音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続オフィス 365 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unity Connection (CUC)を Microsoft Office 365 の統合に代替プロシージャに与えたものです。 CUC は Microsoft Exchange オフィス 365 サーバと Unified Messaging を提供するために統合できます。 この機能を設定するプロシージャは Unifed メッセージング ガイドで文書化されています。

Anirudh Mavilakandy および Ratnesh Nath によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は CUC のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUC バージョン 8.6(x) および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

このセクションはオフィス 365 が付いている Unity 接続を統合ためにプロシージャを提供します。 この資料は最小限必要な手順だけ提供したものです。

オフィス 365

オフィス 365 で必要なステップは次のとおりです:

  1. 管理者アカウントのオフィス 365 ポータルへのログイン。
  2. Admin ドロップダウン リストから、オフィス 365 を選択して下さい。

  3. ダッシュボードで、ユーザを『Add New』 をクリック して下さい。

  4. 新規 ユーザ ユーザー アカウントを作成して下さい。 これはユーザ メールボックスにアクセスするために CUC によって使用される Unified Messaging サービス アカウントです。

  5. > アクティブユーザ ユーザアカウントを見つけるために『Users』 を選択 して下さい。

  6. Admin ドロップダウン リストから、アプリケーション偽装権限を設定 するために Exchange を選択して下さい。

  7. Exchange アドミン センターで、『Permissions』 を選択 して下さい。 ロールを『Admin』 をクリック し、次に + 記号新しい admin ロール グループ メンバシップを追加するためにクリックして下さい。

  8. 新しいロール グループを作成して下さい。
    1. Name フィールドでは、名前を入力して下さい。 それを識別の容易さのための ApplicationImpersonationRG と呼出して下さい。
    2. Description フィールドでは、説明を入力して下さい。 これは Optional フィールドです。
    3. ロールでは区分し、+ 記号クリックし、ApplicationImpersonation を選択して下さい。
    4. メンバーでは区分し、+ 記号クリックし、um 選択して下さい。 これは Unified Messaging サービス アカウントのための先にユーザー定義です。

Unity Connection

CUC で必要なステップがここにリストされています。 同じプロシージャは Unifed メッセージング ガイドで文書化されています。

  1. Unified Messaging (UMS)サービスを作成して下さい。
    1. Unified Messaging > Unified Messaging サービスを選択して下さい。 [Add New] をクリックします。
    2. Type フィールドでは、オフィス 365 を入力して下さい。
    3. Display Name フィールドでは、この UMS サービスを示すために表示名を入力して下さい。
    4. プロキシサーバ(アドレス: ポート)フィールドは、Unity 接続サーバがクラウドのオフィス 365 サーバにアクセスできない場合プロキシサーバ アドレスを入力します。
    5. ホストされた Exchange サーバではホストされた Exchange サーバのために区分して下さい、『Search』 を選択 して下さい。 これは必須です。 「クラウドのサーバの IP アドレスかホスト名が知られていないのでホストされた Exchange サーバ」をサポートされません規定 して下さい。
    6. アクティブ ディレクトリ DNS Domain Name フィールドでは、オフィス 365 によって提供されるドメイン名を入力して下さい。 詳細については選り抜きをアクティブ ディレクトリ DNS ドメイン名 セクション参照して下さい。
    7. Exchange セクションにアクセスするのに使用されるアカウントでは以前に作成される Unified Messaging サービス アカウント情報を入力して下さい。
    8. ある残し、保存して下さいように選択をサービス機能セクションの下で。

  2. Unified Messaging サービスとユーザを関連付けて下さい。
    1. > Users を『Users』 を選択 して下さい。 ユーザを選択して下さい。
    2. > Unified Messaging アカウント 『Edit』 を選択 して下さい。 [Add New] をクリックします。
    3. Unified Messaging サービス フィールドで、ドロップダウン リストから新しく作成されたサービスを選択して下さい。
    4. ユーザではこの Eメールアドレス フィールドは、オフィス 365 メールボックスの eメールアドレスを入力します。 この eメールアドレスは配置 モ デルに基づく user@<OrganizationDomainName>.onmicrosoft.com または user@<OrganizationDomainName>.com です。
    5. [Save] をクリックします。

    6. テスト オプションの設定を検証して下さい。

    7. すべてのユーザ向けの同じプロシージャを繰り返して下さい。 またバルクのすべてのユーザをアップデートするために Bullk 管理 ツールを使用できます。 Unity 接続 FAQ を読んで下さい: どのようにか割り当てます詳細については Cisco Unity Connection 資料の Unified Messaging をかさ張って下さい
  3. UMS を有効に して下さい。
    1. > サービス クラス 『Class of Service』 を選択 して下さい。
    2. 表示名ドロップダウン リストで、音声メール ユーザ COS を選択して下さい。 これはすべてのユーザと関連付けられるデフォルト サービスの分類 (CoS)です。 ユーザが別の CoS と関連付けられる場合、適切な選択を選択して下さい。
    3. 音声メール使用におよび IMAP クライアントや単一 インボックス チェックボックス アクセスするために割り当てユーザをチェックして下さい。
    4. 保存。

アクティブ ディレクトリ DNS ドメイン名を選択して下さい

ドメイン名はオフィス 365 によって提供されるものです。 それは <name>.onmicrosoft.com の形にあります。 この例では、メールボックスは calobgl.onmicrosoft.com ドメインにあります。

Unified Messaging サービス 設定では、ドメイン名として calobgl.onmicrosoft.comoutlook.office365.com を使用して下さい。 どちらかは 1 つうまく働きます。 唯一の違いはメールボックスを検出するために Unity 接続が使用する Autodiscover URL にあります。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118828