Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco Unified SIP Proxy

イネーブルにし、収集して下さいトレースをログオンします Cisco によって統一される SIP 委任状(先端)を

2015 年 10 月 17 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この文書は Cisco で利用可能なさまざまなオプションを統一しましたトレース ログをイネーブルに設定し、集めるために SIP 委任状(先端)を記述したものです。 トレースはイネーブルになります、GUI か CLI から集まりました。 この文書は各手順を詳しく説明したものです。

Ansha Nasar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

イネーブル トレース ログ

GUI から

  1. 先端 GUI (http:// < 先端 Module>/の IP アドレス)へのログ。
  2. 解決するために < トレース ナビゲートして下さい。



  3. イネーブル トレース ボックスをチェックし、次に問題を解決し、デバッグするためにレベルを設定するように必須コンポーネントを選択して下さい。
  4. 必須変更を行なった後 Update をクリックして下さい。

CLI から

  1. 先端モジュールにアクセスし、先端モードに行って下さい。

    Router#service-module sM 2/0 session
    Trying 10.106.122.8, 2131 ... Open
    CUSP# cusp
    CUSP(cusp)#


  2. トレースをイネーブルにするために、トレース イネーブル コマンドを実行して下さい:

    CUSP(cusp)# trace enable


  3. 必須先端コンポーネントを選択し、デバッグするためにトレース・レベルを設定して下さい。



  4. 複数のコンポーネントのためのデバッグをイネーブルにするために前のコマンドを繰り返し実行する必要があります。

  5. 提示トレース オプション コマンドで現在のトレース設定を表示できます。

トレース ログ収集

GUI から

  1. 先端 GUI へのログ。

  2. 解決するために > ログ ファイル ナビゲートして下さい。 これは集められたログを表示します。 ファイルを表示するか、またはダウンロードできます。



    : 先端バージョン 8.5(5) およびそれ以降 GUI からのログ・バッファをクリアするためにオプションを提供します。 先端バージョンがバージョン 8.5(5) より早い場合、ログは CLI と手動でクリアする必要があります。



  3. CLI のログをクリアするために、このコマンドを入力して下さい:

    CUSP(cusp)# clear trace log

CLI から

  1. 順序ディスプレイでこのコマンドをログの内容使用して下さい:



  2. スクローリングを壊すために CTRL+C を押して下さい。
  3. 提示トレース ログを使用して下さい | p コマンド トレース出力をページ毎に示すため

から共有ファイル システム(PFS)

トレース ログを集めるもう一つの方法があります。 これは先端が動作するファイル システムの PFS からあります。 PFS は FTP とアクセスすることができます。

  1. ユーザ名を作成し、このユーザに PFS 特権を割り当てて下さい。



  2. 前のステップで定義される信任状が付いているこの URL にアクセスして下さい。 トレース ログが含まれている .log ファイルをダウンロードできます。 CUSP>/cusp/log/trace/の ftp:// <IP

SIP メッセージ ロギング

前のセクションで述べられるトレース ログから離れてセッション開始プロトコル(SIP)メッセージ・ログは先端でまた利用できます。 このログは先端から入って来、出かける SIP メッセージだけを表示します。 GUI からの SIP メッセージ・ログをイネーブルに設定できます。

  1. 解決するために > SIP メッセージ・ログ > 制御ナビゲートして下さい。



  2. SIP メッセージ・ログを調べるために、解決するために > SIP メッセージ・ログ > 検索コール ナビゲートします。

    : SIP 方式を、ルート表および標準化のような先端がいかに処理するか表示するために、トレース ログ要求されます。

ログ貯蔵情報

先端 9.0 およびそれ以降

先端バージョン 9 (バーチャル先端)ではおよび後で、ログ・バッファ サイズは 5 GB まで増加することができます。 このバージョンでは、ログ ファイルのログおよび数を貯えるためにディスク空間を提供できます。

500 に 5 GB およびファイル カウントにログ サイズを設定する設定はここにあります。

Cisco は各ログ ファイルがパフォーマンス向上のために 10 MB であるはずであることを推奨します。

先の先端バージョンより 9.0

先端のより古いバージョンでは、ログ・バッファ サイズは 200MB に設定され、ファイルのトレース ログ・バッファ サイズおよび数を変更する提供がありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118827