スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst 6800IA 遭遇偽 %ILET-1-DEVICE_AUTHENTICATION_FAIL" およびブートアップのスタックによって分割される問題

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はハードウェア関連の問題のように最初に見えるかもしれないが、機能したりソフトの欠陥によって引き起こされるインスタント アクセス クライアント/ファブリック エクステンダー(FEX)スイッチとして Catalyst 6800IA スイッチで見つけられる潜在的な問題を記述したものです。 

Mariusz Kazmierski によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

接続された Catalyst 6800IA クライアントを持つ Catalyst 6500/6880 コントローラで、これらのエラー/問題は観察することができます:

  • 「POST: ACT2 認証: 端は、ステータス Power On Self Test (POST)の間にコンソールが 6800IA スイッチに直接接続されるときだけ」および/または目に見えるソフトリセット/リロードの後で 6800IA ブートアッププロセスで監視された "%ILET-1-DEVICE_AUTHENTICATION_FAIL:" メッセージ失敗しました。

  • 「6800IA スイッチの show idprom コマンドを実行する場合の hulc_sfp_iic_intf_read_eeprom sfp _index 3 yeti_iic_read_retry 失敗」エラーメッセージ。

  • 分割されるスタック(スタックはソフトリセット/リロードの間にきちんとケーブル接続されると同時に 2 つの独立 したスタック)起動します。

リセットされるこれらの問題は断続的に発生するかもしれないし、の後でソフト リロード/観察されます。 同時に、これらの現象は Cisco Catalyst 6800IA スタックが/パワーサイクルが行われるハード リロードされるとき起こるべきではありません。

解決策

これらの問題は Cisco バグ ID CSCus26920 によってトラッキングされ、これらのリリースに該当するソフトの欠陥と関連付けられます: 15.1(2)SY、15.1(2)SY1、15.1(2)SY2、15.1(2)SY3、15.1(2)SY4、15.1(2)SY4a、また 15.2(1)SY。 

修正は利用可能 な将来ソフトウェア リリース 15.1(2)SY5 および 15.2(1)SY1 です。

: スイッチの電源コード電源遮断/プラグを抜くハードなブートがアップグレード前に問題に直面するスイッチに必要となるかもしれません。

回避策

回避策に関しては、ハード リロード/パワーサイクル Catalyst 6800IA スタックできます。 



Document ID: 118849