コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX CAD は助言を解決します

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)、Cisco Agent Desktop (CAD)および Cisco Supervisor Desktop (CSD)問題に関するさまざまなトラブルシューティング の 注記の収集として動作します。 この資料はユーザは UCCX および CAD/CSD の基本的な知識があり、ナビゲート し、トレースを収集できると仮定します。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • UCCX
  • CAD
  • CSD
  • Cisco デスクトップ管理者(CDA)
  • Cisco Unified Communications Manager (CUCM か CallManager)
  • Cisco Unified Presence Server(CUPS)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は UCCX バージョン 8.x および それ 以降に、CUCM Vesrion 8.x およびそれ以降基づき、バージョン 8.x および それ 以降をすくいます。

トラブルシューティングのシナリオ

このセクションはそれらをどのように解決できるか出会うかもしれない複数の問題をカバーし。

セットは UCCX CAD 電子メール問題のためのトレースを収集し、

: サーバおよびエージェント側のトレースを設定 し、問題を作り直し、次にログを集めて下さい。

UCCX サーバ側

トレース、ナビゲートを > Cisco Unified CCX デスクトップサービス Cisco Unified CCX サービサビリティ > Trace > Configuration に設定 し、Cisco デスクトップ エージェント 電子メール サービスを 4.のデバッグに設定 するため。


ログを集めるために、実時間監視 ツール(RTMT)を開くために > トレース及びログ本部は > ログを > 選択します Cisco すべてのデスクトップサービスおよび EEM サーバサービスを集めます

エージェント側ログ

トレースを設定 するために、C:\Program Files(x86)\Cisco\Desktop\ にナビゲート し、Agent.cfg ファイルを開いて下さい。 [デバッグ ログ]カテゴリの下で、traceand 保存にしきい値をファイル 設定 して下さい。 ファイルは今これへの類似したを読む必要があります:

[Debug Log]
Size=10MB
Files=10

# Threshold may be one of the following OFF, DEBUG, CALL, TRACE, DUMP
# Each level provides successively more debug info, DEBUG should be sufficient for
# most debugging needs, set to OFF when debugging is not required.
Threshold=TRACE

また EemUi.cfg ファイルを開き、参照がトレースする行からポンド 記号を(#) (最初行はあるはずです)取除き、行にポンド 記号をこと参照デバッグ追加して下さい(第 3 行はあるはずです)。 以下のようになります:

log4j.rootLogger=TRACE,LOG,DBG,CONSOLE
#log4j.rootLogger=CALL#com.calabrio.util.log.SplkLevel,LOG,DBG,CONSOLE
#log4j.rootLogger=DEBUG,LOG,DBG,CONSOLE
#log4j.rootLogger=INFO,LOG,DBG,CONSOLE
#log4j.rootLogger=DUMP#com.calabrio.util.log.SplkLevel,LOG,DBG,

Microsoft Exchange サーバ ログ

Microsoft Exchange Administrator は Microsoft Exchange メールボックス 監査ログを得るために実行する必要があります。

: Cisco は Microsoft Exchange サーバを解決する役割がありません。 質問がある場合、トラブルシューティングに続く前に Microsoft Exchange Administrator がメールボックス 監査ログを得、分析するように要求する可能性があります。

Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡する前に

支援に関しては TAC に連絡する前にまたこの情報を収集する必要があります。

  • あらゆるエンジニアリング スペシャル(ES)との完全な UCCX バージョン ビルドまたは Cisco オプションは(インストールされる COPS)ファイルをたとえば 10.0.1.11001-37 実装します
  • CAD の完全なバージョン
  • 電子メールサーバのバージョン
  • 疑わしいイベントの前後に 15 分をカバーするログにおいての問題を示すスクリーン ショットおよびタイムスタンプとの正確な問題説明

接続された CAD/CSD 接続されたポートをチェックして下さい

問題

CAD を解決する間、頻繁にすぐに UCCX に接続される CAD/CSD からのポートおよびサービスを見つけて下さい。

解決策

提示ネットワークステータス検索 < CAD machine> コマンドの IP アドレスを使用して下さい。

例:

admin:show network status search 10.201.227.238
tcp        0      0 pavdave-uccx105.pavdav:hbci 10.201.227.238:51450
ESTABLISHED
tcp        0      0 pavdave-uccx105.pavdav:3001 10.201.227.238:51461
ESTABLISHED
tcp        0      0 pavdave-uccx105.pavda:52135 10.201.227.238:51460
ESTABLISHED
tcp        0      0 pavdave-uccx105:notify_srvr 10.201.227.238:51449
ESTABLISHED
tcp        0      0 pavdave-uccx105.pavda:12028 ::ffff:10.201.227.238:51453
ESTABLISHED

この出力は CAD/CSD マシンの接続された/確立されたローカルポートおよびリモートポートを示すために使用することができます。 ほとんどの CAD サービスは TCP 接続を使用し、これらはポート使用率 ガイドの機能サービス ポートと一致することができます。

見つけられる File エラーをダウンロードすることが不可能

問題

UCCX のアップグレードが、CAD ユーザこのエラーメッセージをそれらログイン毎回受け取った後。

Unable to download file. Could not open request.

ただし、OK ボタンをクリックした後、ログイン正常にできます。

CAD アプリケーションが起動する時はいつでも、新しいバージョンのアベイラビリティがあるように確認します。 C:\Program Files\Cisco\Desktop\bin\update.exe にある CAD は本当アップデートを利用します。

解決策

このエラーを防ぐために、アップグレードの前にこれらのステップを実行して下さい:

  1. CAD/CSD をアンインストールして下さい。

  2. インストーラを差込式ページからダウンロードし、CAD/CSD をインストールして下さい。

  3. C:\Program Files\COMMON FILE \ CAD \ビンを\開き、updateold.exe に update.exe ファイルを名前を変更して下さい

CAD を場合の CUPS によって統合閉じる場合のエラー

問題

このエラーは UCCX が Cisco Unified Presence Server (CUPS)によって統合とき発生します。

Runtime error!
Program:C:\program files\cisco\desktop\bin\agent.exe
This application has requested the runtime to terminate it in an unusual way
please contact the application support team for more information.

解決策

  1. IM サーバ クラスタ 管理を開き、IM および存在ドメインにナビゲート して下さい。
  2. 完全修飾ドメイン ネームの DOMAIN.NOT.SET を修正して下さい。
  3. エージェント ログアウトを持ち、記録 して下さい。

CDA および CAD の UCCX および CUPS 統合問題

問題

このエラーは CUPS との統合に UCCX CDA で見られる場合があります。 起動が失敗するとき CUPS にログイン すれば、このエラーを観察します:

CDAUI2034 Invalid Cisco Unified Presence Cluster user 
credentials. Configured user must be able to run SOAP
queries. Users cannot login to CUPS while launching CAD.

解決策

ユーザが CUPS のエンドユーザであることを確認して下さい。 これがされた後、CUPS の CAD クライアント の タイプ 設定をチェックして下さい。

: CAD クライアント の タイプ設定はシステムが CUPS バージョン 8.6 または それ 以降を使用する場合行う必要があります。 ログインにできる CAD エージェントのために CAD クライアント の タイプは統一された存在管理に追加する必要があります。

  1. Cisco Unified Presence 管理では、アプリケーション > クライアント の タイプへのナビゲート。

  2. [Add New] をクリックします。

  3. 次の通りクライアント の タイプ ページを完了して下さい:

    Type: CAD
    Description: CAD
    Minimum Version: 0.0.0.0
    Group: Standard CCM End Users


  4. バージョン チェックによって必要とされるチェックボックスをチェックすることを確かめて下さい。

  5. 設定を保存します。

  6. ネットワークサービスにあるクライアント プロファイル エージェント サービスの上の Cisco を再起動して下さい。

エラーによる CAD を起動させることが不可能

問題

CAD を起動させるとき、互換性は Microsoft Windows オペレーティング システムによってチェックされます。 問題がある場合、CAD は起動しませんおよびこれらのエラーの 1 つを受け取ります:

C:Program Files\Cisco\Desktop\bin\agent.exe
A referral was returned from the server

 または

C:Program Files(x86)\Cisco\Desktop\bin\agent.exe
A referral was returned from the server

解決策

  1. ローカルな システム管理者 アカウントのエージェント マシンにログオンして下さい。

  2. C:\ProgramFiles(x86\Cisco\Desktop\bin\ へのナビゲート。

  3. agent.exe を右クリックし、『Properties』 をクリック し、Compatibility タブにナビゲート して下さい。

  4. 互換 モードのこのプログラムを『Run』 を選択 して下さい。

  5. アドミニストレーター特権と動作するためにプログラムを選択して下さい。

IPv6 エラーによるログインにない CAD エージェント

問題

エージェントが CAD にログイン するとき、ログオンはこのエラーと失敗します:

You cannot log in because your phone is IPv6 enabled.

これは CAD が IPv6 をサポートしないか、または有効に なる IPv6 があるのでエクステンションモビリティ(EM)がイネーブルまたはディセーブルの起こり、とき起こる場合があります。

ソリューション: EM が有効に なる時

  1. CUCM エンドユーザ 設定 ページにアクセスして下さい。

  2. 制御装置の下で、エンドユーザと IP Phone の MAC アドレスを関連付けて下さい。

  3. 標準 CTI によって有効に される ユーザグループにユーザを追加して下さい。

  4. RmCm ユーザに電話を追加して下さい。

  5. CUCM Administration > Device > Phone にアクセスし、問題が発生する電話をクリックして下さい。

  6. > デバイス設定 > よくあるデバイスコンフィギュレーション 『Device』 を選択 して下さい。

  7. IPv4 だけに IP アドレッシング モードを変更して下さい。

  8. CUCM Phone Configuration ページから、IP Phone をリセットして下さい。

  9. TFTP および CTIManager サービスをリセットして下さい。

それがそれでもはたらかない場合、これらのステップを完了して下さい:

  1. RmCm ユーザからの電話を引き離して下さい。

  2. 電話機をリセットします。

  3. RmCm ユーザと電話を対応づけて下さい。

  4. 電話機をリセットします。

この問題は Cisco バグ ID CSCti18636 の下でトラッキングすることができます。

ソリューション: EM が有効に ならない時

CAD ログオンが失敗し、EM が使用中ではないとき、UCCX エンジンを再起動し、ログインにもう一度試して下さい。

この問題は Cisco バグ ID CSCtk00173 の下でトラッキングすることができます。

CAD サービス IP アドレス変更についての CAD のエラーメッセージ

問題

CAD にログイン することを試みるときエラーメッセージを受け取ります。

This computer cannot connect to all CAD services because at least one CAD service 
IP address has changed

このエラーはセカンダリ ノードがインストールされていたノードの IP アドレスが postinstall.exe ファイルから不在であるシナリオに大抵現われ。

解決策

  1. アドミニストレーター特権とプログラムを実行して下さい。 agent.exe を右クリックし、管理者として実行して下さい。

  2. postinstall.exe を実行し、IP アドレスが正しいことを確認して下さい。 ファイルは C:\Program File\Cisco\Desktop\bin\ で見つけることができます

    問題が続く場合、これを試みて下さい:

  3. C:\Program Files\CAD\bin\ に行き、update.exe に old_update.exe を名前を変更し、CAD クライアント エージェントを再度実行して下さい

  4. クライアントコンフィギュレーション ツールをから UCCX > ツール > アプリケーション管理者 ページのプラグイン ダウンロードし、エージェント PC でそれを一度実行して下さい。

CAD をインストールする時エラー 1310

問題

CAD をインストールするとき、このエラーを受け取ります:

Error 1310: error writing to file...

解決策

このエラーは頻繁に CAD クライアントコンフィギュレーション ツールがアンチウィルスか security software によって PC で動作するとき受け取られます。 インストールされるアンチウィルスか security software を備えていないマシンのクライアントコンフィギュレーション ツールをダウンロードし、再実行して下さい。

UCCX バージョン 8.5 とのリモート モニタリング障害

問題

呼出すとき、リモート モニタリングはうまく働きます; しかしエージェントの拡張が入力されるとすぐ、このメッセージは聞かれます。

System is experiencing server connectivity problems

UCCX エンジン ログ(MIVR)のチェックはこれを示します:

227530655: Jan 03 10:06:21.829 EDT %MIVR-SS_VOIPMON_SRV-7-UNK:Extension <2100> 
MAC address <SEPABC123DEF456>

227530664: Jan 03 10:06:21.840 EDT %MIVR-LIB_LDAP-3-EXCEPTION:javax.naming.
NameNotFoundException: [LDAP: error code 32 - No Such Object]; remaining name
'sectName=Configurations,appName=Setup,ou=VoIP Monitor Devices,lcc=Call Center
1,ou=Company,o=Spanlink Communications'

Cisco001MIVR113.log 6888 227530679: Jan 03 10:06:21.841 EDT
%MIVR-LIB_LDAP-3-EXCEPTION: at com.spanlink.VOIPMonitor.subsystem.SplkSubsystem.
getVoipServerCorbaObject(SplkSubsystem.java:1059)
Cisco001MIVR113.log 6912 227530703: Jan 03 10:06:21.842 EDT %MIVR-SS_
VOIPMON_SRV-3-EXCEPTION: at com.spanlink.VOIPMonitor.subsystem.SplkSubsystem.
getVoipServerCorbaObject(SplkSubsystem.java:1059)
Cisco001MIVR113.log 6923 227530714: Jan 03 10:06:21.842 EDT %MIVR-SS_
VOIPMON_SRV-3-EXCEPTION: at com.spanlink.VOIPMonitor.subsystem.SplkSubsystem.
getVoipServerCorbaObject(SplkSubsystem.java:1059)
Cisco001MIVR113.log 6932 227530723: Jan 03 10:06:21.843 EDT %MIVR-SS_
VOIPMON_SRV-3-CORBA_INVOKE_ERROR:Fail to invoke corba call: Module Name=splkSubsystem.
startSimultaneousMonitoring,A specific description for a trace=Cann't get server
object, quit,Exception=


227530727: Jan 03 10:06:21.857 EDT %MIVR-SS_RM-3-UNABLE_TO_START_MONITORING:VoIP
Monitor server is unable to start monitoring: Module Name=RM component,A description
for the nature of the error=startSimultaneousMonitor returned 0
227530728: Jan 03 10:06:21.857 EDT %MIVR-SS_RM-7-UNK:startMonitor returns status: -5

解決策

CDA を開き、設定 > サービス設定> 多線ナビゲート しま、> VoIP モニタリング デバイス監視し及び記録します。 選択されるサーバがあることをデフォルト VoIP Monitor サービスの下で確認し、確かめて下さい。

CSD は開始し損います

問題

CSD 始動はエラーメッセージ無しで最初の画面でスタックしていますまたはプログレスおよび Login 画面は表示する。

CSD ログはこれを示します:

SplkException.cpp[147] splk_socket_internal::SocketOperations::close:com.spanlink.
util.socket.SplkSocketException: Failed to shutdown socket descriptor:10093:Either
the application has not called WSAStartup, or WSAStartup failed. Stack trace<>.

解決策

エラーログはその WSAStartup が失敗し、こうして CSD がまた開始し損ったことを示します。 これはこれがシン クライアント 環境である場合)エージェント PC です(またはターミナル サーバの対応しない Java バージョンが原因。

  1. タスク マネージャのスタックした CSD セッションを解決して下さい。

  2. 現在の Java バージョンをアンインストールして下さい。

  3. UCCX 互換性 マトリックスを参照し、UCCX 例のための Java のまさにそのバージョンをダウンロードして下さい。

Microsoft ターミナル サーバをログオンしません

問題

シン クライアント 環境では、エージェントまたはスーパバイザ ログはサーバにありません。 これはユーザ別ホーム フォルダーがマッピング されなかったので起こります。

解決策

ホーム フォルダーへのマップ ユーザ。 これは形式にターミナルサービス プロファイル ラボの下でユーザ プロパティー ダイアログボックスにアクセスし、ドライブをマッピング し、マッピングをいれば確認すればすることができます: \ \クエリ\ sharename \ %username%

CAD シン クライアント ガイドからの例はここにあります:

CAD はフォーカスに予想通りぽんと鳴りません

問題

CAD は新しいコールが到着するとき前景のフォーカスにぽんと鳴りません。

場合によっては、アプリケーションは前景を引き継ぐ前景にぽんと鳴るために必須条件を満たさないかもしれませんし、別のアプリケーションによって優先しません。 

満たさなければプロセスがなるためにならない条件は前景ウィンドウここに記述されています:

  • プロセスは前景プロセスです。

  • プロセスは前景プロセスから開始しました。

  • プロセスは最後の入力 イベントを受け取りました。

  • 前景プロセスがありません。

  • 前景プロセスは Microsoft Windows によって、ない組み込みデバッグによってデバッグされます。

  • 前景はロックされていません(LockSetForegroundWindow を参照して下さい)。

  • 前景ロック タイムアウトは期限切れになりました(SystemParametersInfo の SPI_GETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT を参照して下さい)。

  • No メニューはアクティブです。

CAD ウィンドウが最大化しない 3 つの状況があります。

  • ForegroundLockTimeout タイマー実行。

  • 別のプログラムは先頭で常に実施します。

  • CAD は最小に ならないし、別のウィンドウは前景で持って来られ、CAD に優先します。

解決策

すぐに ForegroundLockTimeout を時間を計るあり、潜在的な原因としてこと取除きますレジストリ修正が:

  1. Start > Run を開き、regedit を入力して下さい。

  2. このパスへのナビゲート: [HKEY_CURRENT_USER \コントロール パネル\デスクトップ]。

  3. 空スペースを右クリックし、New Dword 値を作成するか、または ForegroundLockTimeout と指名され、設定 される 現在 の 値を修正するかまたは 0 に値を修正して下さい。(この値によりアプリケーションは焦点を直ちに奪取 します。)

  4. 再始動およびテスト。


Document ID: 118830