会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TLS 通信設定例のための TMS ツールが付いている TMS 認証

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

アウトバウンド接続を開始するときこの資料に TMS アプリケーションによって使用される認証を設定するために TelePresence 管理 スイート(TMS)ツールを使用する方法を記述されています。 TMS サーバがドメインの一部である場合、認証作成オプションは TMS ツールで目に見えないかもしれません。

Vivek Kumar Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア

前提条件

要件

Cisco では次の前提を満たす推奨しています。

  • TMS インストール済み、アクセス可能な直通 HTTP および HTTPS
  • Internet Information Services (IIS)サーバを再起動するアクセス
  • ユーザ向けの管理者権限
  • インストールする必要がある Transport Layer Security (TLS)認証へのアクセス

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は TMS Versions14.3.2、14.2.2、および 14.5 に基づいています。

この資料のすべてのスクリーン ショットは TMS バージョン 14.5 インターフェイスからあります。 他のバージョンのための認証はまた同じプロシージャと生成することができます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

TMS サーバおよびあなたからの完全な TLS 通信を TMS に TLS 認証を使用してほしくてもらいたいと思うとき TMS ツールでそれを設定して下さい。

システムの個人用証明書ストアからの認証をここに見るはずです。 この画面は以前に記述されているように使用するために選択することができるサーバの個人的な信頼ストアで現在利用できる認証をリストします。

ここにリストされているべき認証のための管理ガイドで述べられる 2 要件があります:

  • ここにリストされている認証がない場合 Cisco TMS ツールを実行するために認証のプライベートキーにアクセスできる読み取り アクセスを使用するアカウントことを確認して下さい。

  • すべては TMS サービス 認証のプライベートキーにログオンされるアクセスできる読み取り アクセスが説明するようにして下さい。

認証を個人的な信頼ストアでインストールするために、Microsoft Management Console (MMC)を開き、認証のためのスナップインを追加する必要があります:

  1. Microsoft Windows サーバの実行の MMC を開いて下さい。

  2. MMC に認証スナップインを追加して下さい:



  3. コンピューター アカウントの認証を追加するようにして下さい:



  4. 個人的の認証を > 認証インポートし、プライベートキーを『Manage』 をクリック して下さい:



  5. TMS ツールがアクセスされ、読み取り アクセスを提供できるすべてのユーザにアクセスを追加して下さい。

  6. TMS ツールを開き、TLS クライアント 認証にナビゲート して下さい:



  7. IIS を『SAVE』 をクリック し、再起動して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118723