音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

MotoPBX および CUCM 統合

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager (CUCM)および Motorola PBX (MotoPBX)システムの Session Initiation Protocol (SIP) 統合に関連して相互運用性 の 問題を記述したものです。 MotoPBX システムは CUCM が SIP RFC 3261 に対応である一方、SIP RFC 3581 に対応です。 この RFC 準拠性問題が原因でコール処理サーバの両方間の SIP コールセットアップにおいての問題が、すなわち、CUCM および Motorola PBX あります。

Depinder Deol によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

Motorola PBX は」クライアントがサーバは要求が起きたポートおよびソース IP アドレスに戻って応答を返すことを要求することを可能にする SIP のヘッダー フィールドによって「で「rport」パラメータを誘ってもらいます RFC 3581 に含まれている。 「rport」パラメータは「rport」がポート番号が含まれている以外「受け取った」パラメータに類似しています、ない IP アドレス。 このレポート パラメータは RFC 3261 の一部ではないし、従って CUCM は」ヘッダー フィールドによる SIP シグナリング「でパラメータが含まれていません。

概要コールフロー シナリオ

上のシナリオでは、携帯無線電話受話器のエンドポイントの CUCM と MotoPBX システム間の着信 SIP コールセットアップにおいての問題があります。 CUCM が SIP を受け取るとき「rport」パラメータの MotoPBX から、それ送信します」ヘッダー フィールドによって「の「rport」パラメータなしで 200 の OK 応答を誘って下さい。 また、他の少数のフィールドは「リモート パーティ ID」追加されます、MotoPBX が確認しない Session Description Protocol (SDP) メッセージ ボディの「P アサート識別」ヘッダー フィールドおよび帯域幅 情報のような。 コールセットアップは RFC 準拠性問題が原因で失敗します。 このように、コールセットアップ問題を軽減するため、設計されている着信 SIP から「rport」パラメータを誘う取除くあり、同じ SIP への発信 200 OK 応答の「rport」パラメータを誘います MotoPBX によって送信 されて 追加 します SIP 正規化スクリプトが。 スクリプトはまた以前に述べられるように他のヘッダー フィールドを削除します。

SIP 正規化スクリプト

M={}
function M.inbound_INVITE(msg)                     /*Incoming SIP Invite*/
local invite = msg:getHeader("Via")
local rport=string.gsub(invite,"rport","")         /*Remove rport parameter*/
msg:modifyHeader("Via", rport)
end
function M.outbound_200_INVITE(msg)                 /*Outgoing 200 OK response*/
msg:addHeaderValueParameter("Via","rport","5060")   /*Populating rport with 5060*/
msg:removeHeader("P-Asserted-Identity")             /*Removing headers
and bandwidth information*/
msg:removeHeader("Remote-Party-ID")
local sdp = msg:getSdp()
local sdpremove=string.gsub(sdp,"b=TIAS:%d%d%d%d%d","")
local sdp=string.gsub(sdpremove,"b=AS:%d%d","")
msg.setSdp(sdp)
end
return M

SIP シグナルメッセージを確認して下さい

受信 SIP は MotoPBX から誘います

INVITE sip:8888@10.10.21.14;user=phone SIP/2.0

Via:SIP/2.0/UDP192.168.5.10:5060;
branch=z9hG4bK3ad3379d104e957767cf471e77bf2738;rport

「rport」パラメータが取除かれた後正規化 CUCM に送信 されて誘って下さい

INVITE sip:8888@10.10.21.14;user=phone SIP/2.0

Via: SIP/2.0/UDP 192.168.5.10:5060;
branch=z9hG4bK3ad3379d104e957767cf471e77bf2738;

正規化の前の MotoPBX への 200 OK 応答発信

Via: SIP/2.0/UDP 192.168.5.10:5060;
branch=z9hG4bK3ad3379d104e957767cf471e77bf2738;

From: <sip:2202@192.168.5.10;user=phone>;
tag=60817f1777729d1062239475498676f4

To: <sip:8888@10.10.21.14;user=phone>;
tag=107~f59e0381-0cdb-4ad3-b769-99c8c3c177c4-20600964

Date: Thu, 27 Feb 2014 03:22:02 GMT

Call-ID: 3f42d82e786bf9f332567ca566f3c1dd

CSeq: 1 INVITE

Allow: INVITE, OPTIONS, INFO, BYE, CANCEL, ACK, PRACK, UPDATE, REFER, SUBSCRIBE, NOTIFY

Allow-Events: presence, kpml

Supported: replaces

Supported: X-cisco-srtp-fallback

Supported: Geolocation

Session-Expires: 5000;refresher=uas

Require: timer

P-Asserted-Identity: "Kosal-LT" <sip:8888@10.10.21.14>

Remote-Party-ID: "Kosal-LT" <sip:8888@10.10.21.14>;party=called;screen=yes;privacy=off

Contact: <sip:8888@10.10.21.14:5060>

Content-Type: application/sdp

Content-Length: 232

v=0

o=CiscoSystemsCCM-SIP 107 1 IN IP4 10.10.21.14

s=SIP Call

c=IN IP4 10.10.21.14

b=TIAS:64000

b=AS:64

正規化発信 200 OK 応答

SIP/2.0 200 OK

Via: SIP/2.0/UDP 192.168.5.10:5060;
branch=z9hG4bK3ad3379d104e957767cf471e77bf2738;;rport=5060

From: <sip:2202@192.168.5.10;user=phone>;tag=60817f1777729d1062239475498676f4

To: <sip:8888@10.10.21.14;user=phone>;
tag=107~f59e0381-0cdb-4ad3-b769-99c8c3c177c4-20600964

Date: Thu, 27 Feb 2014 03:22:02 GMT

Call-ID: 3f42d82e786bf9f332567ca566f3c1dd

CSeq: 1 INVITE

Allow: INVITE, OPTIONS, INFO, BYE, CANCEL, ACK, PRACK, UPDATE, REFER, SUBSCRIBE, NOTIFY

Allow-Events: presence, kpml

Supported: replaces

Supported: X-cisco-srtp-fallback

Supported: Geolocation

Session-Expires: 5000;refresher=uas

Require: timer

Contact: <sip:8888@10.10.21.14:5060>

Content-Length: 213

Content-Type: application/sdp

v=0

o=CiscoSystemsCCM-SIP 107 1 IN IP4 10.10.21.14

s=SIP Call

c=IN IP4 10.10.21.14

t=0 0

前例は SIP 正規化を、SIP トランクの SIP プロファイルの下で適用されられたとき、解決します相互運用性 の 問題を示し、SIP コールセットアップは問題なしで起こります。



Document ID: 118765