セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA システム状態 パラメータおよびシステム状態 チェック

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はシステム状態 パラメータのハイレベルな概要を提供したもので、関連するシステム状態は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)でチェックします。

スティーブン バイヤーおよびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は電子メールまたはそれ以降のための AsyncOS 9.5 を実行する ESA に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

システム状態 パラメータとは何か。

システム状態 パラメータは CPU使用を、workqueue の最大メッセージ監視するために、アプライアンスで設定 されるしきい値等です。 これらのパラメータに交差すればアラートを発信するために設定することができるしきい値があります。 システム状態 パラメータはからシステム構成 > システム状態によってまたは CLI コマンド healthconfig アプライアンス GUI 見つけることができます。

: 完全な詳細および設定の参考のシステム状態 パラメータのためのしきい値を、設定する電子メール ユーザガイドのための Cisco AsyncOS を検討して下さい。

図 1: システム状態 デフォルトのパラメータ

パラメータによって、値はレポート グラフでそれから GUI によって表示するとき表されます。 たとえば、全面的な CPU使用グラフ(モニタ > システム 容量 > システム 負荷)を表示する場合、一定 85% しきい値を示す赤線が表示されます:

図 2: 全面的な CPU使用例

しきい値が超えれば、そしてアラートが有効に なれば、例と同じような情報メッセージは図 3 送信 されます:

図 3: システム状態のためのアラート電子メール例

システム状態 チェックとは何か。

システム状態 チェックはマシンの歴史的リソースの消費がそれが安定 した一度行い、実行するようにした ESA のパフォーマンス履歴の外観が次のコードのバージョンに助けるためにそれの確認をアップグレードされる自動化されたツールです。 システム状態 チェックはシステム状態 パラメータのサブセットです。 システム状態 チェックはアップグレードで自動的に引き起こされましたり、また手動で動作することができます。 GUI から、> システム状態 > 「実行されたシステム状態 チェック…」『System Configuration』 を選択 して下さい。 CLI から、healthcheck コマンドを入力して下さい。

健康診断では、ステータスから得られる ESA の歴史的パフォーマンスデータのアプライアンス外観は潜在的な問題を強調表示するアップグレード チェック結果を記録 し、計算します。

潜在的なアップグレードの問題を分析して下さい


図 4: システム状態 チェック ツールおよび潜在的な分析結果

システム状態 チェックによってどんなデータが分析されますか。

システム状態 チェックは ESA のステータス ログからの歴史的メール トラフィックデータを、この表にリストされている特にキーメトリック読み込みます:

メトリックしきい値(Threshold)説明
WorkQ500WorkQ は ESA の主要なパーフォーマンス測定単位メトリックです。 WorkQ はアプライアンス(すなわち、Antispam、ウイルス対策のセキュリティ エンジンによって分析を優先順位作業待ち行列で、等)待っているメッセージのメジャーです。 Workqueue に 500 の数のバックログの履歴が平均するとあるとき、アップグレード チェックは処理するメール「で」を遅延示します。
CPULd85パーセント CPU負荷か CPU稼働率: CPU が 85% にまたはまたはもっと一貫して達する場合、健康診断の結果「リソース 保存 モード」を返すアプライアンスはリソース 保存 モードに入ります。
RAMUtil45パーセント Ram 利用: アプライアンスによって使用される RAM が 45% を平均すると超過する場合、健康診断は「ハイメモリ 使用方法」を表示する。
SwapThreshold5000スワップしきい値: ステータスからの得られた数は、SwPgOut 等号と SwPgIn SwapThreshold 記録 します。 歴史的ステータス ログデータの健康診断 ツールそして外観はスワップ ページ しきい値より大きいパーセントとしてのエントリを計算し。 健康診断結果は「ハイメモリ」ページ スワッピングです。

治療計画

治療計画はメッセージ フィルターの最適化からのデシジョンへの異なるアプローチでロードを処理するために電子メール環境が追加アプライアンスを使用する可能性があること、構成される場合があります。

アーキテクチャに関して、ソフトウェアのバージョンと含まれている中央集中型管理またはクラスタ 機能を利用することを忘れないようにして下さい。 クラスタ 機能はクラスタのすべてのアプライアンスへのコンフィギュレーションの設定/変更をコピーするとき管理上の作業を簡素化するので、高可用性の電子メール アーキテクチャのメンテナンスで特に有利です。

アップグレード チェックによって強調表示される問題の解決を助けるべきリソースのリストは表で利用できます。

Cisco Technical Assistance Center (TAC)は機能強化のための質問および概念を歓迎します。 ESA の(supportrequest コマンドを入力して下さい)およびまた Web GUI ヘルプによるサポート 要求 機能が付いている新しい Cisco TAC ケースを始めること自由に感じて下さい: テクニカル サポートに連絡して下さい。

チェック結果をアップグレードして下さい説明/治療オプション
メール処理の遅延処理 遅延を郵送して下さい、別名電子メール アーキテクチャを分析し、メール ロードを処理するために追加アプライアンスを考慮し制限する比率を設定しアプライアンスにリスナーで同時接続を制限するとき Workqueue バックアップは、一般的に解決されます。 アプライアンスはまたある特定のサービスをディセーブルにするとき送信 メールのための antispam のようなリソースを自由に使えるようにするために設定できます。
リソース 保存 モードESA FAQ のリソース 保存 モードについて詳細を読んで下さい: ESA のリソース 保存 モードはである何か
ハイメモリ 使用方法ハイメモリ 使用方法は一般的に Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) キャッシュのようなキャッシュ設定がデフォルトより高く行われることを意味します。 アプライアンスのしきい値設定を検討し、デフォルト設定の近くにとどまることを考慮して下さい。
ハイメモリ ページ スワッピング「高いメッセージ フィルター」を頻繁に表した、「ハイメモリ」ページ スワッピング結果はメッセージ フィルターを分析し、辞書のような多量の RAM を利用するフィルター用の代替を考慮する機会があることを意味する可能性があります。

関連情報



Document ID: 118881