コラボレーション : Cisco Unified Workforce Optimization

WFO-QM (Calabrio)の記録物のメタデータ タグ付けのための技巧ワークフロー構成

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)技巧作業の流れを設定する Workforce Optimization Quailty マネージャ(WFO-QM)記録にメタデータをタグ付けするために方法についての十分な情報がないところで直面する問題を記述したものです。 この資料により詳しくタグ付けするメタデータを設定する方法を記述されています。

、および Pavan デーブ設計しているによって貢献される、ケヴィン・ムーア、Cisco販売 Cisco TAC エンジニア。

問題

情報が十分ないので UCCX 技巧作業の流れを設定する方法を WFO-QM 記録にメタデータをタグ付けするために詳細が難しさに出会うこと指導に続くパートナー CAD および技巧バージョン 10.5 を品質 管理統合 ガイドでおよび何人かの顧客は提供しました。 

: この追加詳細はまた処理によって注意されるガイドを記録する開始するを設定する、また資料の 10.0 リリースはずですとき有用である。

解決策

正しい処理 設定の例

Name:  <Workflow Name>
Type:  HTTP Request
Handled by:  Finesse Desktop
Method:  Post
Location:  Other <not Finesse>
Content Type:  text/json

UCCX 環境の周辺装置 ID は一般的に 1品質 管理 管理者内のユーザー ID に付加される数として表示することができます: 個人的 > ユーザ 管理

JavaScript オブジェクト 表示法(JSON)フォーマットされていたポスト要求の変数を宣言する正しい構文は次のとおりです: "<variable1>": "<value1>"、"<variable2>": "<value2>"、…

 正しい要求の本体の例

{"peripheral_id" : "1", "sender_id" : "${loginId}",
"metadata": {"account" : "${callVariable1}" ,  "contact" : "${callVariable9}",
"sessionid" : "${callVariable8}", "calltype" : "${callVariable2}", "call_segment"
: "1"  }}

技巧 Admin の作業の流れ例および処理 コンフィギュレーション

ダイアログ(コール)が終了するとき作業の流れが実行された必要があることに注意することもまた重要です。 さもなければメタデータはエージェントの記録にタグ付けされますか。現在の呼び出しへの s 以前の呼び出し、ない:

 


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118831