サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS C シリーズ ラック サーバ

FusionIO サービスパック アップグレード例の SAP ハナ システム

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はアップグレー ソフトウェアおよびシステム開発(SUSE) Linux エンタープライズ サーバ(SLES)にサービスパック(SP)2 からの FusionIO カードの C460 システムの SP3 へのデータ処理(SAP)でステップをシステム、アプリケーションおよび製品のための 11 記述したものです。 SAP 高いパフォーマンス分析アプライアンス(ハナ)システムはインストールの時に SAP アプリケーションおよびドライババージョンのための SLES 11 の最新バージョンと提供されます。 システムのライフタイムに、それは SAP か SUSE によって要求されるかもしれない最新のセキュリティ パッチ、更新およびカーネルバージョンとの環境をアップデートする顧客の責任です。

Joerg Wolters およびフェリペ de メッロによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Linux 管理
  • SAP ハナ管理

これらのコンポーネントが必要となります:

  • Novell にまたは登録されていた SAP OS のための SLES 11
  • SLES 11 SP3 リポジトリへの SP3 インストールメディアかローカルアクセス
  • FusionIO ドライバおよびユーティリティ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ファームウェア 1.5(4a) との C460 M2
  • カーネル 3.0.80-0.7 との SLES 11 SP2
  • カーネル 3.0.101-0.35 との SLES 11 SP3
  • ドライバ 3.2.3 ビルド 950 およびファームウェア 7.1.13 との FusionIO ioDrive 320GB

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

手順

カーネル ドライバにアップグレードのような Operating System (OS)の主要 な オペレーション、かカーネル パラメータへの変更を行う時はいつでも、できればアプライアンスの外で保存されるハナ ログ パーティションのバックアップが、あることを確認して下さい。 また SAP、SUSE および Ciscoサポート チャネルの適切なリリース ノートを読む必要があります。

FusionIO カードが、C460 のような、FusionIO ドライバ含まれている SAP ハナ システムに関しては特別に実行カーネルのために構築されます。 従って、新しいカーネルへのアップグレードは追加手順を必要とします。

最後に、アップデートプロセスの間にハナ データベースは停止する必要があります。

1. ハナ データベースを停止して下さい

server01 :~ # su - <SID>adm
server01:/usr/sap/<SID>/HDB00 # HDB stop
hdbdaemon will wait maximal 300 seconds for NewDB services finishing.
Stopping instance using: /usr/sap/HAN/SYS/exe/hdb/sapcontrol
-prot NI_HTTP -nr 00 -function StopWait 400 2


12.08.2014 23:46:34
Stop
OK

12.08.2014 23:47:02
StopWait
OK
hdbdaemon is stopped.

2. ログ パーティションをバックアップして下さい

ハナ データベースを停止した後、LOG エリアに移動し、ログ パーティションをバックアップして下さい。

server01 :~ # cd /hana/log
server01 :/hana/log # find . ?xdev | cpio ?oav > /backup/hana.log.cpio

3. ログ パーティションをアンマウントし、fstab を修正して下さい

ログ パーティションをアンマウントし、それ /etc/fstab でコメントして下さいそうすれば再度ブートするの後で自動的にログ パーティションをマウントしません。 これはログ パーティションがマウントすることができる前に FusionIO ドライバが再製される必要があるカーネル アップグレード後必要のでです。

server01:~ # umount /hana/log
server01:~ # vi /etc/fstab
server01:~ # cat /etc/fstab | grep "log"
#/dev/md0 /hana/log xfs defaults 1 2

OS アップグレード

4. アップグレード SLES

サービスパックに関してはアップグレードは Novell の KB 技術情報 7012368 で文書化されています プロセスに従います。

必要であればサーバが映る達することができるように、プロキシサービスを設定して下さい。

server01:~ # cd /etc/sysconfig/
server01:/etc/sysconfig # vi proxy
PROXY_ENABLED="yes"
HTTP_PROXY="http://<COMPANY.COM>:8080"
HTTPS_PROXY="http://<COMPANY.COM>::8080"
FTP_PROXY=http://<COMPANY.COM>::8080

カーネル アップデートは再度ブートするを必要としますが、まだリブートしていません

ポスト アップグレード タスク

5. menu.lst をチェックして下さい

カーネル アップデートプロセス新しい GNU (GNU ない Unix)壮大な統一されたブート・ローダ(地虫)の間にエントリは作成されます。 それらを確かめる /boot/grub/menu.lst が特定の Redundant Array of Independent Disk (RAID) コンフィギュレーションを反映することを確認して下さい。 

新しいカーネルが含まれている関連エントリは行ルート(hd0,0)および行の下にあります。

server01:/boot/grub # cat menu.lst
# Modified by YaST2. Last modification on Wed Jul 24 18:27:21 GMT 2013
default 0
timeout 8
##YaST - generic_mbr
gfxmenu (hd0,0)/message
##YaST - activate
###Don't change this comment - YaST2 identifier: Original name: linux###
title SUSE Linux Enterprise Server 11 SP<#> - <VERSION> (default)
     root (hd0,0)
     kernel /vmlinuz-<VERSION>-default root=/dev/rootvg/rootvol
resume=/dev/rootvg/swapvol splash=silent crashkernel=256M-:128M
showopts intel_idle.max_cstate=0 vga=0x314
initrd /initrd-<VERSION>-default
###Don't change this comment - YaST2 identifier: Original name: failsafe###
title Failsafe -- SUSE Linux Enterprise Server 11 SP<#> - <VERSION> (default)
     root (hd0,0)
     kernel /vmlinuz-<VERSION>-default root=/dev/rootvg/rootvol showopts ide=nodma
apm=off
noresume edd=off powersaved=off nohz=off highres=off processor.max_cstate=1
nomodeset x11failsafe intel_idle.max_cstate=0 vga=0x314
initrd /initrd-<VERSION>-default

6. 地虫をチェックして下さい

さらに、CLI からの地虫を開始し、これらのコマンドを入力して下さい:

GNU GRUB version 0.97 (640K lower / 3072K upper memory)
[ Minimal BASH-like line editing is supported. For the first word,
TAB lists possible command completions. Anywhere else TAB lists the
possible completions of a device/filename. ]
grub> device (hd0) /dev/sda
grub> root (hd0,0)
Filesystem type is ext2fs, partition type 0x83
grub> setup (hd0)
Checking if "/boot/grub/stage1" exists... yes
Checking if "/boot/grub/stage2" exists... yes
Checking if "/boot/grub/e2fs_stage1_5" exists... yes
Running "embed /boot/grub/e2fs_stage1_5 (hd0)"... failed (this is not fatal)
Running "embed /boot/grub/e2fs_stage1_5 (hd0,0)"... failed (this is not fatal)
Running "install /boot/grub/stage1 (hd0) /boot/grub/stage2 p /boot/grub/menu.lst "...
succeeded
grub>

7. OS アップグレードを確認して下さい

サーバをリブートすることは今安全であるはずです。 カーネルがアップグレードされたことを確認するために uname - a コマンドを入力して下さい。

server01:/root # uname -a
Linux server01 3.0.101-0.35-default #1 SMP Wed Jul 9 11:43:04 UTC 2014 (c36987d)
x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

8. FusionIO ドライバを再製して下さい

8a. /usr/src/packages/RPMS/ (1) オプションでソース RPM を使用して下さい
server01:/ # find / -name "iomemory*.src.rpm"
/usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm

server01:/
# rpmbuild --rebuild /usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm   
Installing iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm
...
Wrote:
/usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>.x86_64.rpm

server01:/
# rpm -ivh /usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-3.0.101-0.35-
default-<VERSION>.x86_64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:iomemory-vsl-3.0.101-0.########################################### [100%]

古いドライバがそれでもリストされている場合、それを取除いて下さい。

server01:/recover/FusionIO # rpm -qa | grep vsl
iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>
iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>

server01:~ # rpm -e iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>

8b. /recover パーティション(2) オプションでソース RPM を使用して下さい

より新しいドライバが望まれる場合これらの手順も使用することができます。 最新の FusionIO によってサポートされるドライババージョンは FusionIO のサポート サイトの KB 857 で見つけることができます。

server01:/recover # rpm -qa | grep vsl
iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>
libvsl-<VERSION>

server01:/recover # rpm -qi iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>
Name        : iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default  Relocations: (not relocatable)
Version     : <VERSION>                         Vendor: Fusion-io
Release     : 1.0                           Build Date: Tue Aug 12 23:22:57 2014
Install Date: Tue Aug 12 23:27:46 2014         Build Host: server91.local
Group       : System Environment/Kernel     Source RPM: iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm
Size        : 5059825                          License: Proprietary
Signature   : (none)
URL         : http://support.fusionio.com/
Summary     : Driver for ioMemory devices from Fusion-io
Description :
Driver for fio devices
Distribution: (none)

回復パーティションはドライバが付いている 2 冊のフォルダを備えるはずです: CISCO_FusionIO および FusionIO。 この例の RPM のためのベンダーは FusionIO です。

server01:/recover # cd FusionIO
server01:/recover/FusionIO # ls *vsl*src.rpm
iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm

server01:/recover/FusionIO # rpmbuild -?rebuild iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm

Installing iomemory-vsl-<VERSION>.src.rpm
...
Wrote:
/usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>.x86_64.rpm

server01:/recover/FusionIO # rpm -ivh
/usr/src/packages/RPMS/x86_64/iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>.x86_64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:iomemory-vsl-3.0.101-0.########################################### [100%]

server01:/recover/FusionIO # rpm -qa | grep vsl
iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>

FusionIO ドライバがアップグレードされる場合、ユーティリティはまたアップグレードする必要があります。

server01:/recover/FusionIO # cd Installed

server01:/recover/FusionIO/Installed # ls
fio-common-<VERSION>.x86_64.rpm    fio-util-<VERSION>.x86_64.rpm  libvsl-<VERSION>.x86_64.rpm
fio-sysvinit-<VERSION>.x86_64.rpm 

server01:/recover/FusionIO/Installed # rpm -Uvh libvsl-<VERSION>.x86_64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:libvsl                 ########################################### [100%]

server01:/recover/FusionIO/Installed
# rpm -Uvh fio-common-<VERSION>.x86_64.rpm fio-sysvinit-<VERSION>.x86_64.rpm
fio-util-<VERSION>.x86_64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:fio-util               ########################################### [ 33%]
   2:fio-common             ########################################### [ 67%]
   3:fio-sysvinit           ########################################### [100%]
insserv: Service syslog is missed in the runlevels 4 to use service Framework
iomemory-vsl              0:off  1:on   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off

9. FusionIO ドライバを確認して下さい

新しいドライバをインストールした後ドライバをアクティブにするために、システムはリブートされる必要があります。 リブートした後、バージョンが正しいことを確認して下さい。

server01:/root # rpm -qa | grep vsl
iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>
libvsl-<VERSION>

server01:/root # rpm -qa | grep fio
fio-common-<VERSION>
fio-util-<VERSION>
fio-sysvinit-<VERSION>

古いドライバがそれでもリストされている場合、それを取除いて下さい。

server01:/root # rpm -qa | grep vsl
iomemory-vsl-3.0.101-0.35-default-<VERSION>
iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>

server01:~ # rpm -e iomemory-vsl-3.0.80-0.7-default-<VERSION>

ドライバ ステータスを確認して下さい。 バージョンおよびアダプタがオンラインであるはずで、接続したことを見るはずです。

server01:/root # fio-status | egrep -i "(driver|attached|online)"
Driver version: <version>
fct0 Attached
fioa State: Online, Type: block device
fct1 Attached
fiob State: Online, Type: block device

10. アンドゥ fstab 変更

コメントを(#)削除し、/etc/fstab の変更を取消すために /hana/log をマウントして下さい。

11. ハナ データベースを開始して下さい

server01 :~ # su - <SID>admserver01:/usr/sap/<SID>/HDB00 # HDB start
StartService
OK
OK
Starting instance using: /usr/sap/HAN/SYS/exe/hdb/sapcontrol
-prot NI_HTTP -nr 00 -function StartWait 2700 2


12.08.2014 23:57:56
Start
OK

12.08.2014 23:59:10
StartWait
OK

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118783