると同時に)受け取るかもしれません。 このアクセス スイッチはアクティブなエッジ スイッチの方のアップリンクのリロードされたエッジ スイッチから届く BPDU を転送します。

他のエッジ スイッチが FP ネットワークに再接続した発生し、よくあるブリッジID および優先順位 情報を送信 し始める後条件がクリアされるまで CESポート レイヤ2 ゲートウェイ Inconsistence 状態を場所に維持するエッジ スイッチ。

これと同じような syslog メッセージは生成されます:

2013 Jul 30 19:33:03 N7K-SW %STP-2-L2GW_BACKBONE_BLOCK: L2 Gateway Backbone
port inconsistency blocking port Ethernet1/1 on VLAN0032
.

疑似情報 コマンド

スパニングツリー疑似情報 コマンドはバーチャル PC (vPC)および vPC+ 設計のために最初ユーザがハイブリッド vPC および非vPC ピア スイッチ トポロジーを作成することを可能にするために開発されました。 これを達成するために、2 つの異なる BPDU 優先順位はスイッチによって送信 されます。 このコマンドが vPC 環境で動作するために作成されたけれども前のセクションに説明があるシナリオでよく合います。

グローバルにこのコマンドを有効に するとき、それから 2 つの異なる STP 優先順位があります: スイッチが FP (FP コア ポート up/ready)に接続される時より低い値(または、よりよい優先順位)、およびリロードした後スイッチによって送信 される BPDU で使用する高い値(または、最も悪い優先順位)。

これらの CLI コマンドは 2 つの BPDU 優先順位を送信 するために FP スイッチを設定するために使用されます:

switch(config)#spanning-tree vlan x priority 8192

switch(config)#spanning-tree pseudo-information

switch(config-pseudo)#vlan x root priority 4096

疑似情報 コマンドによって設定 される値は FP ネットワークに接続されるとき FP スイッチによって使用する優先順位、従ってそれ CLI スパニングツリー VLAN X priority コマンドによって設定 される 情報よりより低い値である必要がありますです。

役に立つコマンド

これらのコマンドはこの資料に説明があるシナリオに役立ちます:

N7K# show fabricpath isis interface brief

Fabricpath IS-IS domain: default
Interface Type Idx State Circuit MTU Metric Priority Adjs/AdjsUp
----------------------------------------------------------------
Ethernet2/29 P2P 1 Up/Ready 0x01/L1 9216 40 64 1/1
Ethernet3/29 P2P 2 Up/Ready 0x01/L1 9216 40 64 1/1


N7K# show spanning-tree internal info l2gstp vlan 2
------- L2G-STP Info (VLAN 2)---------
flags 0x1
appnt_fwd_lost_counter 5
l2mp_core_port_ref_count 2

既知の警告

Cisco バグ ID CSCuj23131 を理解しておいて下さい。 FP に接続する多重 領域と複数スパニング ツリー (MST)を実行するとき、Cisco は MST0 例にマッピング される少なくとも 1 FP VLAN を使用することを推奨します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118891