音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Business Edition 7000

VM 改造なしで RAID5 二倍になる単一 RAID5 音量からの BE7000 移行アレイ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は方法に関するプロセスを 2 にワールド・トゥデイ 7000 サーバを単一で設定される、12 ディスク Redundant Array of Independent Disk (RAID) 5 音量変換する 6 ディスク RAID 5 つの音量説明したものです。

ライアン Ratliff によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

Cisco ワールド・トゥデイは 2014 の August 前に manufacturered 7000 の単一のファクトリから(BE7K)サーバ、12 ディスク RAID 5 仮想ドライブ 提供された。 このサーバおよび等量が参照用 コンフィギュレーション(TRC) (C240 M3 SFF TRC2)をテストしたことユニファイド コンピューティング システム(UCS)ドキュメントの Unified Communication (UC)は規定 します 使用 6 枚のディスクの 2 つの RAID 5 仮想ドライブそれぞれ。

UCS C240M3 のアレイ設定を変更する場合、再構成されるディスクのすべてのデータを消します。 これは ESXi が再インストールする必要があること、そして ESXi ライセンスを再適用し、ESXi を再構成し、この移行を完了するために仮想マシン(VM)を復元する必要があることを意味します。

BE7K に不正確で仮想 な ディスクの設定があるとき識別することは容易です。 vSphere クライアントでは、ホーム > コンポーネント > コンポーネントへのナビゲート。 次に左の BE7K サーバ、および Configuration タブを選択して下さい。 最終的には、ストレージを選択し、データストアを選択されます確認して下さい。

これは、vSphere クライアントからの 12 ディスク RAID5 仮想ディスク datstore が単一の BE7K のためにのように見えるものにです。

: ローカルディスク データストアに 2.99TB のキャパシティがあります。

これは 2 6 ディスク RAID 5 仮想ディスクで正しく設定されたときなんと BE7K のように見えるべきであるかです。 

: 2 ローカルディスク データストアにそれぞれ領域の 1.35TB があります。

解決策

このプロセスをできるだけ簡単にするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. BE7K で動作するすべての VM のアプリケーション レベル バックアップを奪取 して下さい。

  2. ESXi 設定およびライセンスをバックアップして下さい。 (vSphere コマンドラインインターフェイスおよび vSphere PowerCLI (2042141)詳細については技術情報参照して下さい。)を使用して ESXi バックアップし、復元する 設定を

  3. ローカル データストアのすべての VM を移動して下さい。 これを実現するには、次の 2 通りの方法があります。
    • vMotion 別のものへの VM ホストおよびデータストア。
    • 段階的に VM をシャットダウンし、ローカル データストアで外部 ストレージ 位置にすべてをコピーして下さい。


  4. BE7K をリブートし、2 枚の 6 ディスク RAID 5 論理的なディスクとの RAID アレイを再構成して下さい。

  5. ESXi を再インストールして下さい:


  6. すべての VM を BE7K に戻し、バックアップ開始して下さい。

詳細な使用説明書

VM のアプリケーション レベル バックアップを奪取 して下さい

バックアップを奪取 し、安全な位置にそれを保存するために UC アプリケーションのための Cisco.com ドキュメントの手順に従って下さい。 障害回復 システム(DR)を使用するアプリケーションに関しては、セキュアシェル FTP (SFTP)サーバは明らかな原因で BE7K でホストするべきではありません。

バックアップ ESXi 設定およびライセンス

vSphere CLI へのアクセス権を得、バックアップを行うために VMware これら二つの KB 技術情報を参照して下さい。

 方法の例は設定をバックアップするために ESXi シェルを使用するここにあります。

~ # vim-cmd hostsvc/firmware/sync_config
~ # vim-cmd hostsvc/firmware/backup_config
Bundle can be downloaded at : http://*/downloads/
configBundle-RTP-CUCM-BE7K-1.cisco.com.tgz

この例の場合、https://rtp-cucm-be7k-1.cisco.com/downloads/configBundle-RTP-CUCM-BE7K-1.cisco.com.tgz からバックアップ アーカイブをダウンロードできます。

このバンドルのコンテンツは license.cfg ファイルが含まれています。 これは ESXi バックアップおよびリストア操作がライセンスが含まれていることを確認します。

ローカル データストアを離れて VM を移動して下さい

BE7K が VCenter 配備の一部である場合、VM は共用記憶機構に移行する必要があります従って BE7K がメンテナンスの下にある間、代替ホストで実行することができます。 利用可能 な 共用記憶機構がない場合プロセスはここに記述されているようにあります:

  1. 段階的におよび電源遮断にシャットダウンされる BE7K のすべての VM。

  2. 代替 ロケーションに BE7K データストアのすべてのファイルをコピーするために vSphere クライアントを使用して下さい。

代替ストレージ ロケーションが BE7K データストアで VM および他のコンテンツを保存して利用できない場合その他のオプションが探索することができるように Cisco Technical Assistance Center (TAC) サービス リクエスト(SR)を開いて下さい。 この問題のための TAC SR を開くときこれを引用することを文書忘れないでいて下さい。

アレイを再構成して下さい

2 枚の 6 ディスク RAID5 論理的なディスクのためのアレイを再構成するために仮想サーバの Cisco コラボレーションのステップに従って下さい。 バック アップとして BE7K で余分ハードディスク ドライブ(HDDs)を使用する場合、RAID 0 ドライブ グループを削除しないか、または preboot GUI コンフィギュレーション ウィザードの設定を『New』 を選択 するようにに気を付けて下さい。

ESXi を再インストールし、再構成して下さい

  1. ESXi をインストールする方法についてよくわからない場合 vSphere インストールおよびセットアップのステップに従って下さい。

  2. ESXi 設定バックアップされる vSphere コマンドラインインターフェイスおよび vSphere PowerCLI を使用して ESXi 設定をバックアップすることおよび復元するの手順に従えば(2042141) バックアップを復元するため。

  3. ESXi インストーラが追加データストアを作成しないので、仮想マシン ファイル システム(VMFS)音量として ESXi に第 2 を、1.35TB 仮想ディスク追加するために vSphere クライアントを使用して下さい。

      1. ストレージ 設定に行き、Add ストレージへのリンクをクリックして下さい。



      2. 追加ストレージ ウィザードでは、これらの選択をして下さい:

        1. ストレージ型にディスク/Lun を選択して下さい。

        2. 複数のオプションが利用できる場合、1.36TB のキャパシティのディスクを選択して下さい。

        3. データストアに名前をつけるためにプロンプト表示されるまでウィザードの他にデフォルトを選択して下さい。


      完了されたとき、使用するために利用可能 な 2 1.3TB データストアを見るはずです。

ローカル データストアに VM を戻して下さい

このステップはどんな方式を古いデータストアの VM をコピーするのに使用した反転の単にです。

BE7K に戻って共用記憶機構からの VM を移行するために vCenter を使用する場合 VM は移行される直後に動力を与えることができます。 データストアに手動でファイルをコピーし直す場合、動力を与えることができる前に ESXi に再び VM をインポートするために vSphere クライアントを使用して下さい。

ファイルを移動するために vSphere データストア ブラウザを使用した場合それは ESXi に再び VM をインポートするとき本当らしいですここに見ますもののようなメッセージを。 VM が、移動またはコピーされ、かどうか(適切として)選択して下さい続行するために『OK』 をクリック して下さい。

: このプロセスが 2.99TB からの 2 つの別々の 1.39TB 音量に前のデータストアのサイズを減らしたので、それは可能性のある 単一 データストアに BE7K の合わないコピーされたファイルです。 これが事実である場合、2 データストア間の VM を配る必要があり両方に沢山の空き容量を残すことを確かめます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118847