音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Prime License Manager 10.5

PLM 設定例の CUCM バージョン 10.x ライセンス 移行

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はプロシージャを記述したものです前の CUCM バージョンからの CUCM バージョン 10.x にアップグレードの後で Cisco Unified Communications Manager (CUCM)ライセンスを移行するために使用する。

Shenbagarajan K.によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこれらのハードウェア および ソフトウェア コンポーネントに基づいています:

  • CUCM バージョン 10.x

  • ライセンス数ユーティリティ(LCU)ツール

  • 主なライセンス マネージャ(PLM)

背景説明

CUCM の以前のバージョンから CUCM バージョン 10.x に移行した後、ライセンスは CUCM バージョン 10.x のための認可が PLM によって管理されるので別々に移行する必要があります。

この移行のための異なるシナリオ 2 つある場合もあります:

  • CUCM の以前のバージョンはバージョン 10.x にアップグレードされ、まだ同じハードウェアで動作します。

  • CUCM の以前のバージョンは別のハードウェアで動作し、新しい バージョン(10.x)は以前のバージョンからのエクスポートされたデータの新しいインストールです。

最初のシナリオでは、CUCM バージョン 9.x 以前のバージョンは Virtual Machine (VM)で動作し、CUCM バージョン 10.x にアップグレードされます。 この場合、移行の後で、製品例は PLM のライセンス 移行 オプションによって対応するライセンスに使用し、変換できるライセンス 詳細が含まれています。 また、認可チームからの新しいライセンス ファイルを得るために移行レポートを使用できます。

第 2 シナリオは移行された CUCM 例がライセンス 詳細が含まれていないところで、Media Convergence Server (MCS)から Cisco Unified Computing System (UCS)に移行を含みます。 このシナリオでは、以前の CUCM バージョンは異なるサーバーで動作します(MCS サーバのような、たとえば)。 同じ CUCM バージョンは UCS に VM でインストールされています、奪取 される バックアップは VM で復元する、それから CUCM バージョン 10.x にアップグレードされます。 この場合、アップグレードされた CUCM は認可に関して CUCM バージョン 10.x の新しいインストールに類似したである古いサーバからのライセンス 情報が含まれていません。

設定

このセクションはプロシージャを記述し CUCM の以前のバージョンが別のハードウェアで動作する、新しい バージョン(ライセンスを移行するために使用する 10.x)は以前のバージョン(二番目のシナリオ 移行)からのエクスポートされたデータの新しいインストールですとき。

以前の CUCM バージョンからのライセンス詳細な情報を取得して下さい

アップグレードを始める前に、以前の CUCM バージョンからのライセンス 詳細を取得して下さい。 ライセンス 詳細を収集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco ダウンロード ソフトウェアページへのナビゲート。

  2. LCU ツール(LCUZIP-Ver9.1.2.zip)の最新バージョンをダウンロードして下さい。

  3. より早い CUCM クラスタからのライセンス レポートを生成するためにツールを前にアップグレード実行して下さい。

: このライセンス 情報はライセンス 移行のための使用された以降です。

PLM のライセンス 移行 要求を生成して下さい

アップグレードが、PLM のライセンス 移行 要求を生成する必要があった後。 要求を生成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CUCM バージョン 10.x 管理 ページ 資格情報との PLM にログイン し、ライセンス廃棄メニューから達成を選択して下さい:



  2. 他の達成オプション廃棄メニューから移行するライセンスを…選択して下さい:



  3. 統一された CM 製品タイプにおよび新しいライセンス バージョンに 10.X を選択し、次に『Next』 をクリック して下さい:



  4. 電流によってアップグレードされる CUCM 例(10.x)を表示するために提示追加統一された CM 製品例 チェックボックスをチェックして下さい。

    : バージョン 10.X (最初移行 シナリオ)およびそれへのバージョン 9.x が有効なライセンスが含まれている以前の CUCM バージョンから同じボックスの VM をアップグレードしたら、利用可能 な製品例リストの以前の CUCM バージョンを見ます。 そして以前の CUCM バージョンを選択し、製品例にリストを移行するために移動できます。




  5. 製品例が利用可能 な製品例で目に見えたらリストしたり、選択したらそれをおよび製品例にそれをリストを移行するために移動するために > ボタンをクリックして下さい。 一度完全『Next』 をクリック して下さい。

  6. このメッセージが表示されると『Continue』 をクリック して下さい:



  7. あらゆるユーザと対応づけられない電話のための共用 空間電話フィールドに値を入力して下さい。 共用 空間電話がないか、または確実でなければ、0 を入力することができます(これは Mandatory フィールドです):



    このページで、前の CUCM バージョンの現在のライセンスのための情報を得ることを可能にする 3 つのオプションがあります:

    • オプション 1: 既に LCU レポートを生成して、また認可チームと開くサービス リクエスト(SR)がある場合 LCU レポートが接続される SR 数を含むことができます。

    • オプション 2: より早い CUCM バージョン セクションからの取得ライセンス 詳細で生成した LCU レポートをアップロードできます。

    • オプション 3:: このオプションは CUCM バージョンにだけ先に適当ライセンスが MCS 配置のメディア アクセス制御(MAC) アドレスに結合 される、または VM 配置のライセンス MAC に限界ですバージョン 9.x より。 すべてのライセンスがデバイス ライセンス ユニット(DLU)情報を得る試みのために結合 される 以降 CUCM バージョンの MAC アドレスを提供します。

    3 つのオプションの 1 つを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

  8. Next ページで、このアップグレードが購入された方法についてのその他の情報を提供して下さい。 有効な契約を使用する場合、契約詳細を提供して下さい。 他 の 手段に関しては、販売 注文 番号を購入に提供し、Cisco Connection Online (CCO) ID をもし必要なら提供し追加詳細を、記述と共に、次に『Finish』 をクリック します及び Generate 要求提供して下さい:

新しいライセンス ファイルを得、インストールして下さい

認可チームからの新しいライセンス ファイルを得、インストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ライセンス 移行 要求(ZIP ファイル)を、ライセンス 移行のために必要である、ダウンロードし認可チームに新しいライセンス ファイル(.bin ファイル)を得るためにそれを送信 して下さい詳細すべてが含まれている。

  2. 認可チームが新しいライセンス ファイルを送信 したら、達成します他の達成オプション廃棄メニューからのファイルからのライセンスを…選択して下さい:



  3. PLM に新しいライセンスをインストールするためにインストール ライセンス ファイル ポップアップ ウィンドウが現われるとき新しいライセンス ファイル(.bin ファイル)をアップロードして下さい:



  4. ライセンスがインストールされていた後、製品例 ページにナビゲート し、『Synchronize Now』 をクリック して下さい:

確認

設定がきちんと機能することを確認するために、ライセンス > 使用方法にナビゲート して下さい。 移行が正常である場合、ライセンス タイプすべてのためのステータスは次 準拠性を現われます:

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報



Document ID: 118836