セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

メッセージは不正ですまたはケースは ESA のプロセスエラー メッセージ トラブルシューティングにないです

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は電子メールを処理し、Cisco 反スパム エンジン(ケース)がそれらをスキャンすることができないとき Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で受け取られる重要 な メッセージを記述したものです。

Sandeep Minhas およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

ESA はケースがスキャンすることができない ESA はこの通知を示しますこと電子メールを処理し:

The Critical message is:

MID 124578 cannot be scanned by CASE. The message is either
malformed or CASE is unable to process it at the moment.

解決策

この通知は悪い base64 エンコードがある引き起こされ、または多目的インターネット メール 拡張(MIME)部品を破損し、ケースによってきちんとスキャンすることができません破損した電子メールによって。 ケース自体は設計されているようにはたらき、これはアプライアンスの全体の処理問題の示す値ではないです。

調査されて好む例があれば、アラートで注意されるメッセージの RFC-822 コピーを提供して下さい。 ESA Cisco の 記事の作成 RFC-822 MIME によって符号化される接続機構を詳細については参照して下さい。



Document ID: 118782