ワイヤレス / モビリティ : ゲートウェイ GPRS サポート ノード(GGSN)

FUI 機能 設定例の OCS サーバ URL リダイレクション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にクォータが排出されるモバイル サブスクライバのための自動 URL リダイレクトを設定するためにオンライン貸出方式(OCS)の最終的なユニット示す値(FUI)リダイレクト 機能を使用する方法を記述されています。

Arpit Menaria によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。  

前提条件

要件

Cisco はこの資料に説明がある設定を試みる前にこれらのトピックのナレッジがあることを推奨します:

  • ゲートウェイ General Packet Radio Service (GPRS) サポート ノード(GGSN)は高めました貸出方式(ECS)を
  • Gy OCS

使用するコンポーネント 

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 5000 および 5500 シリーズはサービス ルータ(ASRs)バージョン 14.0 および それ 以降を集約しました
  • FUI リダイレクト 機能をサポートする OCS

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

サブスクライバ クォータが排出されるようになるとき顧客が URL リダイレクション機能を有効に するために必要となります。 これはサブスクライバ クォータが排出されるとき、彼らがアカウントを再充電できる前もって構成された URL にリダイレクトする必要があることを意味します。

OCS は与信管理返事アップデート(CCA-U)メッセージの直径属性値ペア(AVP)の 1 の FUI リダイレクト 情報を送信 します。 FUI リダイレクト 情報は(機能が OCS で有効に なるとき)普通サブスクライバ クォータが排出される前にこれは最後の割り当てられたユニットであることを OCS が GGSN に示したいと思うとき受け取られます。

GGSN (ASR 5x00)は OCS から届く続くセクションに記述されているように FUI リダイレクト パラメータを、処理するために適切に設定する必要があります。

ネットワーク図

設定 

: この設定例では、デフォルトで、トラフィックすべては IP-ANY ルール定義およびコンテンツ ID 見つけます(または定格 グループ(RG を)) 1 という値はトラフィックすべてに適用されます。

クォータ枯渇の後で、OCS はこの形式のリダイレクト URL を提供します:

http://x.x.x.x:yy/

ユーザがリダイレクトされた URL にトラフィックを送信 し始めるとき redirect1 ルール定義を見つけ、10 というコンテンツ ID 値は転送されたトラフィックに適用されます。

: この特定のコンテンツ ID (RG-10)はユーザをアカウントが再充電することができるリダイレクトされた Webサイトにアクセスすることを許可して OCS 終りから自由であるはずです。

次に例を示します。

active-charging service ECS
ruledef IP-ANY
ip any-match = TRUE
ruledef redirect1
http url starts-with http://x.x.x.x:yy/
charging-action default
content-id 1
cca charging credit
charging-action redirect1
content-id 10
cca charging credit
rulebase DCCA
action priority 100 ruledef redirect1 charging-action redirect1
action priority 65000 ruledef IP-ANY charging-action default

: コンフィギュレーション 最低限だけこの例に説明があります。 実際 の 生産 ネットワークコンフィギュレーションはソリューションによって、設定される追加パラメータがあるかもしれません。 

ヒント: リダイレクトされた URL はまた http://redirect.com のような標準ドメイン名、である場合もあります。 この特定のシナリオのための次の セクションを参照して下さい。

標準ドメイン名としてリダイレクト サーバ アドレス AVP 値

リダイレクト URL のために(ドメイン名を使用する必要があれば http://redirect.com) は、サブスクライバ最初にドメイン名を変換するために DNS クエリを送信します。 この場合、DNS 解決はサブスクライバのために許可する必要があります。 サブスクライバのための DNS 解決を許可するためにこれら二つのオプションの 1 つを使用して下さい:

  • クォータ サーバにパススルーなしですべての DNS トラフィックを割り当てて下さい。
  • DNS トラフィックのために別のコンテンツ ID を使用すれば、(クォータが排出された後でさえも) OCS は正常であるために DNS 解決のためのクォータを与える必要があります。

確認 

設定がきちんと機能することを確認するために、これらの show コマンドを入力して下さい:

show active-charging sessions full imsi xxxx
show subscriber full imsi xxxx

クォータが排出される前に提示アクティブ充満セッションからの切られた出力例は完全な imsi xxxx コマンドここにあります:

リダイレクトされた URL が使用されるとき、出力はこれに類似したのようである必要があります:

: これらの例は出力例だけを説明し、実際の統計的な値は異なるかもしれません。

提示サブスクライバの出力では完全な imsi xxxx コマンドは、廃棄される入力 pkts 0 であるはずです:

ゼロ以外の破棄された パケット値はパケットが適切な URL リダイレクションなしでクォータ枯渇の後で廃棄されることを示します。 

トラブルシューティング 

設定をトラブルシューティングするために CLI にこれらのコマンドを入力して下さい:

monitor subscriber imsi xxxx

show subscribers full imsi xxxx

show active-charging sessions full imsi xxxx

必要な書式の FUI リダイレクト パラメータがクォータ枯渇に OCS から届くかどうか確かめるためにオプション A とモニタ サブスクライバ imsi xxxx トレースを、19、34、および詳細 5 使用して下さい。

: およびアクティブな充満サービス(ACS)から移動するオプション 34 はデータを確認する試みと重要です。

これらは OCS から届く CCA-U メッセージの期待されたパラメータです:

  • DIAMETER_LIMITED_SUCCESS (2002) メッセージはコマンド レベルで受け取られます。
  • DIAMETER_SUCCESS (2001) メッセージは MSCC レベルで受け取られます。
  • 最終的ユニット示す値 AVP は適切なリダイレクト URL パラメータとあります。

次に例を示します。

INBOUND>>>>>  15:59:52:587 Eventid:81991(5)
Diameter message from 1.1.1.1:3868 to 2.2.2.2:47552
Base Header Information:
Version: 0x01 (1)
Message Length: 0x000170 (368)
Command Flags: 0x40 (64) PXY
Command Code: 0x000110 (272) Credit-Control-Answer
Application ID: 0x00000004 (4) Credit-Control
Hop2Hop-ID: 0xadb045fa (2914010618)
End2End-ID: 0x05620b50 (90311504)
AVP Information:
-<Output Clipped>-
[M] Result-Code
Code: 0x0000010c (268) Result-Code
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: DIAMETER_LIMITED_SUCCESS (2002) >>>> Command Level Result Code
[M] CC-Request-Type
Code: 0x000001a0 (416) CC-Request-Type
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: UPDATE_REQUEST (2)
-<Output Clipped>-
[M] CC-Request-Number
Code: 0x0000019f (415) CC-Request-Number
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: 1
-<Output Clipped>-
[M] Multiple-Services-Credit-Control
Code: 0x000001c8 (456) Multiple-Services-Credit-Control
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x0000a8 (168)
[M] Rating-Group
Code: 0x000001b0 (432) Rating-Group
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: 1
[M] Granted-Service-Unit
Code: 0x000001af (431) Granted-Service-Unit
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x000018 (24)
[M] CC-Total-Octets
Code: 0x000001a5 (421) CC-Total-Octets
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x000010 (16)
: 1206114
[M] Result-Code
Code: 0x0000010c (268) Result-Code
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: DIAMETER_SUCCESS (2001) >>>> MSCC Level Result Code

[M] Final-Unit-Indication
Code: 0x000001ae (430) Final-Unit-Indication
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x000044 (68)
[M] Final-Unit-Action
Code: 0x000001c1 (449) Final-Unit-Action
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: REDIRECT (1)
[M] Redirect-Server
Code: 0x000001b2 (434) Redirect-Server
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x000030 (48)
[M] Redirect-Address-Type
Code: 0x000001b1 (433) Redirect-Address-Type
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00000c (12)
: URL (2)
[M] Redirect-Server-Address
Code: 0x000001b3 (435) Redirect-Server-Address
Flags: 0x40 (64) [M]
Length: 0x00001c (28)
: http://x.x.x.x:yy

リダイレクトされた URL はポート番号(再充電ページにサブスクライバを指示するこの例の有無にかかわらず IP アドレスのための http://x.x.x.x:yy) であるはずです。 リダイレクトされた URL はまた http://x.x.x.x として現われることができます。 前例はこのケースのためにはたらきます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118890