ルータ : Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

アップグレード nV サテライト

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に衛星を接続してもらう Cisco 集約 サービス ルータ 9000 シリーズ(ASR9K)をアップグレードする最低ダウンタイムのネットワーク 仮想化(nV)衛星をアップグレードする方法を記述されています。 特別な配慮は必要ホストか衛星デバイス の アップグレードによる可能性のある 停止を減らすためです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Sam Milstead

自動アップグレード

バージョン 5.3.2 では、6.0.0 は、およびそれ以降、自動アップグレード 機能サポートされます。 以前のバージョンでは、3 つの画像 転送シナリオがありました:

  • 対応しないイメージ–これはホストからのサテライトへ自動強制アップグレードでした。
  • イメージ最も遅くない–バージョン ミスマッチについてのこのログ 表示する 情報はユーザ/アクティブ化に、しかしそれ転送するために任せられました。
  • 遅のイメージ–これはユーザに選択がアップグレード/ダウングレードを強制するようにしました。

自動アップグレード 機能によって、サテライトが再接続するときこれが優先買受権と同様に機能します、最新のイメージを押す第 2 オプションを自動化できます。 衛星自動アップグレード 機能のための最もよいたとえはシステム内プログラム可能なデバイス(FPD)自動アップグレードのそれです。

コマンドはアップグレード オン接続応答です、nv 衛星[自動アップグレード 機能を有効に するために使用するサテライト ID]構成サブモードの下で設定される:

nv
satellite 100
type asr901
upgrade on-connect
!

: 衛星デバイスの手動アップグレードのこの 文書 の 残りフォーカス。

単一ホーム

単一ホーム シナリオでは、サテライトは単一 ASR9K に接続されます、つまり 2 つの読み込みがサテライトで見られることだけを意味します。 最初の衛星リロードはホストから来 Cisco IOS ® XR アップグレードの間にリロードする、第 2 リロードはアップグレードされる衛星 Cisco IOSソフトウェアから来ます。

アップグレードのこの型に関しては、衛星アップグレード セクションのステップを完了して下さい。

デュアルホーム

2 つの ASR9K ホストに接続されるサテライトをアップグレードすれば、いくつかの単一ホーム サテライトによって提起されるチャレンジを克服しますがトラフィック停止を最小に するため特別な配慮は必要です。

ASR9K ホストが両方ともアップデートされ最初に、衛星最後、また更に後でであるという想定に基づいて、停止を最小に するためにこれらのステップを踏んで下さい:

  1. どのホストを各サテライトがアクティブとして見るかチェックして下さい。
  2. 2.をホストするためにサテライト コントロール プレーンを確認して下さい。
  3. 2.をホストするためにサテライトを切り替えて下さい。
  4. 制御およびデータ平面を確認して下さい。
  5. ホスト 1's XR ソフトウェアをアップグレードして下さい。
  6. ホスト 1.のアップグレードを確認して下さい。
  7. 1.をホストするためにサテライト コントロール プレーンを確認して下さい。
  8. 1.をホストするためにすべてのサテライトを切り替えて下さい。
  9. ホスト 1.のサテライトのための制御およびデータ平面を今確認して下さい。
  10. ホスト 2's XR ソフトウェアをアップグレードして下さい。
  11. 2 をホストするためにコントロール プレーンを確認して下さい
  12. 必要に応じてサテライトを切り替えて下さい。
  13. どちらかのホストからサテライトをアップグレードして下さい。
  14. 衛星アップグレードを確認して下さい。
  15. サテライトのための制御およびデータ平面を確認して下さい。

省略される反復的な物のこれらのステップのための詳細はここにあります。

接続チェック

衛星ステータスを確認して下さい

この例に 3 サテライト リング(100、サテライトとの 101、102)ホストするために 1 (9001-G)がおよびサテライト 101 アクティブをホストする 100 および 102 アクティブ 2 をあります(9001-H)。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv satellite status
Fri Aug 15 21:32:03.274 UTC
Satellite 100
-------------
  Status: Connected (Stable)
  Redundancy: Active (Group: 1)
  Type: asr901
  MAC address: 4c00.8287.1de4
  IPv4 address: 10.0.100.1 (auto)
  Serial Number: CAT1722U21S
  Remote version: Compatible (not latest version)
    ROMMON: 2.1 (Latest)
    FPGA: N/A
    IOS: 1402.20 (Available: 1406.12)
  Configured satellite fabric links:
    GigabitEthernet0/0/0/0
    ----------------------
      Status: Satellite Ready
      Remote ports: GigabitEthernet0/0/0-9

Satellite 101
-------------
  Status: Connected (Stable)
  Redundancy: Standby (Group: 1)
  Type: asr901
  MAC address: 4c00.8287.2e24
  IPv4 address: 10.0.101.1 (auto)
  Serial Number: CAT1723U02B
  Remote version: Compatible (not latest version)
    ROMMON: 2.1 (Latest)
    FPGA: N/A
    IOS: 1402.20 (Available: 1406.12)
  Configured satellite fabric links:
    GigabitEthernet0/0/0/0
    ----------------------
      Status: Satellite Ready
      Remote ports: GigabitEthernet0/0/0-9

Satellite 102
-------------
  Status: Connected (Stable)
  Redundancy: Active (Group: 1)
  Type: asr901
  MAC address: 4c00.8287.2ec4
  IPv4 address: 10.0.102.1 (auto)
  Serial Number: CAT1723U015
  Remote version: Compatible (not latest version)
    ROMMON: 2.1 (Latest)
    FPGA: N/A
    IOS: 1402.20 (Available: 1406.12)
  Configured satellite fabric links:
    GigabitEthernet0/0/0/0
    ----------------------
      Status: Satellite Ready
      Remote ports: GigabitEthernet0/0/0-9

設定をチェックして下さい

これらのチェックが接続されるようにすべてのサテライトを示す場合、設定は正しいはずです。 どのサテライトでもどちらかの ASR9Ks の CONNECTED 状態にない場合、さらに詳細な トラブルシューティングは必要であるかもしれません。

この設定は使用されるものがこの資料の全体にわたってです。

interface GigabitEthernet0/0/0/0
 nv
  satellite-fabric-link network
   redundancy
    iccp-group 1
   !
   satellite 100
    remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-9
   !
   satellite 101
    remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-9
   !
   satellite 102
    remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-9
   !
  !
 !
!

nv
 satellite 100
  type asr901
  redundancy
   host-priority 0
  !
  serial-number CAT1722U21S
 !
 satellite 101
  type asr901
  redundancy
   host-priority 200
  !
  serial-number CAT1723U02B
 !
 satellite 102
  type asr901
  redundancy
   host-priority 0
  !
  serial-number CAT1723U015
 !
!

確認して下さい衛星ステータス(要約)を

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv satellite status brief
Fri Aug 15 13:39:56.271 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Stby)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Stby)

より凝縮させた出力が望まれる場合、提示 nv 衛星ステータス要約コマンドは両方のホストで使用することができます。 CONNECTED 状態は行為およびスタンバイはホストごとの各サテライトのためのデータ平面のステータスを示すが制御通信路が正常に動作していることを示します。

ホスト 優先順位変更

ホスト優先順位を変更して下さい

フェールオーバーへの最も簡単な方法は他の ASR9K ホストへのサテライト設定のホスト優先順位を変更することです。 この例では、2.をホストするためにホスト優先順位は最大値に(低優先順位)ようにリング スイッチのすべてのサテライト設定 されます。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#config t
Fri Aug 15 21:39:50.909 UTC
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config)#nv
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV)#satellite 100
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-satellite)#redundancy
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#host-priority 255
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#exit
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-satellite)#exit
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV)#satellite 102
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-satellite)#redundancy
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#host-priority 255
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#end
Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:y

ホスト優先順位変更を確認して下さい

この変更を確認するために、提示 nv 衛星ステータス要約コマンドは使用することができます。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv satellite status brief
Fri Aug 15 21:40:35.876 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Stby)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Stby)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Stby)
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv sat stat bri
Fri Aug 15 13:42:15.847 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Act)

ホスト アップグレード

  1. どのホストがすべてのサテライトをと同時にアクティブ見るおよびどのホストがスタンバイとしてすべてのサテライトを見るか確認した後、Cisco Connection Online (CCO)で、またはすべてのサテライトがスタンバイであるホストのプロシージャ(MOP)のあらゆるテストされた方式によって文書化されていますように正常なアップグレード手順に従って下さい。
  2. 最初のホストがアップグレードされ、すべてのインストール後チェックが確認される後、両方のホストへの衛星接続を確認するために接続チェック セクションに続いて下さい。 接続が確認されたら、優先順位の低下によってアップグレードされたホストにサテライトを切り替えるためにホスト 優先順位変更セクションに続いて下さい。
  3. 2 をホストし、このホストをアップグレードし、CCO アップグレード ガイドか MOP によってすべてをインストール検証手順および接続チェックによってすべての衛星チェック行うためにすべてのサテライトがスタンバイとして接続されれば。
  4. 最終的には、衛星アップグレードに進んで下さい。

衛星アップグレード

新しいサテライト(9000v は asr9k-9000v-nV-px-<release>and asr9k-901-nV-px-<release> パッケージで 901)イメージ丁重に含まれ。 これらのパッケージがホストでアクティブになれば、サテライトはアップグレードされるかもしれません。

サテライトのソフトウェア イメージをアクティブにするためにダウンロードし、Execモードでインストール nv 衛星コマンドを使用して下さい。

install nv satellite { satellite id | all } { transfer | activate }

構文の説明

サテライト ID

イメージが変換する必要があるサテライトの固有の識別番号を規定 します。

all

ターゲットバージョンにまだあっていないすべての現在アクティブ なサテライトのオペレーションを行います。

転送

ホストから衛星デバイスにイメージをダウンロードします。

アクティブ化

サテライトのインストール オペレーションを行います。

: 単 リングのような高度トポロジーをアップグレードする方法についての詳細については助言およびトリック セクションを参照して下さい。

衛星アップグレードを確認して下さい

インストール nv 衛星コマンドおよびサテライト読み込みを発行した後、出力はの nv が衛星ステータス ROMMON、Field Programmable Gate Array (FPGA)および Cisco IOS 修正が最新であること表示する必要があることを示します。 これらのうちのどれかが最も遅く言わない場合、イメージがなぜアップグレードされなかったか判別するためさらに詳細な トラブルシューティングは必要です。

: Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡する前に衛星イメージおよび既知の問題セクションをチェックして下さい。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv satellite status
Fri Aug 15 19:54:26.429 UTC
Satellite 100
-------------
  Status: Connected (Stable)
  Redundancy: Active (Group: 1)
  Type: asr901
  MAC address: 4c00.8287.1de4
  IPv4 address: 10.0.100.1 (auto)
  Serial Number: CAT1722U21S
  Remote version: Compatible (not latest version)
    ROMMON: 2.1 (Latest)
    FPGA: N/A
    IOS: 1402.20 (Available: 1406.12)
  Configured satellite fabric links:
    GigabitEthernet0/0/0/0
    ----------------------
      Status: Satellite Ready
      Remote ports: GigabitEthernet0/0/0-9

Satellite 101
-------------
  Status: Connected (Stable)
  Redundancy: Active (Group: 1)
  Type: asr901
  MAC address: 4c00.8287.2e24
  IPv4 address: 10.0.101.1 (auto)
  Serial Number: CAT1723U02B
  Remote version: Compatible (latest version)
    ROMMON: 2.1 (Latest)
    FPGA: N/A
    IOS: 1406.12 (Latest)
  Configured satellite fabric links:
    GigabitEthernet0/0/0/0
    ----------------------
      Status: Satellite Ready
      Remote ports: GigabitEthernet0/0/0-9

付録

助言およびトリック

アップグレード倍数サテライト

複数の衛星はインストール nv 衛星コマンドのためにコンマによって範囲を、たとえば 100-110、または使用すれば、たとえば 100,105,115 選択することができます。

: すべてのイメージを並行して変換する転送オプションをまたは平行順序で衛星をアクティブにするために Activate キーワードによって続かれて使用して下さい。

サテライトのリングをアップグレードして下さい

リングのサテライトがすぐにできる間、(一般的により少なくより 1秒)バックアップ ホストに切り替えて下さい、それはこれを避け、イベント トリガー スイッチオーバの代りにユーザ呼び出されたスイッチオーバのためにホスト優先順位 機能を使用する最良 の 方法もし可能ならです。

これを考えるとリングのサテライト SAT101 の後で SAT102 のために新しいイメージおよび第 2 スイッチオーバを使用する SAT101 リブートが再びオンラインになる場合(この例の SAT101)をアップグレードすればおよび別のサテライトのアクティブなデータパスがこのサテライト(SAT102)を通過すれば、そして SAT102 のためのアクティブなデータパスのスイッチオーバがあります。

これを、これらの例で説明するためにこのトポロジーは 9001G への 9001H およびスタンバイにアクティブなすべてのサテライトによって使用されます。

9001G --- SAT100 --- SAT101 --- SAT102 --- 9001H

例: アップグレードする間違った方法

Q: SAT101 が 9001H からアップグレードされるとき何が起こりますか。

A: サテライト 101 読み込みが 9001H に、サテライト 100 制御リンクを失い、9001G に切り替える時。 サテライト 102 は 9001G への接続を失いますが、データ平面は切り替えません。 サテライト 101 が戻って来ればおよび 9001H とサテライト 100 間の制御通信路が再確立されれば、このサテライトは一次データがパスを再度平にすると同時に再度切り替え、9001H を使用し始めます。

これはスタンバイとして 9001G およびアクティブとして 9001H の各サテライトのためのデータ平面ステータスを、確認します。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv satellite status brief
Fri Aug 15 21:40:35.876 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Stby)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Stby)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Stby)

ホスト 9001H からアップグレードされるサテライト 101 の例はここにあります。

: どのホストが始まるかアップグレードは重要ではないです。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#install nv satellite 101 activate
Fri Aug 15 18:05:27.899 UTC
The operation will cause an image to be transferred, and then activated on the
requested satellite.
WARNING: This will take the requested satellite out of service.
Do you wish to continue? [confirm(y/n)] y
Install Op 1: activate: 101
1 configured satellite has been specified for activate.
1 satellite has successfully initiated activate.

新しいイメージを使用するサテライト 101 読み込みが下記の出力に見られるように次起こる時:

  1. サテライト 100 は 9001H への制御およびデータ平らな接続を失います
  2. サテライト 100 はアクティブなデータパスのために 9001G を使用し始めます
  3. サテライト 102 は 9001G に制御接続を失います
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv satellite status brief
Sat Aug 16 02:15:44.148 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    0000.0000.0000  Discovery Stalled; Conflict:
no Identification received yet
102     asr901    10.0.102.1    0000.0000.0000  Discovery Stalled; Conflict:
no Identification received yet

サテライト 101 が戻って来、サテライト 100 への制御接続が 9001H に回復されれば、すべてのサテライトは 9001H に 9001G およびアクティブに再度スタンバイです。 これはサテライト 100 が第 2 スイッチオーバを行うことを意味します。

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:20.280 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 101
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:49.775 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 100 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:49.775 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:49.775 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 101
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:49.792 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 100 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:15:49.805 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 101 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:31.793 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 up
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:33.809 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR:
Node 101/ inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:35.665 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 100 up
LC/0/0/CPU0:Aug 15 18:18:36.021 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 15 18:18:36.022 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 15 18:18:37.786 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 15 18:18:37.786 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:38.980 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:43.988 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:43.990 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:43.993 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:43.996 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:44.203 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node
100/ inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:50.552 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.559 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.561 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.564 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.567 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.569 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIRIN : xFP OIR:
SAT101/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is inserted, state: 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:55.570 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIROUT : xFP OIR:
SAT101/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is removed, state: 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:56.925 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIRIN : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is inserted, state: 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:56.927 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIROUT : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is removed, state: 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 15 18:18:56.931 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIRIN : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 4 is inserted, state: 1

サテライトがアップグレードされれば、前にと同じ衛星ステータスを見るはずです。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv satellite status brief
Fri Aug 15 18:20:59.515 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Act)

例: アップグレードする正しい方法

アップグレードされる必要があるすべてのサテライトから前例および開始と同じトポロジーによってこの例はリングをアップグレードする適切な方法を示したものです。

: 転送は並行して行われます、いくつかの転送は完了するために他より時間がかかるかもしれません。 イメージをすべてのサテライトに最初に変換し、次に時間を節約し、サテライトの不必要な読み込みを防ぐために組織的にインストールのアクティブ化部分を始めることを推奨します。

: この例は参照として 1 つのサテライトのアクティベーションを一度に示したもので、すべてのサテライトはこのセクションの見られた以降としてすぐにアクティブにすることができます。

両方のホストからのサテライトのステータスをチェックし、次にすべてのサテライトにイメージを変換して下さい。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 20:15:59.830 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Stby)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Stby)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Stby)
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 12:17:20.811 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -----------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Act)

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#install nv satellite 100-102 transfer
Fri Aug 22 12:17:51.647 UTC
Install Op 1: transfer: 100-102
3 configured satellites have been specified for transfer.
3 satellites have successfully initiated transfer.

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:23:16.238 : icpe_satmgr[1168]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 100
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:27:55.990 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 101
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:28:01.876 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 102

これの後、すべてのサテライトが 9001H にアクティブであるので、アクティブ化サテライト 100 最初に。 これが原因で、9001G はリングのすべてのサテライトに制御接続を失います。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#install nv satellite 100 activate
Fri Aug 22 12:30:13.088 UTC
WARNING: This will take the requested satellite out of service.
Do you wish to continue? [confirm(y/n)] y
Install Op 2: activate: 100
1 configured satellite has been specified for activate.
1 satellite has successfully initiated activate.
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:30:45.639 : icpe_satmgr[1168]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-SATELLITE_STATUS : Satellite 100 one or more links may
be down - traffic may be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:30:45.639 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 100
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:30:45.658 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 100 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:28.059 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 100 up
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:30.446 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR:
Node 100/ inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:30.449 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR:
Node 100/ inserted
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:30.495 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:30.497 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:43.498 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:43.498 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:45.487 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:45.490 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:48.549 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:53.557 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:53.560 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:53.563 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:33:53.568 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 
inserted
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:57.750 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:33:57.750 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:34:06.111 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIRIN : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is inserted, state: 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:34:06.113 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIROUT : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 0 is removed, state: 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:34:06.118 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-IF_OIRIN : xFP OIR:
SAT100/0/0 GigabitEthernet port_num: 4 is inserted, state: 1


RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 12:34:13.401 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act; Transferred)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Act; Transferred)

サテライト 100 が戻って来たら、アクティブな datapath を 9001G に切り替え、サテライト 101 および最終的にサテライト 102 にアップグレードのアップグレード プロセスを進んで下さい。

: サテライト読み込みがまた、ホスト優先順位 設定を変更し、こうしてスイッチオーバをまったく防ぐことができる間。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show run nv satellite 100
Fri Aug 22 20:35:59.435 UTC
nv
 satellite 100
  type asr901
  redundancy
   host-priority 255
  !
  serial-number CAT1722U21S
 !
!
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#config t
Fri Aug 22 20:36:03.839 UTC
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config)#nv sat 100
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-satellite)#redundancy
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#host-priority 50
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G(config-nV-red)#end
Uncommitted changes found, commit them before exiting(yes/no/cancel)? [cancel]:y

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:36:18.401 : config[65867]: %MGBL-CONFIG-6-DB_COMMIT :
Configuration committed by user 'lab'. Use 'show configuration commit changes
1000000053' to view the changes.
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:36:18.429 : config[65867]: %MGBL-SYS-5-CONFIG_I :
Configured from console by lab on vty0 (64.102.157.220)
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#LC/0/0/CPU0:Aug 22 20:36:20.291 : ifmgr[208]:
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Aug 22 20:36:20.293 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN :
Line protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Up

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 20:37:19.041 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Act)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Stby)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Stby)
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 12:40:26.728 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    4c00.8287.1de4  Connected (Stby)
101     asr901    10.0.101.1    4c00.8287.2e24  Connected (Act; Transferred)
102     asr901    10.0.102.1    4c00.8287.2ec4  Connected (Act; Transferred)

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#install nv satellite 101 activate
Fri Aug 22 12:40:39.496 UTC
WARNING: This will take the requested satellite out of service.
Do you wish to continue? [confirm(y/n)] y
Install Op 3: activate: 101
1 configured satellite has been specified for activate.
1 satellite has successfully initiated activate.

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:41:11.108 : icpe_satmgr[1168]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-SATELLITE_STATUS : Satellite 100 one or more links may be
down - traffic may be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:41:11.108 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:41:11.108 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 101
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:41:11.125 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 100 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:41:11.134 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 101 removed
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:41:11.150 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 12:41:11.150 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:44:08.154 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 up
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:44:10.598 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR:
Node 101/ inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 12:44:14.031 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 100 up

サテライト 101 がアクティブになるので、これはリロードすると起こります:

  • 9001H にスタンバイである SAT 100 は 9001G へのスタンバイ制御平面接続を失います。
  • SAT 101 は両方の hostss にデータ平面およびコントロール プレーンを失います
  • 9001G にスタンバイである SAT 102 は 9001G へのスタンバイ制御平面接続を失います。
  • SAT 100 および 102 のデータ平面に影響およびスイッチオーバがありません。
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:39:52.241 : icpe_satmgr[1152]: 
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-SATELLITE_STATUS : Satellite 101 one or more links may be
down - traffic may be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:39:52.241 : icpe_satmgr[1152]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 102 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:39:52.257 : invmgr[253]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT :
OIR: Node 101 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:39:52.271 : invmgr[253]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT :
OIR: Node 102 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:42:49.285 : icpe_satmgr[1152]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 up
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-G#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:42:51.712 : invmgr[253]:
%PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR: Node 101/ inserted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:42:55.166 : icpe_satmgr[1152]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 102 up
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 20:42:55.539 : invmgr[253]: %PLATFORM-INV-6-OIRIN : OIR:
Node 102/ inserted

アップグレード複数のサテライトすぐに

よりもむしろ一度にアクティブにします 1 つのサテライトを複数のサテライトを規定できます。

: これはリング型トポロジーのために推奨されません。

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#install nv satellite 100-102 activate
Fri Aug 22 13:04:35.604 UTC
The operation will cause an image to be transferred where required, and then
activate new versions on the requested satellites.
WARNING: This will take the requested satellites out of service.
Do you wish to continue? [confirm(y/n)] y
Install Op 5: activate: 100-102
3 configured satellites have been specified for activate.
3 satellites have successfully initiated activate.

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.612 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 100 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.612 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 101 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.612 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 100

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.612 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 101

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.630 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 100 removed
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.640 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 101 removed
LC/0/0/CPU0:Aug 22 13:05:07.653 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 13:05:07.653 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet100/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 13:05:07.912 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface
GigabitEthernet0/0/0/0, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Aug 22 13:05:07.912 : ifmgr[208]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN : Line
protocol on Interface GigabitEthernet0/0/0/0, changed state to Down
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.916 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-
SATELLITE_STATUS : Satellite 102 one or more links may be down - traffic may
be impacted
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.916 : icpe_satmgr[1168]: %PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-
INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 102

RP/0/RSP0/CPU0:Aug 22 13:05:07.934 : invmgr[254]: %PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR:
Node 102 removed

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001-H#show nv sat stat bri
Fri Aug 22 13:06:12.255 UTC
Sat-ID  Type      IP Address    MAC address     Status
------  --------  ------------  --------------  -------------------------------
100     asr901    10.0.100.1    0000.0000.0000  Discovery Stalled; Conflict:
interface is down
101     asr901    10.0.101.1    0000.0000.0000  Discovery Stalled; Conflict:
interface is down
102     asr901    10.0.102.1    0000.0000.0000  Discovery Stalled; Conflict:
interface is down

例: サテライトの自動アップグレード

このセクションはより遅い衛星コードにアップグレードの例、および自動アップグレード 機能 トリガーを提供します。

RP/0/RSP1/CPU0:AE(admin)#install activate disk0:asr9k-asr901-nV-px-5.3.2.12I
Thu Jun 18 20:19:21.299 UTC
Install operation 2 '(admin) install activate disk0:asr9k-asr901-nV-px-5.3.2.12I'
Info:     Install Method: Parallel Process Restart
The install operation will continue asynchronously.
Install operation 2: load phase started at 20:19:43 UTC Thu Jun 18 2015.
Info:     The changes made to software configurations will not be persistent
Info:     across system reloads. Use the command '(admin) install commit' to
Info:     make changes persistent.
Info:     Please verify that the system is consistent following the software
Info:     change using the following commands:
Info:         show system verify
Info:         install verify packages


RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:19:21.373 : instdir[251]:
%INSTALL-INSTMGR-6-INSTALL_OPERATION_STARTED : Install operation 2 '(admin)
install activate mem:asr9k-asr901-nV-px-5.3.2.12I' started by user 'started
by user 'lab' via CLI at 20:19:21 UTC Thu Jun 18 2015.
lab'
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:19:58.402 : firmware_manager[235]:
%PLATFORM-UPGRADE_FPD-6-FW_MGR_OPERATION_INFO : AUTO_FPD_UPGRADE_INFO: FW_MGR:
auto fpd-upgrade CLI not configured. Return!
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:20:01.422 : sysmgr[94]: %OS-SYSMGR-7-INSTALL_NOTIFICATION
: notification of software installation received
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:20:02.236 : sysmgr[91]: %OS-SYSMGR-7-INSTALL_NOTIFICATION :
notification of software installation received
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:20:02.250 : sysmgr[91]: %OS-SYSMGR-7-INSTALL_FINISHED :
software installation is finished
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:20:06.432 : sysmgr[94]: %OS-SYSMGR-7-INSTALL_FINISHED :
software installation is finished
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:20:18.772 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-4-SATELLITE_UPGRADE_ON_CONNECT_SET : Satellite 100 has been
configured to auto-update on re-connection and is currently not using a current
version. If the satellite control session is re-established, then the satellite
will update and be temporarily out of service.
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:20:23.075 : instdir[251]:
%INSTALL-INSTMGR-6-INSTALL_OPERATION_COMPLETED_SUCCESSFULLY : Install operation
2 completed successfully


RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:22:04.756 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-VERSION_NOTCURRENT : Satellite 100 is running a software
version which is not current. Auto-upgrade scheduled.
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:22:04.756 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-4-SATELLITE_UPGRADE_ON_CONNECT_SET : Satellite 100 has been
configured to auto-update on re-connection and is currently not using a current
version. If the satellite control session is re-established, then the satellite
will update and be temporarily out of service.
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:22:04.884 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-VERSION_AUTOUPGRADE_STARTED : Auto-upgrade started for
1 satellite.



RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:27:22.438 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 100
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:27:48.995 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:27:48.995 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN :
Line protocol on Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Down
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:27:48.996 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-INSTALL_DONE : Image install completed on Satellite 100
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:27:50.476 : vic_0[367]: %PLATFORM-VIC-4-SIGNAL :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, Detected Signal failure
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:29:16.741 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:29:57.670 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Down
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:29:58.213 : vic_0[367]: %PLATFORM-VIC-4-RX_LOS :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, Detected Rx Loss of Signal
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:29:58.224 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN :
Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Up
LC/0/0/CPU0:Jun 18 20:30:25.019 : ifmgr[211]: %PKT_INFRA-LINEPROTO-5-UPDOWN :
Line protocol on Interface GigabitEthernet0/0/0/10, changed state to Up
RP/0/RSP1/CPU0:Jun 18 20:30:28.969 : icpe_satmgr[1154]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-5-SATELLITE_STATUS : Satellite 100 up

衛星イメージ

サテライトのための期待されたバージョン管理のリストはここにあります。

9000v

XR はリリースします製品 の 出荷開始日(FCS)またはソフトウェアメンテナンス アップグレード(SMU)イメージタイプイメージ バージョン注意事項
4.2.1FCSCisco IOS/カーネル202.0 (151-3.SVA)202-209.9
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
4.2.3FCSCisco IOS/カーネル210 (151-3.SVB)210-219.9
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCuc59715Cisco IOS/カーネル211 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCty86900Cisco IOS/カーネル212 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCul09549Cisco IOS/カーネル213 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
4.3.0FCSCisco IOS/カーネル252 (151-3.SVC)250-259.9
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
4.3.1FCSCisco IOS/カーネル276 (151-3.SVD) 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCuj97259Cisco IOS/カーネル277 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCui77863Cisco IOS/カーネル278 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
 CSCuj97259Cisco IOS/カーネル279 
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
4.3.2 Cisco IOS/カーネル285 (151-3.SVF)
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
4.3.4 Cisco IOS/カーネル287 (151-3.SVFa)それはこれ間違っています利用可能 な 285 を言うかもしれません。
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
5.1.0 Cisco IOS/カーネル292 (151-3.SVE)
  ROMMON125 
  FPGA1.13 
5.1.1 Cisco IOS/カーネル322.6 (151-3.SVG)
  ROMMON126進んだ機能を使用するために、サテライトはこのバージョンを実行する必要があります。
  FPGA1.13 
5.1.2 Cisco IOS/カーネル327 (151-3.SVG2)
  ROMMON127 
  FPGA1.13 
5.1.3 Cisco IOS/カーネル338.1 (151-3.SVI) 
  ROMMON127 
  FPGA1.13 
5.2.0 Cisco IOS/カーネル353 (151-3.SVH)
  ROMMON127 
  FPGA1.13 
 5.2.1 Cisco IOS/カーネル353 (151-3.SVH) 
  ROMMON127 
  FPGA1.13 
5.2.2 Cisco IOS/カーネル378 (151-3.SVH2)
  ROMMON127 
  FPGA1.13 
5.3.0 Cisco IOS/カーネル530.101 (151-3.SVI) 
  ROMMON127.0 
  FPGA1.13 
5.3.1 Cisco IOS/カーネル 531.101 
  ROMMON 127.0 
  FPGA 1.13 
5.3.2 Cisco IOS/カーネル 532.101 
  ROMMON 127.0 
  FPGA 1.13 

901

XR はリリースしますFCS か SMUイメージタイプイメージ バージョン注意事項
4.3.0FCSCisco IOS/カーネル1212.1 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
4.3.1FCSCisco IOS/カーネル1304.23 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
4.3.2FCSCisco IOS/カーネル1308.18 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
4.3.4FCSCisco IOS/カーネル1312.06 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.1.0FCSCisco IOS/カーネル1308.18 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.1.1FCSCisco IOS/カーネル1401.13 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.1.2 FCSCisco IOS/カーネル1404.11 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.1.3FCSCisco IOS/カーネル1408.01 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.2.0FCSCisco IOS/カーネル1406.12 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.2.1FCSCisco IOS/カーネル1406.12 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.2.2FCSCisco IOS/カーネル1409.29 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 
5.3.0FCSCisco IOS/カーネル1409.29 
  ROMMON2.1 
  FPGA該当なし 

既知の問題

イメージダウンロードは失敗します

Saw the following message which indicates something blocking the image transfer

SAT9K_IMG_DOWNLOADER-3-TFTP_READ_FAIL: FTP download failure for 4502A1__.FPG with
error code:-3

提案: TFTP が内部シャーシ リンク(ICL)ポートを可能にされるに設定 されるようにするために管理プレーン 保護(MPP)設定をチェックして下さい。

イメージダウンロードは不正確に完了されて言います

このシナリオでは、インストールが完了するがこと、サテライトをチェックするいつインタフェース コントロール平面エクステンダー(ICPE)は、それ実行しません最新バージョンを報告します。

RP/0/RSP0/CPU0:asr9k#install  nv satellite 101 transfer  progress
Wed Dec 18 16:36:43.381 CST
1 configured satellite has been specified for transfer.
1 satellite has successfully initiated transfer.
| Working...RP/0/RSP0/CPU0:Dec 18 16:37:00.072 CST: icpe_gco[1148]:
%PKT_INFRA-ICPE_
GCO-6-TRANSFER_DONE : Image transfer completed on Satellite 101
Press Ctrl+C at any time to stop displaying the current progress.
Completed.
1 satellite has successfully completed the transfer operation: 101.

RP/0/RSP0/CPU0:asr9k#install  nv  satellite  101 activate  progress
Wed Dec 18 16:37:26.943 CST
WARNING: This will take the requested satellite out of service.
Do you wish to continue? [confirm(y/n)] y
1 configured satellite has been specified for install.
1 satellite has successfully initiated install.
<snip>
RP/0/RSP0/CPU0:Dec 18 16:37:29.962 CST: icpe_gco[1148]:
%PKT_INFRA-ICPE_GCO-6-INSTALL_DONE :
Image install completed on Satellite 101
RP/0/RSP0/CPU0:Dec 18 16:37:29.968 CST: invmgr[262]:
%PLATFORM-INV-6-OIROUT : OIR: Node 101
removed
Completed.
1 satellite has successfully completed the install operation: 101.

RP/0/RSP0/CPU0:asr9k#show nv satellite  status  satellite 101
Wed Dec 18 16:39:09.258 CST
Satellite 101
-------------
  State: Connected (Stable)
  Type: asr9000v
  MAC address: 8478.ac05.8a14
  IPv4 address: 101.101.101.101
  Configured Serial Number: CAT1733U1K2
  Received Serial Number: CAT1733U1K2
  Remote version: Compatible (not latest version)

    ROMMON: 125.0 (Latest)
    FPGA: 1.13 (Latest)
    IOS: 210.0 (Available: 292.0)

検査するべきこと:

  • MPP 設定(前のセクションを参照して下さい)。
  • プログレス キーワードがインストール CLI で使用される場合、バージョン 5.1.2 または 5.2.0 前にプログレス キーワードを使用しないで下さい。
  • TFTP homedir が設定 されないようにして下さい(たとえば、tftp VRF デフォルト ipv4 サーバ homedir disk0:)。
  • サテライトが ASR901 である場合、インストールはスペース制限が原因で失敗するかもしれません。 推奨事項は非 nV イメージを 901 フラッシュするから削除し、sqeeze フラッシュするを実行することです: 空き容量。

: 画像 転送はおよそ 5 分かかる必要があります。

5.1.1 デュアルホーム問題

バージョン 5.1.1 からバージョン 5.1.2 へアップグレードするか、またはアップグレードが失敗しますかもしれないダウングレードとき既知の問題があります Cisco バグ ID CSCuo41004 で文書化されています。

<B>Symptom:</B>

During an upgrade from 5.1.1 or downgrade to 5.1.1 scenario, both hosts of a dual
head satellite configuration become the standby host for the satellite. This
stops traffic.

<B>Conditions:</B>

A dual head topology for nV ICPE configuration and one of the hosts being 5.1.1, with
the other being a later version.

<B>Workaround:</B>

Ensure that the secondary host is the host that is running 5.1.1. So during an upgrade
from 5.1.1, then upgrade the primary host first; during a downgrade to 5.1.1, then
downgrade the secondary host first.

The primary host can be identified using the <cmdBold>show nv satellite protocol
redundacy<noCmdBold> command.

An alternative option (if only a few satellites have been configured) is to explicitly
configure host priorities for the 2 hosts.

<B>Further Problem Description:</B>

The dual system will recover when both systems have the same version.

If testing between versions is required, then the user must explicitly configure host
priorities.


Document ID: 118807