セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA 暗号化のための追加電子メール ヘッダ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のコンテンツかメッセージ フィルターを通して設定されます追加電子メール ヘッダを記述したものです。

ケビン Luu およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

オフ・ライン開始のためにキャッシュするイネーブル エンベロープ キー

有効に なる エンベロープ キー キャッシュを用いる登録済みのエンベロープを送信 するためにメッセージにこのヘッダを挿入して下さい:

X-PostX-Remember-Envelope-Key-Checkbox: true

このエンベロープのためのパスワードが」登録済みのエンベロープでチェックボックス 表示することを「覚えて下さい。

JavaScript なしのエンベロープを有効に して下さい

登録済みのエンベロープを送信 するために JavaScript なしである、メッセージにこのヘッダを挿入して下さい:

X-PostX-Use-Script: false

受信者が securedoc.html 接続機構を開くとき、登録済みのエンベロープは開いたオンライン リンクと表示する、Open ボタンは無効です。

イネーブル メッセージ有効期限

それを送信 した 24 時間後切れるようにメッセージを設定するために、メッセージにこのヘッダを挿入して下さい:

X-PostX-ExpirationDate: +24:00:00

受信者は 24 時間期間の間にそれを送信 した後暗号化 された メッセージのコンテンツを開き、表示できます。 その後で、登録済みのエンベロープはエンベロープは切れたことを示すメッセージを表示する。

復号化 アプレットをディセーブルにして下さい

復号化 アプレットをディセーブルにし、キー サーバで復号化されるメッセージ添付ファイルを持つためにメッセージにこのヘッダを挿入して下さい:

X-PostX-Suppress-Applet-For-Open: true

: メッセージは復号化 アプレットをディセーブルにするが、ブラウザ 環境に依存していませんとき開くために時間がかかるかもしれません。

追加情報

Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME) ヘッダ説明
X PostX 応答有効に されるメッセージのためのセキュア応答を有効に するためにかどうか示し、メッセージ バーの応答ボタンを表示する。 このヘッダはメッセージに暗号化設定を追加します。応答ボタンを表示するためにかどうかのブール値。 ボタンを表示する本当へのセット。 デフォルト値は偽です。
X PostX 応答すべて有効に されるメッセージのためのセキュア「応答をすべて」有効に するためにかどうか示し、メッセージ棒の応答 All ボタンを表示する。 このヘッダは既定値 の プロファイル設定を無効にします。応答 All ボタンを表示するためにかどうかのブール値。 本当へのセット ボタンを表示するため。 デフォルト値は偽です。
X PostX 前方有効に されるセキュア メッセージ フォワーディングを有効に するためにかどうか示し、メッセージ棒の Forward ボタンを表示する。 このヘッダは既定値 の プロファイル設定を無効にします。Forward ボタンを表示するためにかどうかのブール値。 本当へのセット ボタンを表示するため。 デフォルト値は偽です。
X PostX 送信戻り受信有効に なるためにかどうか読みます受信を示します。 送信側は受信者がセキュア エンベロープを開くとき受信を受け取ります。 このヘッダは既定値 の プロファイル設定を無効にします。読まれた受信を送信 するためにかどうかのブール値。 本当へのセット ボタンを表示するため。 デフォルト値は偽です。
X-PostX-ExpirationDateそれがそれを送信 する前に登録済みのエンベロープの有効期限を定義します。 キー サーバは有効期限以降に登録済みのエンベロープにアクセスを制限します。 登録済みのエンベロープはメッセージは切れたことを示すメッセージを表示する。 このヘッダはメッセージに暗号化設定を追加します。 Cisco によって登録されているエンベロープ サービスを利用する場合、それらを送信 した後 http://res.cisco.com で Webサイトにログイン し、メッセージの有効期限を設定 するか、調節するか、または除去するのにメッセージ 管理機能を使用できます。相対的 な日付か時間が含まれている文字列型の値。 +HH を使用して下さい: MM: 相対的 な日の相対的 な時間の SS 形式、分および秒および +D 形式。 デフォルトで、有効期限がありません。
X-PostX-ReadNotificationDate

それがそれを送信 する前に」日付までに読まれる登録済みのエンベロープを「定義します。 ローカル キー サーバは登録済みのエンベロープがこの日付までに読まれない場合通知を生成します。 このヘッダが付いている登録済みのエンベロープだけは Cisco を登録しましたエンベロープ サービスを、ローカル キー サーバ使用しません。 このヘッダはメッセージに暗号化設定を追加します。

相対的 な日付か時間が含まれている文字列型の値。 +HH を使用して下さい: MM: 相対的 な日の相対的 な時間の SS 形式、分および秒および +D 形式。 デフォルトで、有効期限がありません。
X PostX 非表示アプレットのため開いた復号化 アプレットをディセーブルにするためにかどうか示します。 復号化 アプレットはメッセージ添付ファイルをブラウザ 環境で開きます。 アプレットをディセーブルにする場合、メッセージ添付ファイルをキー サーバで復号化します。 このオプションをディセーブルにする場合、メッセージは開くために時間がかかるかもしれませんがブラウザ 環境に依存していません。 このヘッダは既定値 の プロファイル設定を無効にします。復号化 アプレットをディセーブルにするためにかどうかのブール値。 本当へのセット アプレットをディセーブルにするため。 デフォルト値は偽です。
X PostX 使用スクリプトJavaScript なしのエンベロープを送信 するためにかどうか示します。 JavaScript なしのエンベロープは登録済みのエンベロープです JavaScript が含まれていない受信者のコンピュータでエンベロープをローカルで開くのに使用されている。 受信者は転送 方式によって開いたオンライン方式かメッセージを表示するために開いたの使用する必要があります。 受信者のドメインのゲートウェイが JavaScript を除去し、暗号化 された メッセージを unopenable 作ったらこのヘッダを使用して下さい。 このヘッダはメッセージに暗号化設定を追加します。JavaScript アプレットが含まれるはずであるかどうかブール値の。 JavaScript なしのエンベロープを送信 するために偽に設定 して下さい。 デフォルト値は本当です。
X PostX 覚えエンベロープ キー
チェックボックス
エンベロープ仕様にエンベロープのオフ・ライン開始のためのキー キャッシングを与えるためにかどうか示します。 キャッシュしていてエンベロープ キーが特定のエンベロープのための復号化キーは受信者のコンピュータで受信者が正しいパスワードを入力し、「覚えているこのエンベロープのためのパスワードを」チェックボックスを選択するときキャッシュされます。 その後で、受信者はコンピュータのエンベロープを再開するためにパスワードを再度入力する必要はありません。 このヘッダはメッセージに暗号化設定を追加します。かどうかのブール値はエンベロープを有効に するためにキャッシングをキー入力し、「覚えていますこのエンベロープのためのパスワードを」チェックボックスを表示する。 デフォルト値は偽です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118751