IP : Open Shortest Path First(OSPF)

OSPF タイプ 5 ルート計算設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Open Shortest Path First (OSPF) リンク状態アドバタイズメント(LSA)型 5 外部ルート選択メカニズムを解説したものです。 それは方法に関する設定のネットワークシナリオを別のもの上の 1 つの自律システム境界ルータ(ASBR)から届くルートを選択する示します。

Naveen Bansal および Rahul Kukreja によって貢献される、Cisco TAC エンジニア

前提条件

要件

Cisco は OSPF および IP ルーティングのナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

他のルーティング プロトコルまたはスタティックからの OSPF にルーティングを再配布する場合、によりこれらのルーティングは OSPF 外部ルーティングになります。 外部ルートは 2 つのカテゴリー、外部タイプ 1 (O E1)および外部タイプ 2 (O E2)以下落ちます。

2 間の違いはルートのコスト(メトリック)が計算される方法であります。 タイプ 2 ルートのコストは常に外部コストであり、このルートに到達するための内部コストとは無関係です。 タイプ 1 のコストは、そのルートに到達するために使用される外部コストと内部コストの加算です。 送信先が同じ場合、常にタイプ 1 ルートがタイプ 2 ルートより選択されます。

設定

ネットワーク図

このネットワーク トポロジがエリアに ASBR から 1. R2 および R3 をであるエリア境界ルータ(ABR)起こしたエリア 0 の R4 で受け取った LSA 型 5 をチェックすると考慮して下さい。

設定

わかりやすくするために、この設定はエリアの ASBR のスタティック ルートを 1 つのルータ R5 および R1 再配布します。

R5#

IP ルート 192.168.1.1 255.255.255.255 Null0

router ospf 1
redistribute static subnets
ネットワーク 10.5.5.5 0.0.0.0 エリア 1
ネットワーク 10.10.25.5 0.0.0.0 エリア 1

要約

IP ルート 192.168.1.1 255.255.255.255 Null0

router ospf 1
redistribute static subnets
ネットワーク 10.1.1.1 0.0.0.0 エリア 1
ネットワーク 10.10.13.1 0.0.0.0 エリア 1

メトリックが規定 されない場合、OSPF はすべてのプロトコルからのルートを以外 1.のメトリックを受け取る Border Gateway Protocol (BGP)ルート再配布するとき 20 のデフォルト値を置きます。 サブネット化される主要なネットがあるとき、OSPF にプロトコルを再配布するためにキーワードサブネットを使用して下さい。 このキーワードを指定しなければ、OSPF はルートをサブネット化しないメジャー ネットにしか再配送しません。

確認

再配布を確認するためにこれらのコマンドを使用できます:

R5#show ip ospf
Routing Process "ospf 1" with ID 10.5.5.5
Start time: 00:06:18.188, Time elapsed: 00:26:04.176
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Supports area transit capability
Supports NSSA (compatible with RFC 3101)
Event-log enabled, Maximum number of events: 1000, Mode: cyclic
It is an autonomous system boundary router
Redistributing External Routes from,
  static, includes subnets in redistribution
Router is not originating router-LSAs with maximum metric
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 2. Checksum Sum 0x010F34
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
Number of areas transit capable is 0
External flood list length 0
IETF NSF helper support enabled
Cisco NSF helper support enabled
Reference bandwidth unit is 100 mbps
Area 1
Number of interfaces in this area is 2 (1 loopback)
Area has no authentication
SPF algorithm last executed 00:22:45.848 ago
SPF algorithm executed 2 times
Area ranges are
Number of LSA 11. Checksum Sum 0x03C19D
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless LSA 0
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0
R1#show ip ospf
Routing Process "ospf 1" with ID 10.1.1.1
Start time: 00:07:09.376, Time elapsed: 00:27:30.368
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Supports area transit capability
Supports NSSA (compatible with RFC 3101)
Event-log enabled, Maximum number of events: 1000, Mode: cyclic
It is an autonomous system boundary router
Redistributing External Routes from,
  static, includes subnets in redistribution
Router is not originating router-LSAs with maximum metric
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 2. Checksum Sum 0x010F34
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
Number of areas transit capable is 0
External flood list length 0
IETF NSF helper support enabled
Cisco NSF helper support enabled
Reference bandwidth unit is 100 mbps
Area 1
Number of interfaces in this area is 2 (1 loopback)
Area has no authentication
SPF algorithm last executed 00:24:42.268 ago
SPF algorithm executed 2 times
Area ranges are
Number of LSA 11. Checksum Sum 0x076A33
Number of opaque link LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless LSA 0
Number of indication LSA 0
Number of DoNotAge LSA 0
Flood list length 0

従って両方の ASBRルータから、R5 および R1 はスタティック・ルートを再配布します。 ルータ R4 の再割り当てされたルートをプレフィクス 192.168.1.1/32 があるように確認するために、このコマンドを入力して下さい:

R4#show ip route 192.168.1.1 255.255.255.255
Routing entry for 192.168.1.1/32
Known via "ospf 1", distance 110, metric 20, type extern 2, forward metric 2
Last update from 10.10.24.2 on FastEthernet0/0, 00:25:43 ago
Routing Descriptor Blocks:
  * 10.10.34.3, from 10.1.1.1, 00:26:44 ago, via FastEthernet0/1
    Route metric is 20, traffic share count is 1
    10.10.24.2, from 10.5.5.5, 00:25:43 ago, via FastEthernet0/0
    Route metric is 20, traffic share count is 1

これはこと、そして 10.5.5.5 (R5)がメトリック 20 のルーティング テーブルにインストールされていることをルーティングの両方が 10.1.1.1 (R1)から起きた示します。

これはまた OSPFデータベース チェックインすることができます:

上記されるように、メトリック値は 20 にルーティングが OSPF に再配布されるときデフォルトで設定 されます。 次に ASBR 10.1.1.1 (R1)で再配布し、ルータ 4.の出力をチェックする間、値 10 を定義して下さい。

R1 で設定される変更はここにあります:

R1(config)#router ospf 1
R1(config-router)#redistribute static subnets metric 10

R4 のルーティング テーブルはここにあります:

R4#show ip route 192.168.1.1 255.255.255.255

Routing entry for 192.168.1.1/32
Known via "ospf 1", distance 110, metric 10, type extern 2, forward metric 2
Last update from 10.10.34.3 on FastEthernet0/1, 00:00:09 ago
Routing Descriptor Blocks:
  * 10.10.34.3, from 10.1.1.1, 00:00:09 ago, via FastEthernet0/1
      Route metric is 10, traffic share count is 1

ルーティング テーブルにたった 1 つのエントリがあります。 この外部 LSA があるように OSPFデータベースを更に確認して下さい。

メトリックを転送して下さい

前方メトリックはルータからの ASBR に達するコストです。 これはこれらのコマンドでチェックすることができます:

R4#show ip ospf border-routers
OSPF Router with ID (10.4.4.4) (Process ID 1)

Base Topology (MTID 0)
Internal Router Routing Table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route

i 10.3.3.3 [1] via 10.10.34.3, FastEthernet0/1, ABR, Area 0, SPF 3
I 10.1.1.1 [2] via 10.10.34.3, FastEthernet0/1, ASBR, Area 0, SPF 3
i 10.2.2.2 [1] via 10.10.24.2, FastEthernet0/0, ABR, Area 0, SPF 3
I 10.5.5.5 [2] via 10.10.24.2, FastEthernet0/0, ASBR, Area 0, SPF 3

この出力では、ASBR に達するコストは(R1 および R5)ルータ R4 からの 2 です。 デフォルトで、OSPF のファーストイーサネットインターフェイスのためのコストは 1.です。 そうこの場合、コストは R1 か R5 に達する R4 からの 2 です: ABR (1) + ASBR (1)に達する ABR コスト = 2.に達する前方メトリック = ルータ コスト。

R5 の 10 に再配布 メトリックを同様に変更して下さい、そうすればルーティングの両方はルーティング テーブルで再度インストールされています。

R1 で設定される変更はここにあります:

R5(config)#router ospf 1
R5(config-router)#redistribute static subnets metric 10

R4 のルーティング テーブルはここにあります:

R4#show ip route 192.168.1.1 255.255.255.255
Routing entry for 192.168.1.1/32
Known via "ospf 1", distance 110, metric 10, type extern 2, forward metric 2
Last update from 10.10.24.2 on FastEthernet0/0, 00:00:12 ago
Routing Descriptor Blocks:
   * 10.10.34.3, from 10.1.1.1, 00:12:05 ago, via FastEthernet0/1
     Route metric is 10, traffic share count is 1
     10.10.24.2, from 10.5.5.5, 00:00:12 ago, via FastEthernet0/0
     Route metric is 10, traffic share count is 1

ASBR の同じ再配布 メトリックとの 1 つに達し、同じ出力をチェックするためにコストを変更して下さい。

ルータ R4 のために fa0/1 の OSPF コストを増加して下さい:

R4(config)#int fa0/1
R4(config-if)#ip ospf cost 10

前方メトリックをチェックして下さい。 今 ASBR R1 に達するコストが 11 であることを示します:

R4#show ip ospf border-routers
OSPF Router with ID (10.4.4.4) (Process ID 1)

Base Topology (MTID 0)
Internal Router Routing Table
Codes: i - Intra-area route, I - Inter-area route

i 10.3.3.3 [10] via 10.10.34.3, FastEthernet0/1, ABR, Area 0, SPF 7
I 10.1.1.1 [11] via 10.10.34.3, FastEthernet0/1, ASBR, Area 0, SPF 7
i 10.2.2.2 [1] via 10.10.24.2, FastEthernet0/0, ABR, Area 0, SPF 7
I 10.5.5.5 [2] via 10.10.24.2, FastEthernet0/0, ASBR, Area 0, SPF 7

R4 のルーティング テーブルはここにあります:

R4#show ip route 192.168.1.1 255.255.255.255
Routing entry for 192.168.1.1/32
Known via "ospf 1", distance 110, metric 10, type extern 2, forward metric 2
Last update from 10.10.24.2 on FastEthernet0/0, 00:02:17 ago
Routing Descriptor Blocks:
   10.10.24.2, from 10.5.5.5, 00:07:11 ago, via FastEthernet0/0
   Route metric is 10, traffic share count is 1

従ってより低い前方メトリックのルートはルーティング テーブルにインストールされています。

要約すると、型 5 LSA のための複数のエントリがあるとき、最初のプリファレンスはメトリック(再配布されたメトリック)に与えられます。 より低いメトリックのルートはルーティング テーブルにインストールされています。 第 2 プリファレンスは前方メトリックに再配布されたメトリックが同じである場合、与えられます。 より低い前方メトリックのルートはルーティング テーブルにインストールされています。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118799