セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

FireSIGHT システムのファンで問題を解決して下さい

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco FireSIGHT Management Center および FirePOWER アプライアンスのファンにおいての問題を調査するために従うことができるさまざまな troublesooting ステップに説明します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Nazmul Rajib

症状

FireSIGHT システムはファンにおいての問題を備えている次のいずれかの動作を表わすかもしれません:

  • システムステータスLED はレッドか橙色カラーです。
  • FireSIGHT システムをつけた後、それは過度のノイズを作成します。
  • FireSIGHT Management Center は次の健全性アラートを表示する:
Module Hardware Alarms: FAN1 fan speed is running high.

 または、

Module Hardware Alarms: FAN2 fan speed is running low.

確認手順

システムLED および LCD パネル

  • システム状態はファンが重要なか無批判しきい値を超えるとき暗室灯を示します。
  • シリーズ 3 FirePOWER アプライアンスで、LCD パネルのシステム状態 モードはファン ステータスを表示する。

: 電源ユニット(PSU)のファンにおいての問題があったら、アプライアンスの後部をチェックして下さい。 レッド カラーの電源LED に注意することができます。

水平な音響騒音

FireSIGHT システムのハードウェアモデルによっては、ファンのノイズ レベルは異なっています。 考慮する前にファンは過度のノイズを、判別します使用しているハードウェアモデルの水平な音響騒音を生成しています。 アプライアンスの実際のノイズ レベルを測定するのにデシベル メートルを使用できます。

 アプライアンス型ハードウェアモデル水平な音響騒音
FirePOWER アプライアンス70xx シリーズ53 dBA 場合のアイドル状態。 完全なプロセッサ ロードの 62 dBA。
3D71xx シリーズ完全なプロセッサ ロードの 64 dBA は、正常なファン オペレーション GR-63-CORE 4.6 音響騒音に会います
81xx シリーズ最大正常なオペレーティング ノイズは 87.6 dB LWAd です(高温)典型的で正常なオペレーティング ノイズが 80 dB LWAd である。
82xx および 83xx シリーズ最大正常なオペレーティング ノイズは 81.6 dB LWAd はです(高温。) 典型的で正常なオペレーティング ノイズは 81.4 dB LWAd です。
FireSIGHT 管理センターDC750 (1) Rev.典型的なオフィス周囲温度の IDLE 状態の <7.0 dBA (ラックマウント)
DC750 (2) Rev.典型的なオフィス周囲温度の IDLE 状態の 7.0 dBA
DC1500典型的なオフィス周囲温度の IDLE 状態の <7.0 dBA (ラックマウント)
DC3500< 典型的なオフィス周囲温度の IDLE 状態の 7.0 BA (ラックマウント)

RPM レベル

ファンの 1 つがはたらくことを止める場合シャーシの熱が制御の下にとどまっていることを確かめる 100% RPM の残りのファン実行すべて。 従ってシステムのノイズ レベルは増加するかもしれません。 アプライアンスの水平な音響騒音は非常に高いことを判別したら、システムファンがうまく働いたかどうか確認する次のコマンドを実行して下さい:

FireSIGHT Management Center、

admin@FireSIGHT:~$ sudo ipmitool sdr list | grep -i fan

System Fan 1A | 7500 RPM | ok
System Fan 2A | 7100 RPM | ok
System Fan 3A | 7000 RPM | ok
System Fan 4A | 7200 RPM | ok

: 上記の出力は例です。 RPM レベルは使用しているハードウェアモデルによって異なる可能性があります。 各ファンのステータスが良くとして表示されることに注目して下さい。

FirePOWER アプライアンス、

> show fan-status 

------[ Hardware Fan Status ]-------

CPU1 : Normal
CPU1 : Normal
Mem1 : Normal
Mem2 : Normal
Sys1 : Normal
Sys2 : Normal

FirePOWER アプライアンスの巧妙なシェル、

> expert

admin@FirePOWER:~$ sudo ipmitool sdr list | grep -i fan

Processor 1 Fan | 5544 RPM | ok
Processor 2 Fan | 5544 RPM | ok
Memory Fan 2 | 4620 RPM | ok
Memory Fan 1 | 4620 RPM | ok
System Fan 1 | 5808 RPM | ok
System Fan 2 | 4655 RPM | ok

トラブルシューティング

1. Cisco エンジニア チームがハードウェア報告制度の不具合を識別する場合、パッチは最新 の リリースに開発され、含まれています。 従って、トラブルシューティング の 手順として、ソフトウェア バージョンに FireSIGHT システムのソフトウェア バージョンをアップデートして下さい。

2. それでも問題に直面する場合、アプライアンスのコールド ブートを行って下さい。 コールド ブートは次のステップが含まれています:

  • センサーの正常 な シャットダウンの実行。
  • アプライアンスから電源コードを切り離して下さい。
  • アプライアンスを少なくとも 2 分の電源から切り離されて残して下さい。
  • 普通ように電源を 2 分後に再接続し、アプライアンスを起動して下さい。

アプライアンスが起動した後、古い健全性アラートは 15 分以内にクリアする必要があります。

: コールド ブートを問題を解決する原因解析のために有用である可能性がある歴史的ログを取除きます。

3. 受け取れば新しい健全性はファン ステータスの警告 し、トラブルシューティング ファイルを生成し、分析のための Cisco TAC にこれを送信 します。

関連資料



Document ID: 118776