音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)

VC/高速道路設定例の CUCM に登録されているエンドポイントからの IP アドレスにダイヤルして下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

ソリューションとして Cisco ビデオ コミュニケーション サーバ(VC)または Cisco 高速道路を持つ Cisco Unified Communications Manager (CUCM)に登録されているエンドポイントからの IP アドレスにどのようにダイヤルできるかこの資料に記述されています。

Alok Jaiswal および Ishan Sambhi によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco VC/高速道路の隣接ゾーン
  • Cisco VC/高速道路の変換および検索ルール
  • CUCM の Session Initiation Protocol (SIP) ルートパターンおよび SIP トランク

: VC 高速道路/高速道路E の方の VC コントロール/高速道路C からの走査ゾーンがアクティブであることが、そしてインターワーキング キーが VC/高速道路でインストールされていることこの資料で仮定されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco VC x8.1 およびそれ以降
  • CUCM リリース 9 およびそれ以降

: 同じ資料は高速道路シリーズ配備に使用することができます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

CUCM は IP アドレス ダイヤルをサポートしません。 ダイヤルする IP アドレスを使用したいと思う場合 Cisco はこの技術情報に説明がある 2 つの手順の 1 つを推奨します。 使用例例は H.323 エンドポイントにダイヤルするために IP アドレスによって CUCM に登録されていたエンドポイントのためです。

オプション 1

  • ストリングが SIP 定型 資源 識別子 (URI)に類似しているように、IP アドレスにサフィックスを追加して下さい。
  • たとえば、IP アドレス 198.51.100.2 にダイヤルするために、ユーザは 198.51.100.2@domain をダイヤルします。
  • Admin はダイヤルするために < IP アドレス >@domain ユーザを教育しなければなりません。 このドメインは団体内部 ドメインまたはダミーのドメインのどれである場合もあります。 この資料は VC ドメインの使用に基づいています。

オプション2

  • ストリングに IP アドレスを回すためにシンボルとドットを取り替えて下さい。
  • たとえば、IP アドレス 198.51.100.2 をダイヤルするために、ユーザは 198*51*100*2 をダイヤルします。

: 両方のオプションでは、高速道路E は H.323 プロトコルの IP アドレスを呼出すことを試みます。 目的地終端点が H.323 をサポートしない場合、SIP UDP を有効に して下さい。 さもなければ SIP UDP をディセーブルにしておいて下さい。

設定

: この設定は以前に示されたオプションの両方に適当です。

CUCM の設定

CUCM で、管理者は 5060 が TCP によって CUCM の方の VC で使用されるポートであると)ポート 5060 の VC のための SIP トランク セキュリティプロファイルを設定しなければなりません(これは仮定します。

: モービルおよびリモートアクセス(MRA)のためにポート 5060/5061 を使用したら、別の TCPポートを使用して下さい(5075)のような SIP トランク セキュリティプロファイルのために。

システム > Security > CUCM の SIP トランク セキュリティプロファイルを選択し、『Add New』 をクリック して下さい。

このスクリーン ショットに示すように SIP トランク セキュリティプロファイルを作成して下さい。

CUCM で、VC コントロール/高速道路C の方の SIP トランクを追加して下さい。

Device > Trunk の順に選択 し、『Add New』 をクリック して下さい。

これらの幹線設定は設計依存です。

VC 制御 コンフィギュレーション

CUCM の方の VC コントロール/高速道路C の隣接ゾーンを作成して下さい。

> ゾーン > ゾーン 『Configuration』 を選択 し、ゾーンを追加するために『New』 をクリック して下さい。

これらのゾーンの設定は設計依存です。

未知 IP アドレス パラメータへの呼び出しが VC コントロール/高速道路C の間接に設定 されるようにして下さい。 そうするために、> ダイヤル プラン > 設定 『Configuration』 を選択 して下さい。

VC 高速道路設定

未知 IP アドレス ドロップダウン リストへの呼び出しでは、VC 高速道路/高速道路E の直接を選択して下さい。 VC 高速道路/高速道路E で検索ルールが IPベース呼び出しをルーティングするために必要となりません。

オプション 1 - IP アドレスにサフィックスを追加して下さい

CUCM で、VC コントロール/高速道路C トランクサフィックスの呼び出しをように vcs.domain 送るために SIP ルートパターンを追加して下さい。

> SIP ルートパターン 『Call Routing』 を選択 し、『Add New』 をクリック して下さい。

ここに示されているように SIP ルートパターン設定を行って下さい。

VC で IP アドレスがダイヤルされるとき、トランスフォームしますエイリアスのストリップ ドメイン部分を制御して下さい/高速道路C。

> ダイヤル プラン > 変換『Configuration』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい

ここに示されているようにトランスフォームを作成して下さい。

VC で IP アドレスがダイヤルされるとき VC 高速道路/高速道路E にコールを発信する検索ルールを必要とする高速道路/制御して C。

> ダイヤル プラン > 検索ルール『Configuration』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい。

VC 高速道路/高速道路E の方のこの検索ルールを作成して下さい。

オプション 2 -ストリングに IP アドレスを回して下さい

CUCM でパターンの呼び出しを発信するためにルートパターンを追加して下さい! *! *! *! VC にトランク制御して下さい/高速道路C。

> ルート/ハントする > ルートパターン 『Call Routing』 を選択 し、『Add New』 をクリック して下さい

ここに示されているように新しいルートパターンを追加して下さい。

VC でエイリアスを「*」に「」。修正するトランスフォームを必要とする高速道路/制御して C IP アドレスがダイヤルされる時。

> ダイヤル プラン > 変換『Configuration』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい

ここに示されているようにトランスフォームを作成して下さい。

VC で IP アドレスがダイヤルされるとき VC 高速道路/高速道路E にコールを発信する検索ルールを必要とする高速道路/制御して C。

> ダイヤル プラン > 検索ルール『Configuration』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい。

VC 高速道路/高速道路E の方のこの検索ルールを作成して下さい。

: SIP UDP モードが有効に なる場合、VC 高速道路/高速道路E はネイティブ コールとして SIP コールを最初に開始します。 デスティネーションデバイスが SIP に応答しなかったら、VC 高速道路/高速道路E 標準コール ネゴシエーション タイムアウト(およそ 32 秒)までの SIP UDP コールを実行し続けます誘います。 それは設計されていた動作としてコールを相互に作用する H.323 にそれから背部下ります。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

前の手順が完了したら、IP アドレス ストリングとしてか追加 される ドメインとの IP アドレスに(これは選択した設定 オプションに依存しています)ダイヤルし、遠端作業にかどうかコール参照して下さい。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

collect システム CUCM からの診断インターフェイス/Signal Distribution Layer (SDI/SDL)ログおよび VCS コントロール/高速道路C および VCS 高速道路/高速道路E からの「デバッグ レベル」診断 ログを詳述しました。 以前のコンフィギュレーション ステップが完了した後呼出すことがはたらかない場合分析に Cisco Technical Assistance Center (TAC)にこれらのログを提供します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118884