スイッチ : Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

EEM スクリプトとの Nexus 5500 スケジューラー 機能性

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は組み込みイベント マネージャ(EEM)スクリプトを使用する Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチでスケジューラー 機能と同じような機能性を提供する簡単 な 回避策を記述したものです。

オースティン孔雀によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco では、次の項目について基本的な知識があることを推奨しています。

  • Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチ
  • EEM スクリプト

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  •  Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチ
  •  Cisco Nexus オペレーティング システム(NXOS)バージョン 6.0(2)N2(1) または それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチはまだ 5.x、6.x、または 7.x トレインのスケジューラー 機能をサポートしていません。 任せればが各時間に毎日行う場合場合、スケジューラー 機能なしでにないです。 

解決策

修正すれば EEM のパラメータはイベントの poll-interval を変えるので、(NXOS バージョン 6.0(2)N2(1) で最初にサポートされて)、それ模倣しますスケジューラー 機能の機能性をスクリプトを書きます常に引き起こす値があるように確認するために。

次 の 例では、Object Identifier (OID)は Nexus (1.3.6....1.1.1.6.1) スイッチの CPU のために使用されます。 この OID は 0100 の間で値を常に戻します、従って 12345 より小さい値と OID と一致すると常に引き起こすようにして下さい、任意に 高頻度がそれ常に引き起こす。 望ましい アクションが実行されたようにそれから望ましい間隔(この例の 86,400 秒)でイベントを引き起こすために poll-interval を修正して下さい。

event manager applet Schedule_Backup
event snmp oid 1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.6.1 get-type exact entry-op le entry-val
12345 poll-interval 86400
action 1.0 cli copy running-configuration tftp://[server_IP]/$(SWITCHNAME)_
Running-Config_$(TIMESTAMP) vrf management vdc-all
action 2.0 syslog priority notifications msg Running_Config_Backup_Complete

24 時間毎にであるこの例は 86,400 秒毎に TFTPサーバに running-configuration をコピーします。 $ (SWITCHNAME)および $ (タイムスタンプ)変数はファイルがサーバが多重バックアップコンフィギュレーションを保存するようにする異なる名前と保存されるように使用されます。 また Running_Config_Backup_Complete メッセージが syslog で印刷されることに注目して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118894