コラボレーション : Cisco MediaSense

MediaSense バージョン 10.5(1)SU1 インライン プレーヤー ブラウザ要件

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Internet Explorer (IE)バージョン 11 (IE11)と新しいインライン プレーヤー機能を使用するように試みるとき Cisco MediaSense バージョン 10.5(1)SU1 と直面し、問題にソリューションを示す問題を記述したものです。

ブレンダンすねによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

MediaSense バージョン 10.5(1)SU1 はメディアを流すために別途の Javaアプリケーションを起動させることを必要としない、ブラウザの新しい Media Player を直接有効に する オプションをもたらしました。 示されているように MediaSense 管理 ページによってこの機能を、有効に することができます:

: この機能は Mozilla Firefox バージョン 24 および それ 以降、IE バージョン 9 (IE9)、および IE11 で公式のサポートを提供されます。

問題

IE11 によってインライン プレイヤー機能を使用するように試みるときこのエラーメッセージを受け取ります:

解決策

MediaSense がブラウザに自己署名証明書を示す場合、ブラウザによって信頼されるようにして下さい。

ヒント検索にナビゲート し、MediaSense サーバの完全修飾ドメイン名 (FQDN)によってアプリケーションをするとき、IE11 アドレスバーは認証が信頼されない場合レッドになります。

自己署名証明書はブラウザの前の信頼されたルート 認証局がシグニチャを信頼すると同時に扱う必要があります。 自己署名証明書を信頼されたルート認証局 ストアに置き、前述問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Certificate エラー 警告メッセージをクリックし、認証を『View』 を選択 して下さい。

  2. ホスト名およびドメインが MediaSense サーバを一致する、『install certificate』 をクリック することを確認して下さい。

  3. Certificate import ウィザードから、『Place all certificates in the following store』 を選択 し、『Browse』 をクリック して下さい。

  4. [Trusted Root certification Authorities] を選択します。

  5. [Next] をクリックし、次に [Finish] をクリックします。

  6. 認証はきちんとインポートしたことを確認するためにポップアップ ウィンドウが現われると『Yes』 をクリック して下さい。

    : IE9 に次の 3 つのステップが必要となりません。

  7. Tools メニューにナビゲート し、インターネット オプションを選択して下さい。

  8. Advanced タブをクリックし、設定リストの下部のにスクロールして下さい。

  9. 認証 アドレス ミスマッチ チェックボックスについての警告のチェックを外して下さい。 この設定は認証がロードされる時でさえ、インライン プレイヤーの実行を防ぎます。



  10. 変更が実施されることができるように IE を再起動して下さい。

  11. インライン プレイヤーが適切に機能することを確認して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118845