音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続 PreGreetings 記録設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に各ユーザまたはコール ハンドラのメッセージの前に序歓迎メッセージのようなよくあるメッセージを設定する方法を記述されています。

Anirudh Mavilakandy によって貢献される、Cisco TAC エンジニア

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unity Connection (UC)のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は UC バージョン 8.X および それ 以降に基づいていましたり以前のバージョンのためにはたらくかもしれません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設計

標準のグリーティングは各ユーザの個人的な記録またはコール ハンドラ メッセージの前に(たとえば、「Cisco への歓迎…」)遊ぶ必要があります。

次にいくつかの例を示します。

  • コールはジョンのメールボックスに転送されます: Cisco への歓迎。 HELLO は、これジョンです。 ではないです利用可能.......」

  • コールはピーターのメールボックスに転送されます: Cisco への歓迎。 こんにちは、これはピーターです。 残して下さいメッセージを.....」

  • コールはコール ハンドラに転送されます: Cisco への歓迎。 ありがとう呼出すことを.....」

  • コールはディレクトリ ハンドラに転送されます: 「Cisco への歓迎。 綴って下さい最後および名を.....」

この資料は転送されたルーティング ルールの使用でユーザのメールボックスかコール ハンドラに転送されるコールのための PreGreeting 記録を設定するために例を提供したものです。 

: ユーザが署名する前に同じようなメッセージを設定するために、同じステップを完了し、転送されたルーティング ルールの代りに直接ルーティング ルールを使用して下さい。

前GreetingMessage のためのコール ハンドラはまたユーザ 拡張、外部番号、またはディレクトリ ハンドラにコールを転送するためにコール入力を受け入れるために設定することができます。

設定

設定の外観はここにあります:

  1. 新しいコール ハンドラを(たとえば、PreGreetingsMessage)作成し、メッセージを記録して下さい。
  2. 条件無しで新しい転送されたルーティング ルールを(たとえば、PreGreetingsRule)作成して下さい(条件なしで、すべての呼び出しはこのルールを一致する)。
  3. PreGreetingsMessage コール ハンドラにコールを発信するために PreGreetingsRule によって転送されるルーティング ルールを設定して下さい。
  4. 挨拶オプションの後でコール 処理として選択し、ドロップダウン メニューから回復ルーティング ルールからルートを選択するために PreGreetingsMessage コール ハンドラを設定して下さい。
  5. 発信者を PreGreetingsMessage コール ハンドラのために必要であれば入力するために設定して下さい。

新しいコール ハンドラを作成して下さい

  1. 管理者 アカウントの UC 管理にログイン して下さい。
  2. ナビゲート し、PreGreetingsMessage は問い合わせられるコール管理 > システムコール ハンドラに新しいコール ハンドラを作成します。

新しい転送されたルーティング ルールを作成して下さい 

  1. > 転送されたルーティング ルールは呼ルーティングにナビゲート し、PreGreetingsRule と呼ばれる新しいルーティング ルールを作成します。
  2. 区分するべき送信コールではドロップダウン メニューから PreGreetingsMessage を『Call Handler』 を選択 し、選択して下さい。
  3. 状態の付加のない保存。

新しいコール ハンドラを設定して下さい

  1. コール管理 > システムコール ハンドラにナビゲート し、PreGreetingsMessage を選択して下さい。
  2. > メッセージは編集し規格を選択することを行きます。
  3. 発信者の下でセクションを、選択します個人的な記録を聞いて下さい。
  4. Greeting セクションの後のの下で、処理を『Call』 を選択 し、ドロップダウン メニューからの回復ルーティング ルールからルートを選択して下さい。
  5. 記録 secton の下で、メッセージを記録するために『play』 をクリック して下さい/レコード:

発信者を入力するために設定して下さい

コールが音声メールに転送される場合、この機能は発信者に Directoy ハンドラにコールを転送するオプションがよりもむしろ残しますメッセージをあります。 発信者入力はまたオペレータ、開始グリーティング、または発信者 システム転送にコールを転送するために設定 することができます。 この例は転送のためにディレクトリ ハンドラを使用します。

次に例を示します。

  • コールはジョンのメールボックスに転送されます: Cisco への歓迎。 ユーザを捜すために 9 つを押して下さい。 HELLO は、これジョンです。 ではないです利用可能…. 「

  • コールはピーターのメールボックスに転送されます: Cisco への歓迎。 ユーザを捜すために 9 つを押して下さい。 こんにちは、これはピーターです。 残して下さいメッセージを….「

発信者を入力するために設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. コール管理 > システムコール ハンドラにナビゲート し、PreGreetingsMessage を選択して下さい。
  2. > 入力される発信者および Select 鍵 9.は編集することを行きます
  3. 処理の下で、ハンドラを『Directory』 を選択 し、ドロップダウン メニューからディレクトリ ハンドラー名を選択して下さい。

いくつかのその他のオプションはここにあります:

  • コールを定義された拡張に転送するために、連絡先の電話番号を交互にし、処理の下で拡張を定義するために『Transfer』 を選択 して下さい。

  • コールを発信者を拡張に、処理の下でダイヤルし、メッセージ交換を選択し、ドロップダウン メニューの発信者 システム転送ユーザシステム転送を選択するために有効に することによって転送するため。 転送の種類のより多くの詳細は Cisco Unity Connection 資料の設定システム転送で見つけることができます。



確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング 

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118716