クラウドおよびシステム管理 : Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)

アプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ Visore ツール紹介

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Visore を、アプリケーション ポリシー インフラストラクチャ コントローラ(APIC)オブジェクト ストア ブラウザ記述したものです。 APICs の 1 の IP アドレスか物理的 な スイッチにブラウザをポイントするとき直接管理対象オブジェクト(MO)を照会するのにそれを使用できます。 1 つは一般に HTTPS (デフォルト)である指しましたり、しかしまたもし設定するなら HTTP である可能性があります APIC を一般的に。

https://<APIC or Switch IP ADDRESS>/visore.html

そこにから、デバイスと有効な資格情報の使用のログインにプロンプト表示されます。

デフォルトで APIC Visore にログイン するとき、それはクラス fabricNode のすべての MOs のための検索の結果を表示する。

ミハエル Petrinovic、マイクロフォン Timm、およびロバート・バーンズによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

クラスネームか DN を得て下さい

オブジェクトのクラス名前(CN)または識別名 (DN)を見つけるために使用できる 4 つのメソッドがあります。

APIC GUI からのイネーブル「Show debug 情報」

歓迎を、<userid> クリックし、デバッグ情報を有効に するために Show debug 情報を選択して下さい。

有効に されて、GUI のまわりでクリックする場合一番下左手角のこのイメージで示されているテキストに注意します。 それから必要な情報を見つけるためにこれを使用できます。 「現在の MO から」始まるテキストの後半に興味を起こさせられます。 表示するこれは電流 MO です。 クラスネームは「model.def.fvAEPg」の後にセクションにあり、実際の名前は「model.def の後に」あります。 この例でこれは「fvAEPg」です。 なお、DN は角カッコの内で表示する[]。 この場合、DN は 'uni/tn-common/ap-default/epg-epg1 です。

URL

GUI 内のリンクをクリックするとき APIC GUI の内にどこにあるか反映するため、URL は更新済です。 これから、DN を得ることができます。 すべて縦線の後で( | ) URL でユニークな DN はあります。 見てわかるように、これは得られたものがデバッグ方式によって一致します。

API インスペクターを示して下さい

提示 API インスペクター コマンドを入力し、なされる API 呼び出しを検討して下さい。

歓迎を、<userid> クリックし、API インスペクターを有効に するために示します API インスペクターを選択して下さい。

この出力から、APIC への GUI によってなされる未加工 API 呼び出しを見ます。 これが使用する API URL で規定 されるので DN が 'uni/tn-common/ap-default/epg-epg1 であることを判別できます。 具体的には、それは 'http://172.23.96.10/api/node/mo/uni/tn-common/ap-default/epg-epg1/ です。 これを分類するために、DN に先行している「クラス」の代りに「MO」に APIC の IP アドレスが、「API/ノード」のディレクトリ構造、呼出あります。

エンドポイント グループ(EPG)ファイル

ポリシーを右クリックし、ポリシーを保存し、保存された XML ファイルを開いて下さい。

最後に選択のポリシーを右クリックするとき、クラスおよび DN 情報を得ることができます。 『Save As』 を選択 し、次にファイルをダウンロードすることを続行して下さい。 この例では、ファイルは XML 資料としてエクスポートされます。

ファイルがローカル ファイル システムにダウンロードされたら、好みのエディタでそれを開いて下さい。 ファイルが開いていれば、XML/JSON を点検し、クラスおよび DN を判別できます。 

同じ例を使うと、クラスがブルーで強調表示され、「fvAEPg」と等しいことがわかります。 なお、特定のテキスト dn='uni/tn-common/ap-default/epg-epg1 を見ます。

クエリを実行して下さい

Visore の更に詳しい情報の MO を点検するために前のセクションの 4 つのメソッドの 1 つから見つけた詳細を使用して下さい。

クエリを実行するために、クラスか DN を入力して下さい。

Example 1: - DN

Example 2: -クラス

このクラスを検索するとき、Visore はこのクラスタイプのすべてのオブジェクトを戻します。 出力で見られる場合があるようにこのシステムにクラスタイプ fvAEPg の 1615 のオブジェクトがあります。

Visore フィルター

以前は「fvAEPg」のクラスタイプで検索したときにそれは 1615 のオブジェクトの結果を返しました、この検索範囲を狭くすることができます。 たとえば、多分アプリケ− ションプロファイル「ap デフォルトの内に」あるオブジェクトにだけ興味があります。 これが DN の内で含まれていると同時に、次の通り DN によってフィルタリングできます:

これはこのアプリケ− ションプロファイルに追加 EPGs がないので単一の結果を返すことを起こります。 またすべての EPGs を捜すとき、「fvAEPg」のオリジナル検索から、「epg」が含まれている 873 にリストを狭くすることができます。

最後のクエリの URI を表示する

これは API と遊びたいと思うとき役立ちますのために。 Visore によってなされる実際のコールを表示できます。 API インスペクターとの同じような情報を見つけることができます。

最後の応答を表示する

これは返された最後の応答の未加工 XML 出力を提供します。 これは Visore ツールがここに示されたテーブル出力 形式に戻し、マッサージしたものです。 変換/修正の他の型は起こりません。

クラス オブジェクト名前

新しい検索を実行し、その特定のクラスタイプのすべてのオブジェクトを戻すためにクラス オブジェクト名前をクリックして下さい。

クリックして下さいか。 (疑問符)その特定のクラスタイプのためのモデルのプロパティ詳細を表示するため。 それはオブジェクト モデルを学ぶ非常に詳しく、有用な方法です。 このヘルプの上を渡ってこのクラスのより詳しい 情報にリンクするハイパーリンクはあります。

ツールバー

ツールバーの各々の各アイコンの説明は、左から右へ、このセクションに説明があります。

左の矢印

左の矢印は管理対象オブジェクトの親を表示する新しい検索を実行します。

右矢印

右矢印は管理対象オブジェクトの子供を表示する新しい検索を実行します。

統計情報

オブジェクトでサポートされた場合、これは追加 されるクエリの下部のへのオブジェクトの追加リストを戻し、関連する統計情報を表示する。

障害

オブジェクトでサポートされた場合、これはオブジェクトの上げられたエラーを表示する。

ヘルス

これは現在のクエリの下部のに選択される DN のための HealthScore 「healthInst」を追加 します。



Document ID: 118839