ビデオ : Cisco TelePresence MSE 8000

NIC カードおよびシャーシ両方と監視された場合 MSE 8000 ディスプレイ アラーム

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は同時の Network Interface Cards (NIC) カードのシャーシおよびイーサネットポート両方との MSE シャーシのパワー シェルフ ユニット(PSU)を監視するときシャーシのアラームを参照するところで直面する問題を記述したものです。

Ishan Sambhi によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

MSE シャーシの PSU はスーパバイザ MSE 8050 シリーズ ブレードまたは Web、Telnet、または簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)によって PSU にアクセスを可能にするイーサネットに接続するヴァレール NIC と監視することができます。

次の画像に、MSE 8000 シリーズの DC 電源シェルフを示します。

この NIC カードはパワー シェルフにそれを監視するために挿入することができます。

問題

多くの場合 NIC カードによってシャーシおよびイーサネット アクセス両方を用いるパワー シェルフのステータスを監視する顧客の試みによりこれらのアラームはシャーシで表示することが見られます。

アラームログはこのログを示します:

解決策

パワー シェルフは同じユーザネームを使用する、従ってこのアプリケーションの使用によりスーパバイザ ブレードによってパワー シェルフ モニタリングは壊れますシリアル ログオンと同時に IP アドレス ログオンをサポートしません。 従って、Cisco はイーサネットおよびシリアル接続によってパワー シェルフを同時に監視することを推奨しません。 それらの 1 切る場合、問題を解決する必要があります。 サポートされた戦略は電源のステータスを監察するのにシリアルケーブル(シャーシ)またはイーサネット(NIC カード)を使用することです。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118820