スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

ピア スイッチのセットアップ インパクト・アセスメントおよび設定例の Nexus 7000 STP 優先順位変更

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は顧客に推奨事項に従わない組合わせを誤まられた Spanning Tree Protocol (STP) 優先順位のようなシナリオで仮想ポート チャネル(vPC)ピア スイッチ設定の標準化の影響を記述したものです。

ピア スイッチ機能は Cisco Nexus 7000 シリーズ デバイスがのペアをレイヤ2 トポロジーの単一 STP ルートとして現われるようにします。 この機能は vPC プライマリ スイッチに vPC プライマリ スイッチが失敗した場合必要ピンを STP ルート除去し、vPC 統合を改善します。 スパニングツリー 優先順位を適用する値は両方の vPC 同位で同一である必要があります。

vPC ピア スイッチ設定が実稼働環境の STP 優先順位の組合わせを誤まった配備がずっとあります。

Rajesh Gatti によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Nexus 7000 アーキテクチャ
  • vPC 機能

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • リリース 6.2.10 およびそれ以降の Nexus 7000
  • M1/F2 シリーズ ラインカード
  • Rapid Spanning Tree Protocol (RSTP)はすべてのスイッチで展開されます

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

このネットワークダイアグラムで Nexus 7000s のペア定義される簡単な vPC セットアップがあります。 ダウンストリーム アクセス スイッチはそれぞれ vPC および nonvPC の一部であるために設定されます。 トラフィックジェネレータはネットワークに VLAN 内および VLAN 間のトラフィックを押通します。

118858-config-nexus7000-01.png

スイッチがピア スイッチ モードで動作するのに定義される STP 優先順位が vPC VLAN のために異なっていることに注意して下さい。

ここに示されている出力は VLAN 6.のためです。

n7ka# show span vlan 6

VLAN0006
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID   Priority   24582
             Address     0023.04ee.be01
             This bridge is the root
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority   24582 (priority 24576 sys-id-ext 6)
             Address     0023.04ee.be01
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Interface       Role Sts Cost     Prio.Nbr Type
--------------- ---- --- -------- -------- --------------------------------
Po1             Desg FWD 1         128.4096 (vPC) P2p
Po3             Desg FWD 1         128.4098 (vPC peer-link) Network P2p
Eth4/8          Desg FWD 2         128.520 P2p

n7kb# show span vlan 6
VLAN0006
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID   Priority   24582
             Address     0023.04ee.be01
             Cost       1
             Port       4098 (port-channel3)
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority   28678 (priority 28672 sys-id-ext 6)
             Address     0023.04ee.be01
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Interface       Role Sts Cost     Prio.Nbr Type
--------------- ---- --- -------- -------- --------------------------------
Po1             Desg FWD 1         128.4096 (vPC) P2p
Po3             Root FWD 1         128.4098 (vPC peer-link) Network P2p
Eth4/7          Desg FWD 2         128.519 P2p

vpc_sw# show span vlan 6
VLAN0006
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID   Priority   24582
             Address     0023.04ee.be01
             Cost       1
             Port       4096 (port-channel1)
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority   61446 (priority 61440 sys-id-ext 6)
             Address     6c9c.ed4e.6f43
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Interface       Role Sts Cost     Prio.Nbr Type
--------------- ---- --- -------- -------- --------------------------------
Po1             Root FWD 1         128.4096 P2p


non_vpc_sw# show span vlan 6
VLAN0006
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID   Priority   24582
             Address     0023.04ee.be01
             Cost       2
             Port       392 (Ethernet3/8)
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority   61446 (priority 61440 sys-id-ext 6)
             Address     0022.557a.4343
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Interface       Role Sts Cost     Prio.Nbr Type
--------------- ---- --- -------- -------- --------------------------------
Eth3/7           Altn BLK 2         128.391 P2p
Eth3/8           Root FWD 2         128.392 P2p

設定が Cisco 推奨される最良 の 方法を一致するのに、VLAN 間のトラフィック転送においての問題がありません(VLAN 内か VLAN 間)。

Cisco 最良 の 方法に続くとき影響とは何か。

実稼働環境では、両方の vPC 同位で STP 優先順位に同じをするために必要が起これば尋ねられる最初の質問は影響はであるものです。

ここに示されているトポロジーでは両方の VLAN 6 および 7 のための STP 優先順位への変更を Nexus 7000s 行いました。 両方のピア スイッチのセットアップで Nexus 7000s が独自に ブリッジ プロトコル データ ユニット (BPDU)を生成するので、変更により Nexus 7000s の 1 つはピアと同じアトリビュートの BPDU をアドバタイズします。

nonvPC スイッチは specfic リンクの FORWARDING 状態の変更を引き起こす可能性がある異なるパスから今優先度の高いBPDU を受け取る可能性があります。 ステート の 変化は e3/7 が FORWARDING 状態に後ピア スイッチ変更入った次の出力例で示されています。 RSTP が使用中であるので、このステート の 変化は計測秒です。 ただし、それは Topology Change Notification (TCN)の生成という結果に終ります。

non_vpc_sw# show span vlan 6
VLAN0006
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID   Priority   24582
             Address     0023.04ee.be01
             Cost       2
             Port       391 (Ethernet3/7)
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Bridge ID Priority   61446 (priority 61440 sys-id-ext 6)
             Address     0022.557a.4343
             Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Interface       Role Sts Cost     Prio.Nbr Type
--------------- ---- --- -------- -------- --------------------------------
Eth3/7           Root FWD 2         128.391 P2p  => E3/7 was in Altn BLK state before

Eth3/8           Altn BLK 2         128.392 P2p

non_vpc_sw# show span vlan 6 det
VLAN0006 is executing the rstp compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 61440, sysid 6, address 0022.557a.4343
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
Current root has priority 24582, address 0023.04ee.be01
Root port is 391 (Ethernet3/7), cost of root path is 2
Topology change flag not set, detected flag not set
Number of topology changes 14 last change occurred 0:01:37 ago
         from Ethernet3/7
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
         hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 0, notification 0


n7ka# show span vlan 6 det
VLAN0006 is executing the rstp compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 24576, sysid 6, address 0023.04ee.be01
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
We are the root of the spanning tree
Topology change flag set, detected flag not set
Number of topology changes 28 last change occurred 0:01:37 ago
         from port-channel3
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
         hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 18, notification 0

n7kb# show span vlan 6 det
VLAN0006 is executing the rstp compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 24576, sysid 6, address 0023.04ee.be01
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
We are the root of the spanning tree
Topology change flag set, detected flag not set
Number of topology changes 20 last change occurred 0:01:37 ago

         from Ethernet4/7
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
         hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 28, notification 0

vpc_sw# show span vlan 6 det
VLAN0006 is executing the rstp compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 61440, sysid 6, address 6c9c.ed4e.6f43
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
Current root has priority 24582, address 0023.04ee.be01
Root port is 4096 (port-channel1), cost of root path is 1
Topology change flag not set, detected flag not set
Number of topology changes 23 last change occurred 0:01:37 ago
         from port-channel1
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
         hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 0, notification 0

単一 TCN により MACテーブルのフラッシュを引き起こしますが、トラフィック(ユニキャスト)が双方向である限りトラフィックフローに割り込みがありません。 これは VLAN 内および VLAN 間のトラフィックのラボでテストされました。

: セットアップが vPC スイッチから全く成っている場合、ダウンストリーム スイッチ用の STP 状態に変更がないので生成される TCN がありません。 影響はトラフィックフローへありません。

結論

STP 優先順位の標準化に実験室試験に基づいてトラフィックフローに Cisco 最良 の 方法に続くために影響がありません。

注意

実験室試験は複雑な状況観点からの現実 の 環境を一致するかもしれない変数の限られたセットだけをもたらします。 Cisco は驚きを避けるために Change ウィンドウのこれらの変更が設定されるようにすることを助言します。

ピアリングするために関連する既知の不具合 スイッチ

  • CSCut31625 -機能拡張: ピア スイッチは非ルート VLAN のための VLAN を除きます
  • CSCuq57422 - vPC: ピア スイッチは非ルート同位でサポートされません
  • CSCub74914 - vPC で間違って設定される擬似 STP 優先順位はピア スイッチ セットアップでリンクします
  • CSCuf35758 -非 vpc VLAN のための N7K:Peer スイッチ機能競合

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118858