セキュリティ : Cisco Email Encryption

ツレス島 FAQ: どのように「このエンベロープを損傷され、開かれた」エラーである場合もありません訂正しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は「このエンベロープに関して Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)を通して Cisco によって登録されているエンベロープ サービス(ツレス島)を利用するとき更に詳しい情報を損傷され、受け取った開かれた」エラーメッセージである場合もありません記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Robert Sherwin

「このエンベロープを損傷され、開かれた」エラーである場合もありません訂正する方法

Microsoftインターネットエクスプローラおよびあなたで添付ファイルが含まれているツレス島暗号化 された メッセージを使用する Oracle Java を開くとき、このエラーを受け取るかもしれません:

This envelope is damaged and cannot be opened (the Java
console may provide more information). Please contact
the sender for a replacement envelope.

Java の以前のバージョンはこの問題を示すかもしれない添付ファイルが付いている暗号化 された メッセージを開くのに使用するエンベロープ ツールを基づかせていました。 これは Cisco バグ ID CSCuj26423 で識別されました。 エンドユーザは元のメッセージか ESA 管理者から示されて暗号化 プロファイルの Advanced セクションの Javaアプレットを抑制できるように「開いたオンライン」リンクの使用における問題を回避できます。

サービス > Cisco Ironport 電子メール暗号化を > 選択します暗号化 プロファイルを > 進みました『Security』 を選択 して下さい



Document ID: 118801