クラウドおよびシステム管理 : Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

リーフ ハードウェア障害リカバリ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はアプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ハードウェア上の問題が壊れた原因がある ACI)モードのリーフ スイッチを取り替えるためにプロセスを説明したものです。

ロバート Correiro によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

現在およびはたらく ACI ファブリックがあります。 リーフは失敗しました、ファブリックの以前に機能および一部だった。 これはハードウェア障害が原因であり、リーフは取り替えられる必要があります。

解決策

リーフを取り替えるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 壊れるリーフが現在動力を与えられる場合、それをオフにするために電源コードを取除いて下さい。
  2. アプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APIC)から GUI、ファブリック > コンポーネント > 到達不可能なノードを選択して下さい。 壊れるリーフは数分間オフになった後ここにリストされています。 「名前」および「ノード ID」を書き留めて下さい。
  3. 壊れるリーフを解放 し、コントローラからそれを取除いて下さい。
    1. 作業ペインのリーフを選択して下さい。 操作ドロップダウン リストから、解放 します選択して下さい。

    2. Controllerオプション・ボタンからの取除をクリックし、『OK』 をクリック して下さい。

      ヒント: 「コントローラから」オプション完全に削除します ACI ファブリックからノードを取除けばシリアル番号はノード ID から引き離されます。 ノードが一時的にメンテナンスのために電源がオフになっている必要がある場合同じノードが同じノード ID を用いるたとえばファブリックを再合同させること予期と「規則的な」オプションが一時的に ACI ファブリックからノードを削除するのに使用されています。

      : ノードの後でそれかかり APIC GUI から、消えることができます取除かれるべきそれのための 5-10 分解放 されます。

  4. 壊れるリーフをラックから取除き、置換をインストールして下さい。 新しいリーフは独立方式に(起動後)入ります NX-OS を実行する。
  5. リーフのブートフラッシュに ACI イメージをロードするためにこの 3 つのオプションの 1 つを完了して下さい。
    • オプション A -ブートフラッシュに USB ドライブから ACI イメージをコピーして下さい。 USB ドライブ(usb1 のコンテンツをリストして下さい: または usb2:) ACI イメージ名のためにこれを完了するため:
      switch# dir usb1:
      switch# copy usb1:aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin bootflash:
    • オプション B -イネーブル Secure Copy(SCP) サービス APIC からの ACI イメージを押すため。 IP アドレスの管理 0 インターフェイスを設定して下さい、管理 バーチャルルーティングおよびフォワーディング(VRF)例のためのデフォルト ゲートウェイを設定し、SCP サーバ 機能を有効に して下さい。
      switch# configure terminal
      switch(config)# interface mgmt 0
      switch(config-if)# ip address ipv4-address{ [/length] | [subnet-mask]}
      switch(config-if)# no shutdown
      switch(config-if)# exit
      switch(config)# vrf context management
      switch(config-vrf)# ip route 0.0.0.0/0 default-gw-ip
      switch(config-vrf)# exit
      switch(config)# feature scp-server
      switch(config)# exit
      switch# copy running-config startup-config

      : 続行する前に、管理 VRF から APICs の 1 つを ping できることを確認して下さい。

      APIC のこのコマンドを入力して下さい:

      admin@apic:~> 
      scp /firmware/fwrepos/fwrepo/<aci_image.bin> admin@<node-mgmt-ip>:<aci_image.bin>

      : <aci_image.bin> は APIC にある ACI スイッチ イメージのファイル名です。 スイッチで前もって設定された <node-mgmt-ip> は管理IPアドレスです

      ヒント: ACI スイッチ イメージ名は aci-n9000 から常に始まります。

    • オプション C -アクセス可能な SCP/FTP/TFTP サーバからイメージをコピーして下さい。 IP アドレスの管理 0 インターフェイスを設定し、管理 VRF 例のためのデフォルト ゲートウェイを設定し、ブートフラッシュにイメージをコピーして下さい。 この例は SCP を使用します。
      switch# configure terminal
      switch(config)# interface mgmt 0
      switch(config-if)# ip address ipv4-address{ [/length] | [subnet-mask] }
      switch(config-if)# no shutdown
      switch(config-if)# exit
      switch(config)# vrf context management
      switch(config-vrf)# ip route 0.0.0.0/0 default-gw-ip
      switch(config-vrf)# end

      サーバが管理 VRF から ping され、次にサーバからブートフラッシュにイメージをコピーできることを確認して下さい。

      switch# 
      copy scp://scpuser@10.0.0.10/path/to/aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin bootflash: vrf management

      dir bootflash を入力して下さい: コマンドはスタンドアロン スイッチに ACI イメージを確認するために正常に転送しました。

  6. ACI モードにスタンドアロン リーフを変換して下さい。 リーフが NX-OS バージョン 6.1(2)I3(3) または それ 以降を実行する場合、方式 1.を使用して下さい。 さもなければ方式 1 が失敗した場合、使用 方式 2.方式 2 もバックアップとして使用されるかもしれません。
    • 方法 1

      テストされる NXOS ソフトウェア: n9000-dk9.6.1.2.I3.3a.bin
      テストされる ACI ソフトウェア: aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin

      スタンドアロン ノードのこれらのコマンドを入力して下さい:

      switch# configure terminal
      switch(config)# boot aci bootflash:<aci_image.bin>
      switch(config)# reload
    • 方式 2

      テストされる NXOS ソフトウェア: n9000-dk9.6.1.2.i2.1.bin
      テストされる ACI ソフトウェア: aci-n9000-dk9.11.0.2j.1.0-2j.bin

      スタンドアロン ノードのこれらのコマンドを入力して下さい:

      switch# configure terminal
      switch(config)# no boot nxos
      switch(config)# end
      switch# copy running-config startup-config
      switch# reload

      これはスイッチの「loader>」プロンプトに(起動後)入るために原因になります。 ACI イメージ名のためのブートフラッシュのコンテンツをリストするために dir コマンドを入力して下さい。

      boot<aci_image_name.bin> コマンドで ACI イメージを起動して下さい。

      リーフはファブリック ディスカバリ状態の ACI モードに(起動後)入ります。 パスワード無しのユーザ名 admin のログイン。

  7. リーフのブート変数を設定 するために dir コマンドからのイメージ名を使用して下さい:
    (none)# dir bootflash
    (none)# setup-bootvars.sh <aci_image_name.bin>
  8. ブート変数がきちんと設定 されたことを確認するためにこれらのコマンドを入力して下さい:
    leaf# cat /mnt/cfg/0/boot/grub/menu.lst.local
    boot aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin
    leaf# cat /mnt/cfg/1/boot/grub/menu.lst.local
    boot aci-n9000-dk9.11.0.3f.bin
  9. APIC GUI では、ファブリック > コンポーネント > ファブリック メンバシップを選択して下さい。 新しいリーフは作業ペインの行としてリストされています。 行をダブルクリックし、同じ「ノード ID」および前のリーフからの「ノードネーム」を割り当てて下さい。

    リーフは IP アドレスを受け取ります、APIC GUI に反映される。

    新しいリーフは今十分に ACI ファブリックに加入し、APIC は自動的にすべての関連したポリシーを押下げます。 この場合、ノード ID 102 のリーフは失敗しました。 同じノード ID を与えられたそれは別のリーフと取替えられました。 APIC はそれからそれ以上の設定のための必要なしで新しいリーフにノード 102 に関連したすべてのポリシーを押下げます。

    コマンド・ライン ホスト名- New ノードへの変更は入力されたものがポリシーを確認する APIC GUI に反映するために、押下げられました。



Document ID: 118865