音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

音声 メッセージ 件名の制御文字による CUC Unified Messaging 問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は制御文字に Cisco Unity Connection (CUC)で音声 メッセージの件名でとき提供ある効果を記述したものです。

Anirudh M Mavilakandy、Cisco TAC エンジニア、および Ratnesh Nath によって貢献される、Cisco 設計。  

前提条件

要件

Cisco は CUC のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUC バージョン 8.X および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

件名の制御文字またはメッセージの送信側表示名ヘッダの存在は Microsoft Exchange サーバが付いている同期化メッセージに CUC の試みを破壊します。 いくつかの従来の電話は CUC サーバに送信側表示名ヘッダの最初の文字として音声 メッセージ操作を作成するために ^A を送信 します。 CUC サーバは送信側表示名ヘッダからの認証対象ヘッダを起草します、従ってまた ^A 文字が含まれています。 これは Unified Messaging フローを壊します。

: この問題は Cisco バグ ID CSCur53311 で文書化されています。

根本的原因

Exchange Web サービス(EWS)要求/応答は CUC メールボックスと Microsoft Exchange サーバ間の音声 メッセージを同期するために使用されます。 CUC は Exchange サーバに ^A 文字が含まれている音声 メッセージを同期するとき、同じ文字が付いている件名を送信 し、メッセージは Exchangeポストで正常に保存されます。 CUC は Exchange サーバの音声 メッセージを作成するために CreateItem EWS 要求を使用します。

CUC が(この場合、^A 文字が含まれている件名が付いている音声 メッセージのような項目)ユーザを Exchangeポストの FindItem EWS 要求によって項目を捜すように試みるとき、Exchange サーバは見出し(SOH)の開始すると認証対象コンテンツ(16 進法 01、&#x1 として応答します;)。

CUC は XML (SAX)パーサーのために EWS 応答 XML を解析するために簡単な API を使用します。 SAX パーサーは XML バージョン 1.0 (CUC によってサポートされる)でバージョン定義される文法の XML を解析します。 SOH コンテンツは無効 XML 1.0 文字です。 XML SAX パーサーが制御文字を解析するように試みるとき重大エラーと失敗し、同期化試みはメールボックスのメッセージの他のために続きません。

Affected Versions

バージョン 10.x 以前の CUC バージョンすべてに Cisco バグ ID CSCur53311 のための修正がありません。

確認のための CLI クエリ

送信側表示名ヘッダまたは件名の制御文字があるように確認するために、これらの CLI クエリを使用できます:

  • 影響を受けているメッセージの総数を得るために CLI にこのコマンドを入力して下さい:
    run cuc dbquery unitymbxdb1 select count(*) from vw_mailbox as mb, vw_message as m
    where mb.mailboxobjectid = m.mailboxobjectid AND left(m.senderdisplayname,1)=CHR(1)
    このクエリは送信側表示名ヘッダの最初の文字があるように確認し、それが SOH 文字であるかどうか確かめます。 

  • メッセージの件名のあらゆる位置で SOH 文字があるように確認するために CLI にこのコマンドを入力して下さい:
    run cuc dbquery unitymbxdb1 select count(*) from vw_message where instr
    (subject,CHR(1),1)!=0

ヒント: 他の制御文字か標準文字列があるように確認するためにこれらのクエリを修正できます。 適切な値と CHR() の値を取り替えて下さい。 その他の情報に関しては ASCII 符号表を参照して下さい。

解決策

Cisco バグ ID CSCur53311 に説明がある欠陥は CUC バージョン 10.5(2)で修正されます。 このバージョンは Ciscoソフトウェア ダウンロード Webページからのダウンロード可能です。

一時修正のためのこれらのステップを完了して下さい:

  1. 件名の ^A との CUC サーバに送られるメッセージがないことを確認して下さい。

  2. 影響を受けたユーザのリストを得るためにこのコマンドを CLI に入力し次にそれらのための単一 インボックス 機能をディセーブルにして下さい:
    run cuc dbquery unitymbxdb1 Select description from vw_mailbox mb inner join
    vw_message m on mb.mailboxobjectid = m.mailboxobjectid where instr(subject,
    CHR(1),1)!=0
  3. 識別された音声 メッセージを手動で削除して下さい:

    • メッセージ オブジェクト ID および影響を受けたメッセージのフォルダ オブジェクトID を得るために CLI にこのコマンドを入力して下さい:
      run cuc dbquery unitymbxdb1 Select messageobjectid, folderobjectid from
      vw_messagewithsynch where instr(subject,CHR(1),1)!=0
    • csp_messagesdelete 保存された手順を実行し、CUC サーバの音声 メッセージを削除するために CLI にこのコマンドを入力して下さい:
      run cuc dbquery unitymbxdb1 execute procedure csp_messagesdelete
      (pFolderObjectId='db252856-0c1a-4b19-a476-7ee4f7bc4298', pMessages=
      '5d6cfc0e-17cb-4849-b193-e1435a816ad7', pNummessages=1)
  4. Exchange サーバのこれらのメッセージをエクスチェンジ アドミニストレイターの助けによって識別し、削除して下さい。 (メッセージが CUC で削除される前に) CLI にこのコマンドを入力して下さい:
    run cuc dbquery unitymbxdb1 Select sender, senderdisplayname, subject, creationtime,
     rfc822messageid from vw_message where instr(subject,CHR(1),1)!=
    0

    rfc822messageid 部分は Exchange サーバ メールボックスのメッセージに CUC メールボックスの影響を受けたメッセージをマッピング するために使用されます。

  5. 影響を受けたメッセージのイネーブル Unified Messaging は結局 CUC および Exchange サーバから削除されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118797