スイッチ : Cisco Nexus 9508 Switch

Nexus 9500 脊柱スーパバイザ 障害復旧

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はアプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ハードウェアエラーが壊れた原因がある ACI)モードのリーフ スイッチを取り替えるためにプロセスを説明したものです。

ロバート Correiro によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

アクティブ監視プログラムはハードウェア障害が壊れた原因があります。 スタンバイスーパバイザはアクティブとして、ファブリック ディスカバリにリロードされて状態を、および自動的に加入されるファブリック引き継ぎました。 置換 スーパバイザは受け取られ、ACI モードにインストールされ、変換される必要があります。

解決策

: ACI モードへのスーパバイザの変換は脊柱のためにいくつかのコンポーネントが切られる必要があると同時にダウンタイムを必要とします。

ACI モードに置換 スーパバイザを変換することを準備して下さい

置換 スーパバイザを変換するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 脊柱シャーシから壊れるスーパバイザを取除いて下さい。
  2. 各 ACI ラインカードおよびはたらくアクティブ監視プログラムを切って下さい。 完全にシャーシから取除かれるべきラインカードおよびアクティブ監視プログラムにそれが必要となりません。 それから、置換 スーパバイザを挿入して下さい。

    置換 スーパバイザが独立方式(NX-OS)に(起動後)入ればプロシージャ 1.によって ACI モードに変換される必要があります。 さもなければ、それが loader> プロンプトに(起動後)入ったらプロシージャ 2.に従って下さい。

プロシージャ 1 - NX-OS からの ACI への変換

  1. 置換 スーパバイザの bootflash:に ACI イメージをロードするためにこの 3 つのオプションの 1 つを完了して下さい
    • オプション A -ブートフラッシュに USB ドライブから ACI イメージをコピーして下さい。 USB ドライブ(usb1 のコンテンツをリストして下さい: または usb2:) ACI イメージ名のためにこれを完了するため:
      switch# dir usb1:
      switch# copy usb1:aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin bootflash:
    • オプション B -イネーブル Secure Copy(SCP) サービス アプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APIC)からの ACI イメージを押すため。 IP アドレスの管理 0 インターフェイスを設定して下さい、管理 バーチャルルーティングおよびフォワーディング(VRF)例のためのデフォルト ゲートウェイを設定し、SCP サーバ 機能を有効に して下さい。
      switch# configure terminal
      switch(config)# interface mgmt 0
      switch(config-if)# ip address ipv4-address{ [/length] | [subnet-mask]}
      switch(config-if)# no shutdown
      switch(config-if)# exit
      switch(config)# vrf context management
      switch(config-vrf)# ip route 0.0.0.0/0 default-gw-ip
      switch(config-vrf)# exit
      switch(config)# feature scp-server
      switch(config)# exit
      switch# copy running-config startup-config

      : 続行する前に、APIC が管理 VRF から ping することができることを確認して下さい。

      APIC のこのコマンドを入力して下さい:

      admin@apic:~> 
      scp /firmware/fwrepos/fwrepo/<aci_image.bin> admin@<node-mgmt-ip>:<aci_image.bin>

      : <aci_image.bin> は APIC にある ACI スイッチ イメージのファイル名です。 スイッチで前もって設定された <node-mgmt-ip> は管理IPアドレスです

      ヒント: ACI スイッチ イメージ名は「aci-n9000 から常に始まります。

    • オプション C -アクセス可能な SCP/FTP/TFTP サーバからイメージをコピーして下さい。 IP アドレスの管理 0 インターフェイスを設定し、管理 VRF 例のためのデフォルト ゲートウェイを設定し、ブートフラッシュにイメージをコピーして下さい。 この例は SCP を使用します。
      switch# configure terminal
      switch(config)# interface mgmt 0
      switch(config-if)# ip address ipv4-address{ [/length] | [subnet-mask] }
      switch(config-if)# no shutdown
      switch(config-if)# exit
      switch(config)# vrf context management
      switch(config-vrf)# ip route 0.0.0.0/0 default-gw-ip
      switch(config-vrf)# end

      サーバが管理 VRF から ping され、次にサーバからブートフラッシュにイメージをコピーできることを確認して下さい。

      switch# 
      copy scp://scpuser@10.0.0.10/path/to/aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin bootflash: vrf management

      ACI イメージが dir bootflash のスタンドアロン スイッチに正常に転送したことを確認して下さい: コマンドを発行します。

  2. ACI モードにスーパバイザを変換して下さい。 スーパバイザが NX-OS バージョン 6.1(2)I3(3) または それ 以上を実行する場合、方式 1.を使用して下さい。 さもなければ方式 1 が失敗した場合、使用 方式 2.方式 2 もバックアップとして使用されるかもしれません。
    • 方法 1

      テストされる NXOS ソフトウェア: n9000-dk9.6.1.2.I3.3a.bin
      テストされる ACI ソフトウェア: aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin

      スタンドアロン ノードでこれらのコマンドを入力して下さい:

      switch# configure terminal
      switch(config)# boot aci bootflash:<aci_image.bin>
      switch(config)# reload
    • 方式 2

      テストされる NXOS ソフトウェア: n9000-dk9.6.1.2.i2.1.bin
      テストされる ACI ソフトウェア: aci-n9000-dk9.11.0.2j.1.0-2j.bin

      スタンドアロン ノードでこれらのコマンドを入力して下さい:

      switch# configure terminal
      switch(config)# no boot nxos
      switch(config)# end
      switch# copy running-config startup-config
      switch# reload

      これはスイッチの「loader>」プロンプトに(起動後)入るために原因になります。 ACI イメージ名のためのブートフラッシュのコンテンツをリストするために dir コマンドを入力して下さい。

      boot<aci_image_name.bin> コマンドで ACI イメージを起動して下さい。

      スーパバイザはファブリック ディスカバリ状態の ACI モードに(起動後)入ります。 パスワード無しのユーザ名 admin のログイン。

  3. dir コマンドからのイメージ名を用いるブート変数を設定 して下さい。
    (none)# dir bootflash
    (none)# setup-bootvars.sh <aci_image.bin>
  4. ブート変数がきちんと設定 されたことを確認するためにこれらのコマンドを入力して下さい:
    leaf# cat /mnt/cfg/0/boot/grub/menu.lst.local
    boot aci-n9000-dk9.11.0.2j.bin
    leaf# cat /mnt/cfg/1/boot/grub/menu.lst.local
    boot aci-n9000-dk9.11.0.2j.bin
  5. すべてに以前に切断されたラインカード、また他のスーパバイザを再接続して下さい。 脊柱は数分内のファブリックを再合同させ、APIC は新しいスーパバイザにすべての関連したポリシーを押下げます。

プロシージャ 2 -ローダーからの ACI への変換

  1. これら二つのオプションの 1 つの ACI イメージを起動して下さい。
    • オプション A - USB ドライブから起動して下さい。 USB ドライブ(usb1 のコンテンツをリストして下さい: または usb2:) ACI イメージ名のために、それから USB からそれを起動して下さい。
      loader> dir usb1:
      loader> boot usb1:aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin
    • オプション B -アクセス可能な TFTPサーバから起動して下さい。 IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイを設定し、次にサーバから起動して下さい。
      loader> set ip <ip_addr> <mask>
      loader> set gw <ip_addr>
      loader> boot tftp://<tftp_path>

      次に例を示します。

      loader> set ip 192.0.2.10 255.255.255.0
      loader> set gw 192.0.2.1
      loader> boot tftp://192.0.2.50/aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin

      スーパバイザはファブリック ディスカバリ状態の ACI モードに(起動後)入ります。 パスワード無しのユーザ名 admin のログイン。

  2. dir コマンドからのイメージ名を用いるスーパバイザのブート変数を設定 して下さい。
    (none)# dir bootflash
    (none)# setup-bootvars.sh <aci_image_name.bin>
  3. すべてに以前に切断されたラインカード、また他のスーパバイザを再接続して下さい。 脊柱は数分内のファブリックを再合同させ、APIC は新しいスーパバイザにすべての関連したポリシーを押下げます。 ファブリック 資格情報とのログインにプロンプト表示されます。


Document ID: 118866